農村工学研究所

施設保全管理

担当分野概要

  • 地域に存在する複数の水利施設を対象とした補修優先順位の決定や効果的な予算配分計画の策定(いわゆる「マクロマネジメント」)を支援するため、施設群を対象とした健全度の将来予測手法の研究を行っています。
  • 施設管理者等による効率的な施設の点検・補修を支援するため、施設の維持管理におけるリスクの低減に向けた検討手法の研究を行っています。
  • 農家や地域住民を対象とした、水路の簡易的な点検・補修技術の研究を行っています。
  • トライボロジー(摩擦する表面と潤滑に関係する科学技術)を活用して、ポンプ設備の回転部(減速機、軸受)から潤滑油やグリースを採取・分析し、その中に含まれる金属摩耗粒子の量や形態などの情報を用いて、機械設備を簡単に機能診断する手法の開発を行っています。
hozen1

機能診断による施設健全度の評価

hozen2

施設健全度の将来予測

 

hozen4

水路補修のマニュアル・ビデオ
((一社)農文協より発行)

hozen5

農家・地域住民による水路の補修

 

機械設備の劣化曲線と各ステージにおける診断方法のイメージ図

機械設備の劣化曲線と
各ステージにおける診断方法のイメージ図

ポンプ軸受から潤滑油を採取

ポンプ軸受から潤滑油を採取

 

 

スタッフ



上席研究員(統括) 國枝 正 Tel.029-838-7576 水利施設の機能診断
簡易点検・補修技術の研究
トライボロジー
主任研究員 水間 啓慈 Tel.029-838-7577 リスク分析手法
機能保全コスト
主任研究員 森 充広 (併任) (施設機能担当)

 

研究課題名



1) 農業用揚排水機の潤滑油を用いた機能診断手法の開発(交付金研究) 平成24~26年度
2) トライボロジーを活用した農業用揚排水機の機能診断技術の開発(官民連携新技術研究開発事業) 平成24~26年度
3) 小規模コンクリート水路の漏水補修テープの開発(共同研究)  平成24~26年度
4) 農業用揚排水機場等の補修履歴データを活用したシナリオ比較分析手法の開発(交付金研究)  平成25~27年度 
5) 発展型システム信頼性理論を用いた農業生産基盤施設群の総合リスク評価システムの構築(科研費) 平成25~27年度 

 

研究成果

研究成果情報検索はこちら

成果情報



1) 農家・地域住民による水路の簡易点検・診断・補修マニュアル 平成20年度農村工学研究所研究成果情報,pp.77-78
2) コンクリート開水路の補修・補強工事に伴うCO2排出量による環境負荷評価 平成23年度農村工学研究所成果情報,pp.15-16
3) 農業用揚排水機場の管理記録に基づくリスク低減に向けた検討手法 平成24年度農村工学研究所成果情報,pp.29-30
4) 潤滑油やグリースの劣化度を簡易に評価する携帯型測定装置 平成25年度農村工学研究所成果情報

 

研究論文

刊行物の検索はこちら



1) 森丈久,森充広,渡嘉敷勝,中矢哲郎(2008):大規模地震による農業用水路の被害実態に基づく耐震性評価に関する考察,農業農村工学会誌,76(1),pp.3-7
2) 森丈久,森充広,渡嘉敷勝,中矢哲郎(2008):農業水利施設の構造機能診断のための調査手法,農業農村工学会誌,76(3),pp.19-22
3) 森丈久,森充広,渡嘉敷勝,中矢哲郎(2009):新潟県中越沖地震における現場打ちコンクリート水路の目地部損傷メカニズム,農業農村工学会論文集,No.264,pp.43-48
4) 森丈久,西野徳康,藤原鉄朗(2009):マルコフ連鎖を用いた農業水利施設群の劣化進行モデル,農業農村工学会論文集,No.264,pp.69-77
5) 森丈久,中矢哲郎,渡嘉敷勝,森充広(2009):農家等による小規模水路の簡易点検・診断・補修マニュアル,農業農村工学会誌,77(12),pp.21-24
6) 森丈久,森充広,渡嘉敷勝,奥野倫太郎(2010):地震によるコンクリート水路の目地部損傷の発生メカニズムに関する研究,コンクリート工学年次論文集,32(2),pp. 1099-1104
7) 森丈久,中矢哲郎,石神暁郎,加藤智丈(2010):接着型テープによる小規模コンクリート水路の簡易漏水補修工法の開発,農業農村工学会論文集,No.270,pp.89-94
8) 國枝正,高木強治,中田達,森丈久(2012):平成23年(2011年)長野県北部地震による農地・農業用施設の被害,農村工学研究所技報,第213号,pp.243-254
9) 國枝正,水間啓慈,森充広,安藤泰久(2014):農業用ポンプ設備の潤滑油による機能診断における留意点,農業農村工学会誌,82(1),pp.19-22

 

研究発表等



1) 森丈久,森充広,渡嘉敷勝,中矢哲郎(2008):平成19年(2007年)新潟県中越沖地震におけるコンクリート開水路の被害,平成20年度農業農村工学会大会講演会講演要旨集,pp.482-483
2) 森丈久,森充広,渡嘉敷勝,中矢哲郎(2008):コンクリート水路目地部模擬供試体の破壊試験,第63回農業農村工学会中国四国支部講演会講演要旨集,pp.64-66
3) Takehisa Mori, Masaru Tokashiki, Mitsuhiro Mori, Tetsuo Nakaya(2009):Development of Repair Methods to Extend the Functional Life of Irrigation Canals,The 7th Annual Conference of the International Society of Paddy and Water Engineering,pp.4.1-4.9
4) 國枝正,森丈久(2011):コンクリート開水路の補修対策に伴うCO2排出量評価,第62回農業農村工学会関東支部大会講演会講演要旨,pp.88-91
5) 國枝正,森充広,水間啓慈(2012):トライボロジーを活用した農業用揚排水機の機能診断,平成24年度農業農村工学会大会講演会講演要旨集,pp.834-835
6) 水間啓慈,國枝正(2012):農業用揚排水機場の管理記録に基づくリスク分析の試行,第63回農業農村工学会関東支部大会講演会講演要旨,pp.76-79
7) 國枝正,水間啓慈,森充広,川畑雅彦(2013):潤滑油によるポンプ設備の機能診断,平成25年度農業農村工学会大会講演会講演要旨集,pp.780-781
8) 水間啓慈,國枝正(2013):ストックマネジメントに係る都道府県の取り組みの現状と課題~担当職員のアンケートに基づく一考察~,第64回農業農村工学会関東支部大会講演会講演要旨,pp.85-88
9) 水間啓慈,長岡範之,田中秀典,中井博昭,草野久美恵(2013):鋼板水路の施設状態評価に係る検討事例,第62回農業農村工学会北海道支部研究発表会講演集 ,pp.44-47
10) 水間啓慈,西村伸一,珠玖隆行(2013):ため池の破堤による下流への被害の連鎖,第68回農業農村工学会中国四国支部講演会講演要旨集,pp.133-135
11) 水間啓慈,國枝正(2013):農業用揚排水機場の補修履歴に基づく機能保全コスト予測手法,平成25年度農業農村工学会大会講演会講演要旨集,pp.776-777

 

著書・総説・解説



1) 森丈久(2008):農業水利施設の機能保全,「機能保全のための性能設計入門」,農業農村工学会,pp.139-151
2) 森丈久(2008):自分でできる水路の簡易補修(上)水路によく見られる不具合とその見極め方,「現代農業」,農山漁村文化協会,87(9), pp.332-336
3) 森丈久(2008):自分でできる水路の簡易補修(中)目地の補修,「現代農業」,農山漁村文化協会,87(10),pp.352-356
4) 森丈久(2008):自分でできる水路の簡易補修(下)ひび割れ・穴の補修,「現代農業」,農山漁村文化協会,87(11),pp.322-325
5) 森丈久(2009):水利施設補修材料の品質確認試験について(第1回),「JAGREE」,農業土木事業協会,pp.36-39
6) 森丈久,加藤公平(2010):農業水利ストック情報データベース,「農業水利施設のマネジメント工学」,養賢堂,pp.169-174
7) 森丈久(2010):施設機能保全の戦略(マクロマネジメント)」,「改訂七版 農業農村工学ハンドブック」,農業農村工学会,pp.699-700
8) 國枝正(2012):補修補強工法選定ガイドライン,「農業水利施設の機能診断のための研究成果の活用の手引き」,農村工学研究所,pp.49-59

 

特許



1) 潤滑剤の劣化度評価装置及び劣化度評価方法(特願2014-16164号)