農村工学研究所

施設工学研究領域

施設工学研究領域長

Susumu MASUKAWA

増川 晋 Susumu MASUKAWA

施設工学研究領域は、中山間地から低地の海岸堤防にいたる広域の農地と農業水利施設のストックマネジメントに関わる技術開発と自然災害に対する防災・減災のための総合技術の開発を担っています。第3期中期計画では、40万kmに及ぶ農業用用排水路や21万カ所のため池、7,000カ所のダム、頭首工や用排水機場の基幹的水利施設について、(1)施設の老朽化に対応する機能診断技術と機能保全・更新技術や長寿命化技術、(2)局所・大規模化の傾向にある災害に対する農地と施設の防災・減災技術の開発を進めています。本領域では、(1)施設機能、(2)土質、(3)構造、(4)施設保全管理、(5)広域防災の5つの担当分野が農業水利施設の安全性の向上と国土保全、農村地域の安全・安心を確立する研究開発に取り組んでいます。

研究領域の構成及び試験研究業務

  • 研究領域長
  • 施設機能担当
    農業土木施設の材料の機能と構造的な性能照査に関する研究
  • 土質担当
    農業土木施設の土質、及び、地盤と構造物の相互作用に関する研究
  • 構造担当
    農業土木施設の構造と基礎地盤の調査・診断、性能照査に関する研究
  • 施設保全管理担当
    農業土木施設の保全管理に関する研究
  • 広域防災担当
    農村地域の農地・斜面の広域防災に関する研究

研究施設

農村減災技術研究センター(施設減災研究棟)