農村工学研究所

資源循環工学研究領域

資源循環工学研究領域長

増本隆夫領域長


増本 隆夫 Takao Masumoto

 

資源循環工学研究領域は、(1) 資源循環システム、(2) エネルギーシステム、(3) 水資源工学、(4) 生態工学の4つの担当分野が,循環型社会形成,地球温暖化対策,田園地域・里地里山の保全を目指し、以下の研究を行っています:(1)農村地域の農業副産物、資源作物,畜産由来バイオマス等をエネルギーや資材として総合的に利用する技術開発、(2)農業水利施設等の水力エネルギー等自然エネルギーの有効利用のための整備・管理計画手法の開発,(3)農地・水資源について,気候変動が及ぼすこれら資源への影響・リスクの評価手法や適応技術の開発,(4) 地域固有の生物生息に必要な水路の水理条件等を解明し,生物多様性を考慮した水路の設計・管理技術の開発。

研究領域の構成及び試験研究業務概要

  • 研究領域長
  • 資源循環システム
    バイオマス利活用技術の開発に関する試験研究
  • エネルギーシステム
    自然エネルギーの活用技術の開発に関する試験研究
  • 水資源工学
    気候変動の水資源への影響評価法と適応技術の開発に関する試験研究
  • 生態工学
    農業水利施設の生物多様性評価・保全技術の開発に関する試験研究