農村工学研究所

産学官連携ポータルサイト

共同研究実施者募集情報「水田永久転換畑における畑作物生産性向上のための地下かんがい技術の確立」(公募期間延長)

共同研究公募課題

1.共同研究の名称

水田永久転換畑における畑作物生産性向上のための地下かんがい技術の確立

2.共同研究の目的

国際的な経済情勢に鑑み、水田農業の競争力強化が重要課題となっている。現在の主たる政策動向は、ほ場の大区画化・経営規模拡大と水稲・麦・大豆等の田畑輪作体系による生産性向上である。しかしながら、水稲と畑作物を輪作する体系では、これらの切り替え時期に透水抑制と排水改良に係るほ場管理作業が必要となるため、畑作物栽培ほ場を固定する大規模農家のケースがある。さらに、収益性向上のため、水田を永久転換して集団的な野菜栽培を目指す水田地域も存在する。昨年の米価の大幅な下落により、今後も畑作物栽培に特化するために水田を永久転換するケースの増加が予想される。

一般に畑地のかんがい方式として、地表かんがい(ウネ間かんがい、散水かんがい)や地中かんがい(多孔管かんがい、点滴かんがい)がある。これらのうち、我が国ではウネ間かんがいが用いられるケースは用水量の増加やかんがいのムラの観点からきわめて少ない。また、散水かんがい、多孔管かんがい、点滴かんがいに共通する欠点は、かんがいに係る機材・資材の設置・撤去に係る労力とコストであり、これらの問題を解消する新たなかんがい技術が求められている。

当研究所では水田の地下かんがい技術であるFOEASを開発し、転作作物の増収や水管理の省力化及び水稲作時の節水といった効果が確認され、全国的に普及している。永久転換畑においても同様に地下に埋設した暗渠管(多孔管)に給水し、管から土壌への不飽和水移動による土壌水分補給を行うことで、作付けごとの配管が不要となり大幅な省力化が期待できる。また、蒸発によるかんがいロスを防ぐことができるため節水効果も期待できる。特に沖縄県などの離島など十分な水源が確保できない地域ではその効果は大きい。

本研究は、水田永久転換畑及び畑地における地下かんがい技術を開発すると共に、それに係る施工技術や資材の開発を行うことで超省力・節水型の地下かんがいシステムを確立することを目的とする。

3.実施期間

平成27年度~平成29年度

4.共同研究の項目及び研究分担

研究項目 実施年度 研究分担
農工研 共同研究者
1.永久転換畑における地下かんがい技術の開発 平成27~29年度
2.システムの適正な設計の検討及び効率的な施工・施工管理技術の開発 平成27~29年度
3.システムの効率化と低コスト化を図る資材の改良 平成27~29年度

◎:主担当者 ○:副担当者

5.共同研究者に対する条件及び募集する参加者数等

○参加条件

1)本研究内容に必要な技術的能力として以下のいずれかの条件を満たすこと。

(1)水田もしくは畑地における地下かんがいシステムの設計や施工に関する知見および実績を有すること。
(2)水田もしくは畑地における地下かんがいシステムの資材に関する知見および実績を有すること。

2)本共同研究に必要な経理的基礎を有すること。

以上1)、2)の条件を満たしていること。

○募集する参加者数

募集する共同研究の相手機関数は、2団体を考えている。

○参加者の選定方法

共同研究申請書の内容を、国立研究開発法人 農研機構農村工学研究所共同研究審査委員会で審査し選定する。

6.担当者

農地基盤工学研究領域 水田高度利用担当 原口 暢朗、若杉 晃介

 【公募期間】

平成27年5月28日~平成27年7月27日