農作業安全コラム

「ゆっくりなら危なくない」?

H30年11月 積 栄

 農作業事故の現地調査を行っていると、「同じような事故が日本中で繰り返し起きている」ということを実感します。そのなかで今回は、農機の回転部に手が巻き込まれる事例を考えてみます。

 巻き込まれる場所は、チェーン、ベルト、駆動シャフト、選別ローラなど様々ですが、よく見るのは、「動かした状態で注油していた」「茎葉が絡んでいたので機械を止めずに取ろうとした」といったパターンです。
 いずれも、普通に考えれば「機械が動いている状態で触れば危険である」ことはわかります。実際に、事故で指をなくされた方々の多くが、「よく考えれば危ないのは当然だよね。でもあのときに限って、つい手を伸ばしてしまった」とお話しされていました。

 ではなぜ、わかっているのに「つい手を伸ばして」しまったのでしょうか。

 例えば、「忙しさ」が挙げられます。限られた時間で次々に仕事をこなしているときほど、その勢いでつい余計な手出しをしてしまう例が多く見られています。「普段だったらそんなことはしないんだけどね」とは、ある被災者の方のお話です。
 もうひとつの理由は、「速度」にあるかもしれません。チェーンもローラも、速度だけ見ればそれほどではなく、直感的に「危ないなあ」とまでは感じにくいかもしれません。ある別の被災者は、「ゆっくり回っているから、いざとなれば手でも止められると思っていた」とお話しされていました。しかし実際には、減速機で速度が下がると、実は「回す力」は反対に大きくなっていて、とても人力で何とかできるレベルではないのです。

 生産者の方から「耕うん機のような小さい機械で人が死ぬことなんてあるのか」と聞かれたこともあります(耕うん機も、巻き込まれ事故が多い機械のひとつです)。しかしよく考えれば、小さい耕うん機でもエンジンは2~3「馬力」はあるわけで、いわば「馬2~3頭分」(実際には差があるようですが)と考えれば、人は農機に力では勝てないことが実感できます。

 自動車であれば、たとえ低速でも、走っているのに近づこうとは思わないでしょう。それは自動車事故のリスクが実感できているからです。農機についても同じように、危険性の大きさを正しく理解し、「正しく怖がる」ことが大切なのです。

 

キーワード:事故/安全装置・対策/点検・整備・清掃
サブキーワード: