対話型農作業安全研修

ポイント農作業者と対話しながらより安全な農作業に向けた目標を作成しましょう

(注意)本コンテンツのご利用にあたっては、下の【使い方】に示したご利用規約をご確認の上、全ての条項に同意していただく必要があります。
 対話型農作業安全研修とは、研修の参加者と研修担当者が意見交換をしながら、研修参加者が自発的に農作業安全目標を作成し、取り組むように促す研修です。他産業では既に行われている研修形態であり、一定の効果が確認されています。
 そこで、作業の現場でも同様の研修を行い、実際の事故事例や改善事例を参考に、研修参加者自らが研修担当者等との対話を通して安全対策のアイデアを出しながら、農作業安全対策目標を策定することで、より実効的な農作業現場の改善につなげ、農作業事故の低減を図ることをねらいとして、研修担当者が研修を行う際に活用できる「対話型農作業安全研修ツール」を掲載します。
 本ツールを活用することで、担当者が農業機械に詳しくない場合でも、事前に一定の知識を得ることができ、研修を進行することが可能です。対話型農作業安全研修を行うことで、研修参加者のさらなる安全作業につながれば幸いです。

※本ツールにおける イ)事前調査票「ヒヤリハットあるあるアンケート」、ウ)事前調査票の各項目に対する具体的な対策一覧表の各項目について、さらなるご知見やアイデア等がありましたら、こちらに記載のメールアドレスまでご意見ください。

作成協力:(一社)全国農業改良普及支援協会、青森県、群馬県、鳥取県

【使い方】

 ご利用前に必ずご利用規約(クリックまたはタップでPDFを表示)をご確認ください。 本コンテンツのご利用により、本利用規約の全ての条項を遵守することに同意したものとみなします。

 本対話型農作業安全研修ツールは、以下の3つから構成されます。
「ア)対話型農作業安全研修ツール活用マニュアル」を参考にすることで、本ツールを活用した対話型農作業安全研修を行うことができます。 このマニュアルには、研修の事前準備事項、研修の進め方、研修後のフォローアップに必要な作業等についての詳細が記載されています。
 それぞれダウンロードしてご活用ください。

 ア)対話型農作業安全研修ツール活用マニュアル(PDF形式)
  (別添:農作業事故における人的要因の対策について)
 イ)事前調査票「ヒヤリハットあるあるアンケート」(xlsx形式)
  機種共通、乗用トラクター、歩行用トラクター、刈払機、田植機、自脱型コンバイン、
  乗用草刈機、乗用防除機、農用運搬機、高所作業車、脚立及びハシゴ
 ウ)事前調査票の各項目に対する具体的な対策一覧表(xlsx形式)

 なお、(一社)全国農業改良普及支援協会では、このツールの試行版を活用して実施された研修事例の報告書、対話に基づく安全目標のひな形として活用できる様式(「私の農作業安全宣言」)を公開しています。以下のリンク先で、それぞれ確認できますので、参考にしてください。
 研修事例報告書:対話型農作業安全研修ツール別ウィンドウ
 安全目標ひな形:平成29年度農作業安全総合対策推進事業(下部の別添6~10)別ウィンドウ