現在位置:果樹研究所トップ の中の育成品種紹介

不知火

樹種名    :カンキツ類
育成機関名  :(独)農業・食品産業技術総合研究機構果樹研究所
品種名    :不知火 Shiranuhi(しらぬひ)

農林認定品種(旧:命名登録品種)
登録番号 :
登録年月日:
品種登録
この品種は、種苗法による品種登録制度が行われる前に育成した品種です。
農林認定品種として登録されております。

交雑年 :1972年
交雑組み合わせ:清見×中野3号ポンカン(きよみ×なかの3ごうポンカン)

品種の説明:
 果実の大きさは230g程度で、デコ(カラー)を有する倒卵形。果皮はやや粗いが、剥皮性は良い。果肉は橙色で柔軟多汁、じょうのう膜はやや薄く、食べやすい。熟期は2月中旬から3月上旬。糖度は14〜16度、クエン酸含量は1.0〜1.2%となり、食味良好である。乾燥が激しい年は減酸が遅れるため、積極的に灌水を行うなど減酸を促進する対策をとる必要がある。結果期にはいると樹勢の低下が問題になることが多く、この解決に向けて現在根部の生育との関連から精力的に研究されている。減酸の進み具合によっては収穫後の貯蔵期間が長期にわたるため、腐敗果発生防止等貯蔵管理技術が重要である。この品種は、農林登録、品種登録はされていない。
育成担当者:
奥代直巳、高原利雄、松本亮司、山本雅史、内原 茂、七條寅之助、石内傳治、生山 厳
    発表論文など:
  1. デコポンをつくりこなす.河瀬憲次編著.農山漁村文化協会.1999.
  2. 重岡 開.1992.新品種の栽培技術「柑橘・不知火(デコポン)」.果実日本47(8):14−15.
  3. カンキツ「不知火」の幼果に発生する果頂部の炭疸病菌による褐変・腐敗
  4. 炭酸ガス施用によるカンキツ「不知火」(「デコポン」)の樹勢強化と品質向上

果実 結実状況

農研機構果樹研究所で育成したカンキツの紹介に戻る


育成品種紹介トップページに戻る