現在位置:果樹研究所トップ の中の育成品種紹介

スイートスプリング

樹種名    :カンキツ類
育成機関名  :(独)農業・食品産業技術総合研究機構果樹研究所
品種名    :スイートスプリング Sweet Spring (系統名:カンキツ興津20号)

農林認定品種(旧:命名登録品種)
登録番号 :タンゼロ農林1号
登録年月日:1981年6月22日
品種登録
登録番号 :第298号
登録年月日:1982年10月21日

交雑年 :1947年
交雑組み合わせ:上田温州×ハッサク(うえだうんしゅう×ハッサク)

品種の説明:
 果実は扁球形で250g内外、果皮は黄橙色で果面は粗い。剥皮はやや困難である。果肉は橙色で、肉質はやや硬いが多汁である。果汁の酸は少なく、糖度が比較的高いので、食味は非常に良い。成熟期は2月で、中生種である。早春の生食向け出荷に適する品種である。減酸は早いが果皮の着色はいくぶん遅い。豊産性であるが、多少隔年結果の傾向がある。樹は耐寒性があり、病気にも強く、栽培は比較的容易である。1997年度の栽培面積は56ha、生産量は618tで、香川県、宮崎県が主産地である。市場を通さず、産地直送販売も多いようである。
育成担当者:
西浦昌男、木原武士、七條寅之助、吉田俊雄、山田彬雄、上野 勇、岩崎藤助、岩政正男
    発表論文など:
  1. 西浦昌男・七條寅之助・上野 勇・山田彬雄・吉田俊雄・木原武士・岩政正男・岩崎藤助.1983.カンキツ新品種‘スイートスプリング’について.果樹試験場報告B10:11−23.

果実 結実状況

農研機構果樹研究所で育成したカンキツの紹介に戻る


育成品種紹介トップページに戻る