北海道農業研究センター所蔵農業機械について

 日本の農業は昭和30年代以前は人力・畜力に依存していましたが、北海道では大規模農業を志向してきたため限界がありました。北海道農業研究センターでは、海外の大型農業機械を導入し、その利用や開発改良を研究し、研究成果を蓄積するとともに現在の大規模農業の基盤を形成してきました。当センターで所蔵する農業機械は北海道に限定される貴重なものばかりで、中には日本だけでなく輸出国でも数台しかないものもあります。これからの農業機械は、北海道農業の歴史とともに農業研究の蓄積・歴史を視覚的に語るもので、博物的、学術的価値が高く、大学、農機具メ−カ、国公立研究機関の関係者からも保存の必要性を要請されています。しかし、予算等の制約から思うようにその整備が進んでいないのが現状です。そこで、インターネット上に北海道農業研究センター農業機械博物館を開設し、公開することといたしました。まだ所蔵する機械すべてを網羅するには至っておりませんが、順次整備を進めていきたいと考えております。

博物館に入る

 

 

動画(WMV1.4MB)

1925年頃のトラクタ(2002年一般公開)   

このページについてのお問い合わせは こちら までお願いします。