教官プロフィール


■ 岡 紀邦

所属:
  北海道農業研究センター 生産環境研究領域 上席研究員

主な職歴:
  平成 2年  農林水産省 野菜・茶業試験場 研究員
  平成 7年  科学技術庁長期在外研究員 アメリカ ジョージア大学
  平成10年 農林水産省 農業研究センター 主任研究官
  平成13年 農研機構 中央農業総合研究センター 主任研究員
  平成18年 農研機構 北海道農業研究センター 主任研究員
  平成24年 農研機構 北海道農業研究センター 研究調整役
  平成25年 農研機構 北海道農業研究センター 上席研究員

専門分野:
  土壌学 土壌微生物学

所属学会:
  日本土壌肥料学会 日本土壌微生物学会 日本微生物生態学会 根研究学会

主な業績:
(1)K. Okazaki, T. Shinano, N. Oka and M. Takebe (2012) Metabolite profiling of Komatsuna (Brassica rapa L.) field-grown under different soil organic amendment and fertilization regimes. Soil Science and Plant Nutrition 58: 696-706

(2) 岡崎圭毅、岡 紀邦、澤田寛子、藤山正史、渡邉大治、信濃卓郎、藤原伸介 (2012):長崎県水稲葉枯症−発症に伴う体内代謝変化のメタボロミクスによる解析−.日本土壌肥料学雑誌 83: 256-265

(3)Z. Sha, N. Oka, T. Watanabe, B Tampubolon, K. Okazaki, M. Osaki and T Shinano (2012) Ionome of soybean seed affected by previous cropping with mycrorrhizal plant and manure application. Journal of Agricultural and Food Chemistry 60: 9543-9552

(4)C. Suzuki, M. Takenaka, N. Oka, K. Nagaoka and T Karasawa (2012) A DGGE analysis shows that crop rotation systems influence the bacterial and fungal communities in soils. Soil Science and Plant Nutrition 58: 288-296

(5) N. Oka, T. Karasawa, K. Okazaki and M. Takebe (2010) Maintenance of soybean yield with reduced phosphorus application by previous cropping with mycorrhizal plants. Soil Science and Plant Nutrition 56: 824-830

(6)K. Okazaki, T. Shinano, N. Oka and M. Takebe (2010) Metabolite profiling of Raphanus sativus L. to evaluate the effects of manure amendment. Soil Science and Plant Nutrition 56: 591-600

(7)嶋谷智佳子、橋本知義、岡 紀邦、竹中 眞 (2010) 微生物資材の圃場試験による効果判定の試み.日本土壌肥料学雑誌 81: 148-152

(8)建部雅子、岡崎圭毅、岡 紀邦、唐澤敏彦 (2010) 堆肥施用畑におけるダイコン,スイートコーンの窒素吸収とその品質への影響.日本土壌肥料学雑誌 81: 23-30

(9)K. Okazaki, N. Oka, T. Shinano, M Osaki and M. Takebe (2009) Metabolite profiling of spinach (Spinacia oleracea L.) leaves by altering the ratio of NH4+/NO3- in the culture solution. Soil Science and Plant Nutrition 55: 496-504

(10)N. Oka, T. Ohki, Y. Honda, K. Nagaoka and M. Takenaka (2008): Inhibition of Pepper mild mottle virus with Commercial Cellulases. J. Phytopathology 156: 65- 67

(11) K. Okazaki, N. Oka, T. Shinano, M Osaki and M. Takebe (2008) Differences in the metabolite profiles of spinach (Spinacia oleracea L.) leaf in different concentrations of nitrate in the culture solution. Plant and cell physiology 49: 170-177