ファーム・インを含む体験観光農園ネットワークの分析法


[要約]
ファーム・インを含む体験観光農園が互いに顧客を紹介し合ってネットワーク形成に至る過程をシミュレートし、「密度」および「集中度」という指標からネットワークを分析することのできるモデルを、ランドスケープ理論を援用して構築した。
[キーワード]
  体験観光農園、顧客紹介、ネットワーク、ランドスケープ理論
[担当]北農研・総合研究部・農村システム研究室
[連絡先]電話011-857-9309、電子メールmorisima@affrc.go.jp
[区分]北海道農業・総合研究、共通基盤・経営
[分類]科学・参考

[背景・ねらい]
近年、都市住民の側から様々な形でグリーン・ツーリズムへのニーズが高まっている。それに対して、ファーム・インや体験観光農園などがネットワークを組んで互いに顧客を紹介し合うことで、この多様なニーズに応えようとする動きが各地で見られる。しかし、全てが成功しているわけではなく、その問題点の分析手法は未だ確立されていない。そこで、体験観光農園のネットワークの形成過程を分析するためのモデルを新たに構築する。
[成果の内容・特徴]
 
1. 複数の主体が一定のルールに基づき互いに連携先を選びながら、最終的に安定的な状態へと至る過程をシミュレートできるランドスケープ理論の考え方を、ネットワーク分析と新たに組み合わせて、ルールの異なる2種類の顧客紹介を同時に説明できるモデルを構築した(図1)。このモデルを利用することにより、「密度」および「集中度」という指標から、ファーム・インを含む体験観光農園のネットワークの形成過程を動態的に分析することが可能となる。
2. S町では観光農業の振興を図る研究会が組織されており、先駆者としてその立ち上げに係わったファーム・イン(F1)は、全ての会員農園に無料で顧客紹介を行っている(図1)。このルールを追加してシミュレーションを行った結果、ネットワーク密度は4巡目の最終状態にかけて、ファーム・インがその行動を取らなかった場合と比べて1.5倍にまで上昇する(図2)。このことから、初期段階でリーダーシップをとるファーム・インの存在がネットワーク密度の向上に大きく貢献していることが分かる。
3. 全ての会員農園に対するファーム・イン(F1)の顧客紹介は、ネットワーク全体の「集中度」を上げるが、これはファーム・イン(F1)への依存度が高まっていることでもある(図3図4)。そこで次の段階では、特定のメンバーに依存することのない各体験観光農園の自立的な活性化のために、無料での顧客紹介を行うリーダーを新たに養成し、ネットワークを分散型に移行させることが課題となる。
[成果の活用面・留意点]
 
1. 既存のネットワーク分析手法と組み合わせることにより、関係パターンの類似性やネットワーク内の派閥関係などの分析が行える。
2. このモデルは、各地域に特有のルールを追加することで、北海道に限らず、体験観光農園等のネットワークの分析に適用でき、問題点や改善方向の検討に用いることができる。
[具体的データ]
 
[その他]
研究課題名: 大都市遠隔地農村におけるファーム・インを核とした活性化メカニズムの解明と効果の評価
予算区分: 農村経済活性化
研究期間: 1999〜2002年度
研究担当者: 森嶋輝也・天野哲郎・若林勝史


目次へ戻る