増体系で脂肪交雑に優れた黒毛和種種雄牛「北乃桜号」


[要約]
「北乃桜号」は藤良系の「糸光」を父に、藤良系の「第7糸桜」を母方祖父とする哺育能力の高い血統で、脂肪交雑が特に優れ、繁殖雌牛の改良に適した種雄牛である。
[キーワード]
  黒毛和種種雄牛、北乃桜、脂肪交雑、哺育能力
[担当]道畜試・家畜生産部・育種科、畜産工学部・受精卵移植科
[連絡先]電話01566-4-5321、電子メールsakaits@agri.pref.hokkaido.jp
[区分]北海道農業・畜産草地
[分類]技術・普及

[背景・ねらい]
北海道における黒毛和種の飼養頭数は着実に増加を続けており、わが国の黒毛和種生産基地となることが期待されている。しかし、本道の黒毛和種の産肉能力は府県と比較してやや低い水準にあるとされていることから、改良推進のための道産優良種雄牛の作出が急務となっている。本事業では、一般的な種雄牛検定法に受精卵移植技術を利用した全兄弟検定を組み込んだシステムを用い、哺育能力が高い血統で脂肪交雑に優れた「北乃桜号」を作出した。
[成果の内容・特徴]
 
1. 受精卵移植技術を利用した全兄弟検定により予備選抜した候補牛の間接検定を行い優良種雄牛「北乃桜号」を作出した。
2. 血統: 「北乃桜号」は父系系統表記では藤良系の「糸光」を父に、藤良系の「第7糸桜」を母方祖父とする交配から作出された(図1)。
3. 発育性: 「北乃桜号」の日増体量は直接検定で1.19kg/day、間接検定で0.95kg/dayで全国平均と同程度の水準であり、全国平均と同程度の水準である(表1)。
4. 産肉性: 「北乃桜号」の枝肉重量は間接検定で355kgと全国平均と同程度である。皮下脂肪厚は間接検定で2.4cmとやや厚い傾向を示す。脂肪交雑は間接検定で3.1と全国平均を大きく上回り(図2表2)、哺育能力の高い気高系、藤良系の種雄牛では全国で上位の成績であり脂肪交雑の改良への貢献が期待される。
5. 哺育能力: 「北乃桜号」は父・母方祖父ともに哺育能力の高い藤良系である。
6. 遺伝病: 「北乃桜号」は「バンド3欠損症」、「第13因子欠損症」、「クローディン16欠損症」、「モリブデン補酵素欠損症」、「チェディアックヒガシ症候群」の遺伝子を保有していない。
[成果の活用面・留意点]
 
1. 哺育能力が低い田尻系・茂金系の繁殖雌牛への交配に適している。
2. 増体系の系統のほとんどに交配が可能であるが、気高系の雌牛への交配に適している。
3. 近交係数の急激な上昇を避けるため、藤良系のうち糸光、第7糸桜、北賢桜の娘牛への交配は望ましくない。
4. 皮下脂肪厚を厚くする雌牛への交配には注意を要する。
[具体的データ]
 
[その他]
研究課題名: 北海道優良基幹種雄牛育成事業
予算区分: 国補事業
研究期間: 1996〜2002年度
研究担当者: 酒井稔史、藤川朗、荘司勇、山本裕介、南橋昭、川崎勉


目次へ戻る