だいこんの作期別および用途別の品種特性


[要約]
だいこん栽培の各作期で求められる重要な特性に優れた品種・系統を選定し、特性を評価した。また、特定用途向け(漬物用、煮物用、薬味用)だいこんの特性を評価した。近い作期の間であれば、かたさの予測が可能であった。
[キーワード]
  だいこん、品種、特性、作期、かたさ
[担当]十勝農試・作物研究部・てん菜畑作園芸科
[連絡先]電話0155-62-2431、電子メールtorikosi@agri.pref.hokkaido.jp
[区分]北海道農業・作物
[分類]技術・参考

[背景・ねらい]
道内産地ではだいこんの新品種の導入が多く、地域に適した品種を選択することが重要である。品種選択における情報の効率的な提供を目指して、民間育成品種について、作型、地域適応性をふまえ、産地における品種選択の資料を提供する。
[成果の内容・特徴]
 
1. 各作期で求められる重要な特性に優れた品種・系統を選定し、特性を評価した(表1)。
作期I(5月まき):抽台では「美春」、「YR春育」、「優等生」が、肥大性では「美春」、「YR311」が良好である。
作期II(6月上・中旬まき):抽台では「若里」、「喜太一」、「晩抽喜太一」が、軟腐病では「春貴023」が良好である。
作期III(6月下旬まき):軟腐病では「夏仙人」、「スーパー夏信」が、規格内率では「秋明」、「MK-R840」が良好である。
作期IV(8月上・中旬まき):規格内率では「新人総太り」が良好である。
2. 漬物用の「新八州」は細長い形状である。煮物用の「おでん」は太く、煮熟時のかたさはやわらかい。薬味用の「辛丸」は辛味の指標値であるITC含量が極めて高い(表2)。
3. 近い作期(作期Iと作期II、作期IIIと作期IV)の間において、かたさ(生、煮熟時、表皮)はそれぞれに有意な正の相関がみられることから、作期が近ければかたさの予測が可能である(表3)。
[成果の活用面・留意点]
 
産地におけるだいこん品種選択時の資料とする。
[具体的データ]
 
[その他]
研究課題名: 野菜の品種特性調査
予算区分: 受託
研究期間: 2001〜2002年度
研究担当者: 鳥越昌隆・西田忠志・高宮泰宏


目次へ戻る