バガスおよびその廃材チップとの混合物の牛舎敷料、堆肥化副資材への利用


[要約]
バガスおよびその廃材チップとの混合物を敷料として利用しても、牛の行動や飼料摂取量には影響しない。牛ふんの堆肥化副資材として利用した場合、オガクズや廃材チップを用いた場合より堆肥化過程での発酵温度が高く現物減少率が高い。
[キーワード]
  バガス、廃材チップ、敷料、堆肥化副資材、牛
[担当]道畜試・環境草地部・畜産環境科、同・家畜生産部・肉牛飼養科
[連絡先]電話01566-4-5321、電子メールminatokk@agri.pref.hokkaido.jp
[区分]北海道農業・畜産草地
[分類]技術・参考

[背景・ねらい]
サトウキビから糖分を絞り採ったあとの残滓であるバガスは、世界中で年間約2億8千万t発生しており、その利用拡大が求められている。一方、畜産側では家畜の敷料や堆肥化副資材が不足し、代替資材に対するニーズが高い。そこで、バガス(ベトナム産)およびバガスと建築廃材チップの混合物について、牛舎敷料および堆肥化副資材としての利用性を検討する。
[成果の内容・特徴]
 
1. バガスおよびバガスと廃材チップの等容量混合物(以下,混合物)は、廃材チップやオガクズに比べ含水率、容積重およびC/N比が低い。また、易分解性の有機物であるヘミセルロース含量が高く、難分解性の有機物であるリグニン含量が低く、堆肥化副資材により適した性質を持つ(表1)。
2. 乾物重量当たりの容水量はバガスが最も高く、混合物、廃材チップの順に低下する(図1)。
3. バガスや混合物を敷料に利用しても、牛の行動や飼料摂取量に影響はない。
4. バガスを単独で敷料に利用すると、交換時に多量の粉塵が発生するが、廃材チップを混合利用することで粉塵の発生が軽減できる。
5. バガスや混合物を牛ふんの堆肥化副資材として利用すると、オガクズや廃材チップを用いた場合より発酵温度(図2表2)が高く現物減少率(表3)が高い。
[成果の活用面・留意点]
 
1. 廃材チップは「建設工事に関わる資材の再資源化に関する法律(建設リサイクル法)」に基づき、適切に分別解体され防腐処理材が除去されたものを利用する。
[具体的データ]
 
[その他]
研究課題名: バガスの敷料利用および堆肥化試験
予算区分: 受 託
研究期間: 2001年度
研究担当者: 湊 啓子、杉本 昌仁、谷川珠子


目次へ戻る