黒ボク土のチモシー集約放牧草地における窒素、リン酸およびカリの減肥


[要約]
黒ボク土における集約放牧条件のチモシー・シロクローバ混播草地では、0〜5cm土壌中の有効態リン酸20mgP2O5/100g以上、交換性カリ10kgK2O/10aを前提に、窒素、リン酸およびカリの施肥量を乾物生産性、飼料品質および草種構成に悪影響を与えることなく年間いずれも4kg/10aまで減肥できる。
[キーワード]
  チモシー、集約放牧、黒ボク土、施肥量
[担当]根釧農試・研究部・草地環境科
[連絡先]電話01537-2-2004、電子メールsakaiosm@agri.pref.hokkaido.jp
[区分]北海道農業・生産環境、畜産草地・永年草地・放牧
[分類]技術・参考

[背景・ねらい]
北海道の推奨する標準的な施肥量(窒素8kgN/10a、リン酸8kgP2O5/10a、カリ12kgK2O/10a)で放牧を行うと土壌中に肥料養分が蓄積し、牧草体養分含有率の経年的な上昇が起きる。このように放牧草地の施肥量は現行よりも低減できる可能性があるため、チモシーを基幹とする集約放牧草地を対象に窒素、リン酸およびカリの減肥の可能性を検討した。
[成果の内容・特徴]
 
1. チモシー・シロクローバ混播草地における集約放牧条件では、早春放牧開始前のカリ施肥量と早春0〜5cm土壌中の交換性カリの合計量を10kgK2O/10aとすることにより、シロクローバの生草重量割合を混播草地の下限である15%以上に維持できる(図1)。
2. 年間カリ施肥量を4kgK2O/10aとすることにより、放牧による土壌へのカリの蓄積を緩和できる(図2)。また、この施肥量によって、放牧草のカリ含有率は低減され、ミネラルバランスが改善される。
3. 集約放牧条件のチモシー・シロクローバ混播草地では、窒素施肥量を8kgN/10aから4kgN/10aに低減しても、放牧草の粗蛋白含有率に明瞭な変化は認められない(図3)。
4. 黒ボク土に立地した集約放牧条件のチモシー・シロクローバ混播草地(作土のリン酸吸収係数1800、0〜5cm土壌中の有効態リン酸20mgP2O5/100g以上)では、リン酸施肥量を8kgP2O5/10aから4kgP2O5/10aに低減することにより、土壌中の有効態リン酸含量の増大を緩和できる(図2)。また、放牧草のリン含有率はリン酸施肥量の低減によって低下しない(図3)。
5. 以上の結果、黒ボク土のチモシーを基幹とする集約放牧草地(ホルスタイン搾乳牛の年間入牧頭数370〜430頭・日/ha)では、早春0〜5cm土壌中の有効態リン酸含量20mgP2O5/100g以上、交換性カリ10kgK2O/10aを前提に、年間の施肥量を窒素4kgN/10a、リン酸4kgP2O5/10aおよびカリ4kgK2O/10aまで減肥しても牧草生産性、飼料品質および草種構成を良好に維持できる(図4)。
[成果の活用面・留意点]
 
1. チモシーの集約放牧とは、放牧時の利用草丈約30cm、喫食草高10cm程度の短期輪換放牧を指す。
2. 2〜3年に一度の土壌診断および牧草の栄養診断の実施を前提とする。
[具体的データ]
 
[その他]
研究課題名: 草地酪農における飼料自給率70%の放牧技術の開発
4)チモシー基幹放牧草地の施肥法
予算区分: 国費補助
研究期間: 1998〜2002年度
研究担当者: 酒井治、寳示戸雅之、三木直倫、三枝俊哉
発表論文等: 酒井ら(2001)北海道草地研究会報36:46


目次へ戻る