めん用秋まき小麦「きたほなみ」の高品質安定栽培法


[要約]

[キーワード]

[担当]道立中央農試・生産環境部・栽培環境科、作物研究部・畑作科、道立上川農試・研究部・畑作園芸科、道立十勝農試・生産研究部・栽培環境科、道立北見農試・作物研究部・麦類科
[代表連絡先]電話0123-89-2581
[区分]北海道農業・生産環境
[分類]技術・普及


[背景・ねらい]

[成果の内容・特徴]

  1. 「きたほなみ」は「ホクシン」に比べて、越冬前の生育量がやや小さいが、越冬性に大きな問題がない(表1)。そのため、越冬前主茎葉数の目標値は0.5葉少なく設定される。穂数および一穂粒数が多く収穫指数(HI)が高いことから、子実重は約20%多収であるが、子実タンパク質は0.8〜1.0ポイント程度低く、品質評価基準の下限値を下回る事例が多いので、タンパク質の向上が求められる。タンパク質は止葉期追肥で最も上昇効果が高い(図1)。
  2. 道央・道北地域における播種適期は越冬前の主茎葉数が5.5〜6.5葉となる期間で、積算気温では520〜640℃を確保する期間(9月中旬前後)である(図2)。播種適量は170粒/uで、目標葉数は700本/uであるが、気象条件が厳しく穂数が十分確保できない地帯では255粒/uまで増やすことで収量は安定する(表2)。また、やむを得ず早播する場合には、倒伏を軽減するために播種量を100粒/u程度まで減らす。標準的な窒素施肥体系は、基肥-起生期-止葉期に各4-6-4kg/10a(「ホクシン」では4-6kg/10a)を施用する。ただし、収量水準が高く、あるいは養分吸収が阻害される圃場で、低タンパク質が懸念される場合は、さらに幼穂形成期に追肥(上限4kgN/10a)もしくは開花後に尿素2%溶液の葉面散布(3回程度)を行う。
  3. 道東地域における播種適期は越冬前の主茎葉数が5葉前後となる積算気温470℃を確保する日を中心とした5日間程度である(9月中旬〜下旬)。播種適量は200粒/uで、目標穂数は700本/uであるが、やむを得ず播種が遅れる場合は255粒/uを上限として増やす。窒素施肥体系は、基肥-起生期-止葉期に4-A-4kg/10a(「ホクシン」では4-Akg/10a)を施用する。A値は表3に示す窒素追肥量で、追肥量が多い場合や倒伏しやすい圃場では幼穂形成期に分施する。ただし、収量水準が高いあるいは養分吸収が阻害される圃場で、低タンパク質が懸念される場合は、さらに開花後の尿素2%溶液の葉面散布(3回程度)を行う。

[成果の活用面・留意点]

  1. 本成果は、品質取引基準値(新ランク区分)の導入に対応した「きたほなみ」の基本的な栽培技術として利用する。
  2. 播種適期は、11月15日までに達する日平均気温(3℃以上)の積算値より算出した。
  3. 低タンパク質が懸念される場合の目安は、「ホクシン」の子実タンパク質が9.7%未満となりやすい圃場である。

平成19年度北海道農業試験会議(成績会議)における課題名および区分
「めん用秋まき小麦「きたほなみ」の高品質安定栽培法」(普及推進)

[具体的データ]

[その他]

 



目次へ戻る