キッズページへ

北陸研究センターの紹介
(ほくりくけんきゅうセンターのしょうかい)



北陸研究センターへようこそ!!
これから、北陸研究センターではどのような仕事(しごと)をしているのかご紹介します。


(そら)から()た北陸研究センター  1944(ねん)研究所(けんきゅうしょ)ができました。
 土地(とち)面積(めんせき)は、230,000平方(へいほう)メートル(u)あります。


1950年の北陸農業試験場(ほくりくのうぎょうしけんじょう)



2006年の北陸研究センター(もと北陸農業試験場)


北陸研究センターは、新潟県(にいがたけん)富山県(とやまけん)石川県(いしかわけん)福井県(ふくいけん)など北陸地域(ほくりくちいき)農業(のうぎょう)(さか)んにし、食生活(しょくせいかつ)(ゆた)かになるように、研究員(けんきゅういん)やそれをささえる人たちが協力(きょうりょく)して、毎日(まいにち)農業(のうぎょう)研究(けんきゅう)をしています。


■ 主な研究内容の紹介(おもなけんきゅうないようのしょうかい)
 1.イネの(あたら)しい品種(ひんしゅ)をつくる研究
 2.バイオテクノロジーを活用(かつよう)する研究
 3.新しい栽培方法(さいばいほうほう)農業機械(のうぎょうきかい)の研究
 4.水田(すいでん)特性(とくせい)をいかす研究



 [ キッズページ ]