キッズページへ

みなさんからの質問(しつもん) 


 (こめ)・イネについての疑問(ぎもん)にお(こた)えします。

 (こめ)種類(しゅるい)はどのくらいありますか。
 全国(ぜんこく)栽培(さいばい)されている品種(ひんしゅ)は、だいたい80(しゅ)くらいです。そのほかにも、ほそぼそと(つく)られているものも()わせたら300種類(しゅるい)くらいが(そだ)てられていると(おも)われます。世界中(せかいじゅう)では40,000くらいでしょうか。つくば市にあるジーンバンクというところでも世界中の作物(さくもつ)(たね)(あつ)めて保存(ほぞん)されています。なお、北陸研究(ほくりくけんきゅう)センターでは、数千種類(すうせんしゅるい)系統(けいとう)使(つか)って品種改良(ひんしゅかいりょう)研究(けんきゅう)(おこな)っています。

 品種改良(ひんしゅかいりょう)はどうやるのですか。
 たとえば、つぎのような2つの品種(ひんしゅ)があるとします。
  [品種]:たくさん米がとれますが、おいしくない  [品種]:おいしいけど、少ししか米がとれない
 この2つの品種のよいところだけを()()わせた「たくさんとれておいしい」品種をつくりたいときは交配(こうはい)をします。
 まず、[品種A]のめしべに[品種B]の花粉(かふん)をかけて両方(りょうほう)の子どもの(たね)をとります。
 さらに、その種をたくさんふやして()えることを何年(なんねん)()(かえ)すと、両親(りょうしん)性質(せいしつ)をさまざまに()()いだたくさんの(いね)ができます(系統(けいとう)と呼びます)。 そこで、この系統について、たくさんとれるかどうかのテスト(生産力検定試験(せいさんりょくけんていしけん))を行い、たくさんとれるものを(えら)び出します。
 つぎに、米を()いておいしいものを選びます。 また、さまざまな病気(びょうき)などに(たい)する(つよ)さも調(しら)べます(特性検定(とくせいけんてい)といいます)。
 そうして、すぐれた性質(せいしつ)をもったものが(えら)び出され、名前(なまえ)がつきます(地方系統名(ちほうけいとうめい)といいます)。北陸研究センターの地方系統名は、北陸(ほくりく)○○○号(○○○には番号(ばんごう)が入ります。)とつけています。ここまでで、6〜7(ねん)かかります。
 そのあと、数年(すうねん)かけて各県(かくけん)農業試験場(のうぎょうしけんじょう)食品会社(しょくひんがいしゃ)などに評価(ひょうか)してもらい、優秀(ゆうしゅう)系統(けいとう)新品種(しんひんしゅ)候補(こうほ)にします。 そして、名前を決めたり、農林水産省(のうりんすいさんしょう)に品種としての審査(しんさ)をしてもらったりしてようやくひとつの(あたら)しい品種が()まれます。ですから、ひとつの新しい品種ができるまでには10年以上(いじょう)もかかります。

 イネの交配(こうはい)はどうやるのですか。
 イネは、自分(じぶん)花粉(かふん)(おな)(はな)のめしべにつけて()がなる植物(しょくぶつ)で、花が(ひら)いている時間(じかん)はすごく(みじ)くて午前中(ごぜんちゅう)の2時間くらいですから、ほかの稲と交配させるのはとても大変(たいへん)です。
 交配(こうはい)のやり方は、稲の花が開く(まえ)に43℃のお()に7分間(ふんかん)つけると花粉(かふん)だけが()んでしまいます。そこに(べつ)品種(ひんしゅ)の花が開いたばかりの()をとってきて、めしべに別の品種の花粉(かふん)()りかけて受粉(じゅふん)させます。そのあと、(ほか)の花粉が(はい)らないように、(ちい)さい紙袋(かみぶくろ)()にかぶせておきます。

 なぜいろいろな品種(ひんしゅ)をつくるのですか。
 もっとおいしい、病気(びょうき)(つよ)い、いっぱい()がつく(米がとれる)など(いま)品種(ひんしゅ)よりもっとすごい性質(せいしつ)()ったお米ができるかも()れません。また、健康(けんこう)役立(やくだ)つとか、 お酒造(さけづく)りにあうとか、(さむ)いところでも(そだ)つとか、それから、(ひと)それぞれ(あじ)(この)みも(ちが)います。ですから、いろいろな目的(もくてき)()うような特徴(とくちょう)のあるお米を(つく)っています。

 もち(ごめ)とうるち(まい)(ちが)いはなんですか。
 ()()でいうと、もち米は(しろ)(いろ)をしています。デンプンの(なか)のアミロースという成分(せいぶん)割合(わりあい)(すく)ないとねばりがでて、その割合が、もちは0か0に(ちか)いのでオモチになります。コシヒカリ(うるち米)のアミロースの(りょう)は16%くらいです。

 どうして()んぼにそのまま(たね)をまかずに、(なえ)にして()えるのですか。
 (たね)直接(ちょくせつ)まくより、(なえ)(そだ)ててから()えた(ほう)が、確実(かくじつ)(そだ)つからです。
 ふつう、種をまいても()きのこって育つのは60〜70%くらいですが、(なえ)だと99%以上育ちます。苗の方が(さむ)さや酸素不足(さんそぶそく)、そして病気(びょうき)(むし)(つよ)いからです。
 また、(つち)(なか)には雑草(ざっそう)(たね)もたくさんあり、しろかきをしたあといっせいに(そだ)ちはじめます。種からまくと、育つスタートラインがイネも雑草(ざっそう)(おな)じですが、(なえ)だとイネのスタートが(さき)になるので競争(きょうそう)有利(ゆうり)です。
 直播(じかまき、ちょくは)といって(たね)をまいて栽培(さいばい)する方法(ほうほう)研究(けんきゅう)しています。

 イネはどうして(みず)をやりすぎても()れないのですか。
 (おお)くの作物(さくもつ)、たとえばトマトやキュウリなどの野菜(やさい)を、イネと(おな)じように()っこが(みず)につかった状態(じょうたい)栽培(さいばい)するとすぐに()れてしまいます。これは、根っこが酸素不足(さんそぶそく)になって()んでしまうからです。植物(しょくぶつ)()呼吸(こきゅう)しているのです。
 イネの祖先(そせん)はもともと沼地(ぬまち)など湿(しめ)った(みず)(おお)いところを(この)むものが多く、()から酸素(さんそ)()(おく)るなどの能力(のうりょく)()っています。だから、根が(みず)につかっていても平気(へいき)なのです。作物(さくもつ)ではめずらしいほうですが、レンコン(はす)などもそうですね。もちろん、()っぱまで全体(ぜんたい)(なが)時間水(じかんみず)につかってしまうとイネだって()れてしまいます。

 イネの害虫(がいちゅう)種類(しゅるい)はどのくらいですか。害虫を(ふせ)ぐにはどうすればよいですか。
 イネの害虫(がいちゅう)種類(しゅるい)(おお)くて、(たと)えば、イネミズゾウムシ、イネドロオイムシ、メイチュウ、イナゴ、ツマグロヨコバイ、ウンカ、カメムシなど120種以上(しゅいじょう)いるといわれています。
 田植(たう)えのすぐあとに水田(すいでん)にあらわれるイネミズゾウムシの成虫(せいちゅう)や、イネの()()るころに被害(ひがい)をあたえる斑点米(はんてんまい)カメムシなど、どんな種類の害虫が、いつ、どの程度出(ていどで)るかを予測(よそく)して、(ひろ)がらないように注意(ちゅうい)してそれにあった農薬(のうやく)使(つか)い害虫を(ふせ)ぎます。使われる農薬は、(むし)神経(しんけい)をまひさせたり、中毒(ちゅうどく)をおこさせたりします。
 大切(たいせつ)なことは、害虫(がいちゅう)種類(しゅるい)によって使(つか)える農薬(のうやく)の種類が()まっているので、(くすり)(りょう)やまく時期(じき)などの約束(やくそく)(かなら)(まも)って使(つか)うことです。

 イネの病気(びょうき)種類(しゅるい)はどのくらいありますか。どんな病気がありますか。
 イネの病気(びょうき)は、いもち(びょう)紋枯(もんが)れ病、白葉枯(しらはが)れ病、ごま葉枯(はが)れ病など現在約(げんざいやく)70種類(しゅるい)があります。
 病気(びょうき)になる原因(げんいん)は、カビ(糸状菌(いとじょうきん))、バクテリア(細菌(さいきん))、ウイルスなどの微生物(びせいぶつ)です。これらの微生物は、(たね)(なか)(ひそ)んでいたり(つち)の中にいたり、(むし)(はこ)んできたりしてイネに感染(かんせん)して病気(びょうき)にさせます。なかでも一番怖(いちばんこわ)いのはカビが原因(げんいん)でおこる「いもち(びょう)」です。いもち病は、()()がおかされるので、大発生(だいはっせい)すると(こめ)がまったく()れなくなってしまいます。

 イネが病気(びょうき)になったらどうしたらよいですか。
 人間(にんげん)病気(びょうき)になると(くすり)()むように、イネも病気になると薬が必要(ひつよう)です。
 イネに使(つか)う薬(農薬(のうやく))は、病気(びょうき)種類(しゅるい)によって、病気を(ふせ)いだり、治療(ちりょう)したりするために使(つか)います。つまり、農薬(のうやく)によってイネ自体(じたい)病気(びょうき)にかかりにくくしたり、病気の原因(げんいん)となる微生物(びせいぶつ)(カビ、バクテリア、ウイルスなど)やそれを(はこ)(むし)(ころ)したり(よわ)らせてしまうということです。
 農薬(のうやく)は、直接(ちょくせつ)イネふりかけたり()んぼの(なか)にまいたりします。もちろん、()められた方法(ほうほう)(ただ)しく使うことが大事(だいじ)です。
 それから、病気に(つよ)いイネを(そだ)てることも大切(たいせつ)です。 あまり肥料(ひりょう)をやりすぎると病気にかかりやすいイネに(そだ)ってしまいます。

 どのような肥料(ひりょう)(あた)えるのがよいですか。
 イネ(おお)きく(そだ)てるためには、いろいろな栄養(えいよう)必要(ひつよう)ですので、そのために肥料(ひりょう)使(つか)います。(なか)でも、チッソ、リンサン、カリが(とく)必要(ひつよう)で、それらをバランスよく、必要なときに(てき)した(りょう)(ただ)しく使(つか)うことです。(おお)すぎても逆効果(ぎゃくこうか)になりますので、あまり肥料(ひりょう)をやり()ぎないことも大切(たいせつ)です。
 また、ワラや野草(やそう)、ウシやブタなどの家畜(かちく)のフンを()(かさ)ねて(くさ)らせてつくる堆肥(たいひ)があります。堆肥は、栄養分(えいようぶん)がゆっくりと分解(ぶんかい)していくので効果(こうか)(なが)(つづ)き、やり()ぎということもあまりありません。(つち)改良(かいりょう)にも役立(やくだ)ちます。

 おいしい(こめ)(つく)るための条件(じょうけん)はなんですか。
 (あたた)かいこと、太陽(たいよう)(ひかり)、それから(つち)(みず)必要(ひつよう)なのはあたり(まえ)ですね。肥料(ひりょう)もやはり必要(ひつよう)ですし、ときには農薬(のうやく)も必要です。
 (なか)でも、米作(こめづく)りにあった(つち)重要(じゅうよう)です。それは、元気(げんき)な土ということです。元気な土とは、微生物(びせいぶつ)などの()きものが豊富(ほうふ)で、たくさんの栄養分(えいようぶん)をもっていて、適度(てきど)(ねば)りがある(つち)です。新潟県(にいがたけん)の土はこういった条件(じょうけん)にあっているので米作(こめづく)りが(さか)んです。

 イネには何粒米(なんつぶこめ)(はい)っていますか。
 田植(たう)えのときに3(ぼん)くらいずつ(なえ)()えていきます。それがひとつの(かぶ)生長(せいちょう)していき収穫(しゅうかく)のときには1500〜2000(つぶ)くらいのもみ(こめ)ができます。1本の穂先(ほさき)には70〜100粒くらいの()がなります。



 もっといろいろ知りたいときは・・・
   ・米ネット「おこめのQ&A」
   ・東北農業研究センター「お米のよくある質問集」
 ためになる情報(じょうほう)があるページ・・・
   キッズページの「農業(のうぎょう)にかかわる(やく)にたつ情報」からどうぞ!
 質問(しつもん)は・・・ キッズページの「質問や見学(けんがく)のもうしこみ」のところからどうぞ!


 [ トップページ ]