Gn-RH製剤の前投与とCIDRの併用による過剰排卵誘起処理成績の向上


[要約]
過剰排卵誘起処理(SOV)開始の60時間前にGn-RH製剤を投与後、黄体期補強のために黄体ホルモン製剤(CIDR)を併用したSOVでは正常胚数および正常胚率が向上する。また、CIDRを留置した人為的黄体期においてもGn-RH製剤の投与が胚の生産性に有効である。

[キーワード]肉用牛、過剰排卵誘起処理、Gn-RH、主席卵胞、胚生産

[担当]群馬畜試・生物工学グループ
[連絡先]電話 027-288-2222
[区分]関東東海北陸農業・畜産草地(大家畜)
[分類]技術・参考

[背景・ねらい]
 過剰排卵誘起処理(SOV)時の主席卵胞の存在は、胚の生産性に悪影響を及ぼすことが知られている。そこで胚生産性を向上させる目的で、黒毛和種未経産牛(28〜67か月齢)にSOV開始前にGn-RH製剤を投与して主席卵胞の排卵を促した後に、黄体ホルモン製剤(CIDR)を黄体機能補強のために利用したSOVを実施する。また、CIDR留置(人為的黄体期)状況下でのGn-RH製剤のSOVにおける利用効果についても検討する。

[成果の内容・特徴]
1. 過剰排卵誘発処理(SOV)として、発情後5日目(SOV開始60時間前)にGn-RH製剤を筋肉内投与、7日目(SOV開始24時間前)にCIDRを挿入、8日目から総量13AUのFSHを漸減投与(図1)すると、正常胚数と正常胚率は、Gn-RH製剤を25および50μg投与した場合、それぞれ平均3.0個・63.2%および4.0個・80.0%であり、無投与区の1.5個・24.5%を上回る(表1)。なお、SOVの順序は反復試験法で行った結果である。
2. 人為的黄体期を形成するために発情周期の任意の時期にCIDRを腟内留置して、SOV開始の60時間前に、Gn-RH製剤(酢酸フェルチレリンとして50μg)を投与したところ、正常胚数と正常胚率は、50μg投与の経産牛が平均5.3個・66.3%、未経産牛が7.0個・100%(合計6.0個・78.9%)であり、無投与区の1.4個・24.1%を上回る成績を示す(表2)。

[成果の活用面・留意点]
1. Gn-RHの前投与は、CIDR利用のSOVに応用できる。
2. 胚生産性は供胚牛の個体差に影響されるので留意する。
3. Gn-RHの投与量が少量のため確実に投与することが必要である。


[具体的データ]




[その他]
研究課題名:牛の繁殖技術及び受胎性向上のための周辺技術の開発
予算区分 :県単
研究期間 :2003年度
研究担当者:加藤 聡

目次へ戻る