名古屋種における羽性遺伝子と経済形質との関連


[要約]
PCR法によって羽性遺伝子(速羽性及び遅羽性)保有を確認した名古屋種の経済形質の比較から、速羽性遺伝子は遅羽性遺伝子に比べて、育成期の体重と産卵性を向上させることが示唆される。

[キーワード]家禽、卵用鶏、名古屋種、経済形質、羽性遺伝子、速羽性、遅羽性

[担当]愛知農総試・畜産研究部・家きんグループ
[連絡先]電話 0561-62-0085
[区分]関東東海北陸農業・畜産草地(中小家畜)
[分類]科学・参考

[背景・ねらい]
 羽性(速羽性、遅羽性)と経済形質との関連は、これまで初生雛の翼の外見上の違いによって区分された鶏を用いて報告されてきたが、正確に遺伝子本体の違いで調査したものはない。そこで、本試験は、内在性ウイルス遺伝子ev-21を利用したPCR法を用い、名古屋種の羽性遺伝子を判定して、速羽性及び遅羽性遺伝子が体重や産卵率などの経済形質に及ぼす影響について調査する。

[成果の内容・特徴]
 供試鶏は、ev-21を利用したPCR法によって、速羽性及び遅羽性遺伝子の保有を確認した名古屋種それぞれ50羽である。
1. 育成率(0〜150日齢)と生存率(151〜450日齢)は、速羽性遺伝子保有の名古屋種(以下、速羽性NG)と、遅羽性遺伝子保有の名古屋種(以下、遅羽性NG)との間で有意差がみられない(表1)。
2. 体重は、育成期(1〜18週齢)を通して、速羽性NGの方が遅羽性NGに比べ、有意に大きい(P<0.01)(図1)。
3. 産卵の開始は、速羽性NGの方が遅羽性NGよりも早く、産卵持続性も優れる傾向にある(表2)。
4. 卵重は、産卵初期において速羽性NGの方が遅羽性NGより重い傾向にある(図2)。
5. 卵殻厚、卵殻破壊強度、卵殻色は、羽性遺伝子との関連性がみられない。
 以上のことから、PCR法で羽性遺伝子を確認することによって、速羽性及び遅羽性遺伝子が経済形質に及ぼす影響が明確になる。

[成果の活用面・留意点]
 伴性遺伝を利用した羽毛鑑別の導入により、実用鶏の雌を速羽性とすることによって、名古屋種の産卵性能の更なる向上を図ることができる。


[具体的データ]


[その他]
研究課題名:卵用名古屋コーチン速羽雄系統の造成、卵用名古屋コーチン遅羽雌系統の造成
予算区分:県単
研究期間:2001〜2007年度
研究担当者:中村明弘、野田賢治、宮川博充、水野 ■一郎
発表論文等:中村ら(2003)愛知農総試研報 35:179-182.

目次へ戻る