リンゴわい化栽培におけるJM7台木の利用法


[要約]
リンゴわい性台木JM7は、「シナノスイート」と「シナノゴールド」を穂品種に用いると、5年生樹の樹体が小型化し、果実の初期生産性も高いことから、4×2m程度の栽植距離のわい化栽培に利用できる。

[キーワード]JM7、シナノスイート、シナノゴールド、小型化、わい化栽培

[担当]長野果樹試・栽培部
[連絡先]電話 026-246-2411
[区分]関東東海北陸農業・果樹
[分類]技術・普及

[背景・ねらい]
 リンゴわい性台木のJM7は、挿し木繁殖が可能なわい性台木として注目されている。しかし、穂品種に「ふじ」を用いた場合、M.9ナガノ台木樹に比べて樹体が大きくなるため、密植栽培への利用が難しい。一方、長野県でリンゴの中生種として推奨している「シナノスイート」、「シナノゴールド」および「秋映」は、「ふじ」に比べて樹体が小型となりやすい。
 そこで、JM7の密植栽培への利用法を明らかにするために、JM7とM.9ナガノについて「シナノスイート」、「シナノゴールド」、「秋映」および「ふじ」と組み合わせた場合の若木期での樹体生育と初期生産性を比較する。

[成果の内容・特徴]
1. 樹体生育を比較すると、樹幅、幹断面積および総新梢長は、どの品種でもJM7台木樹がM.9ナガノ台木樹に比べて大きい傾向である。「秋映」のJM7台木樹の総新梢長と平均新梢長が長く、生育が旺盛である。「ふじ」のJM7台木樹は樹幅が大きく、この栽植距離以上の樹冠である。「シナノスイート」、「シナノゴールド」および「秋映」のJM7台木樹の幹断面積は、M.9ナガノ台木樹「ふじ」に比べて小さい(表1)。
2. 1樹当たり収量と累積収量は、「シナノスイート」以外は、JM7台木樹がM.9ナガノ台木樹に比べて有意に大きい。平均果重は、いずれの品種も台木間に大きな差はない。生産効率(幹断面積当たり累積収量)は、どの品種もJM7台木樹がM.9ナガノ台木樹に比べて大きい傾向であるが、有意な差はない(表2)。
3. 本試験は5年生樹のものであるが、9年生M.9ナガノ台木樹「ふじ」が4×2m程度の栽植距離に適合しているので、本試験内でのM.9ナガノ台木樹「ふじ」との比較で、「シナノスイート」と「シナノゴールド」のJM7台木樹も4×2m程度の栽植距離におさまると考えられる。また、JM7台木の地上部長が短いとわい化効果が劣るので、台木地上部を20cm程度確保する。

[成果の活用面・留意点]
1. 本試験は有効土層50cm程度のれき質褐色低地土での結果であるので、肥沃な土壌では生育がより旺盛となることが考えられる。
2. わい性台木は、冬期間から春先に野鼠被害を受けやすく、特にJM7台木はその被害が大きいので野鼠対策を十分に行う。
3. 「秋映」は、初期生育が旺盛なので、JM7台木を用いる場合は「シナノスイート」などに比べて栽植距離を広めにする必要がある。
4. 苗木や幼木期(定植後4〜5年)は、凍害防止のために台木と主幹の地際部(地上から50cmほど)に白塗剤を塗る。


[具体的データ]


[その他]
研究課題名:リンゴわい化栽培における省力・安定生産のためのJM台木利用・早期成園化技術の開発
予算区分:国庫助成(新技術)
研究期間:1999〜2003年度
研究担当者:玉井 浩、小野剛史、小池洋男、茂原 泉、臼田 彰

目次へ戻る