泌乳牛および乾乳牛における飼料イネの籾消失率


[要約]
乾乳牛と比較した泌乳牛における飼料イネの籾消失率の低下割合は、日本飼養標準・乳牛の補正係数よりやや大きい。また、脱粒した籾を給与した時の籾消失率に比べると泌乳牛は18ポイント、乾乳牛は10ポイント高くなる。

[キーワード]乳用牛、消失率、飼料イネ、籾

[担当]長野畜試酪農部、中央農研セ、埼玉畜研、岐阜畜研、三重科技セ、長野農事試
[連絡先]電話 0263-52-1188
[区分]関東東海北陸農業・関東東海・総合研究、畜産草地(飼料イネ利用)
[分類]技術・参考


[背景・ねらい]
 飼料イネの定着は、自給飼料の確保や減反等で荒廃しがちな水田を健全に維持することにつながり、日本農業にとって重要な課題である。飼料イネを乳牛に給与した場合、ふん中に籾が排泄されることが報告されている。特に、近年の遺伝的改良が進んだ高泌乳牛について、籾の消失率を調べた報告は少ない。そこで、乳牛の泌乳期および乾乳期と、籾および穂(籾が枝梗・穂軸についている状態)の消失率の関係について検討する。

[成果の内容・特徴]
1. 泌乳中期および乾乳期において、基礎飼料の消化試験を実施後、乾物あたり7.5%の量を穂(コシヒカリ・黄熟期)に置き換えた試験飼料の消化試験を再度実施した。穂は出穂期25日後に鎌で刈り取り天日干ししたものを用いた。穂の乾物中糖含量は56.0%(デンプン換算50.4%)、粗繊維は11.5%、粗灰分は6.8%である。籾はそのほとんどが枝梗とつながっていて、脱粒したものは少ない。穂の籾消失率を糞水洗い法によって求めた結果、泌乳期では乾乳期より13ポイント低下する(図1)。
2. 泌乳中期および乾乳期において、基礎飼料の消化試験を実施後、乾物あたり10%の量を籾(トドロキワセ・完熟期)に置き換えた試験飼料の消化試験を再度実施した。籾の乾物中糖含量は73.6%(デンプン換算66.2%)、粗灰分は3.7%である。籾消失率を糞水洗い法によって求めた結果、泌乳期では乾乳期より21ポイント低下する(図2)。
3. 穂(籾が枝梗・穂軸についている状態)の籾は脱粒した籾より消失率が高く、特に泌乳牛において顕著である。これは、飼料イネのように穂の形態で給与した場合、籾は枝梗とつながっており、第一胃に滞留しやすく、反芻・咀嚼によって砕かれ消失率が高まるためと推察される。
4. 穂を泌乳牛に給与した場合、採食量や乳量は低下しないが、脱粒した籾を給与すると採食量や乳量が大きく低下する(図3)。

[成果の活用面・留意点]
1. 飼料イネを乳量40kg程度の牛に給与する場合の参考とする。
2. 泌乳牛については乳量40kg程度の牛の結果である。また、試験頭数が1区2頭と少ないので、消失率の値は絶対的なものではない。例数を重ねる必要がある。

[具体的データ]

[その他]

研究課題名:飼料イネの中山間地帯における省力的生産・調製・利用技術の確立
予算区分:地域基幹
研究期間:2000〜2002年度
研究担当者:古賀照章
発表論文等:古賀ら(2003)、長野畜試研報30:1-5.


目次へ戻る