乳牛用TMRの粗飼料由来繊維含量を高めると稲発酵粗飼料の子実消化性が向上する


[要約]
稲発酵粗飼料(イネWCS)を主体とした混合飼料(TMR)において粗飼料由来の繊維含量を高めると、泌乳中期の牛では子実排泄率が低減し、イネWCSのTDN含量が増加する。

[キーワード]稲発酵粗飼料、乳用牛、RVI、子実消化性、粗飼料由来繊維、TMR

[担当]三重科技セ・畜産研究部・大家畜グループ
[連絡先]電話 0598-42-2029
[区分]関東東海北陸農業・関東東海・総合研究、畜産草地
[分類]技術・参考


[背景・ねらい]
 イネWCSを乳牛に多給すると、糞への子実排泄量が多くなるが、子実消化率は併給する粗飼料の種類により変化することが明らかとなっている。そこで、子実消化性を改善した乳牛飼養技術を確立するため、イネWCSを主体とするTMRにおいて粗飼料由来繊維含量の違いによる物理性の差違が乳生産や採食反芻行動および子実消化性に及ぼす影響を検討する。

[成果の内容・特徴]
1. 黄熟期(出穂35日目)のホシユタカを専用機でロールベールサイレージに調製したイネWCSを主体に、表1に示す飼料組成で、粗飼料由来NDF(r-NDF)含量が27、22、17%となるTMRを調製し、泌乳牛6頭を用いた予備期11日、本試験期3日を1期とする3×3ラテン方格法による飼養試験を行った結果、RVI(粗飼料価指数)は、 r-NDF含量の増加に伴い高くなり、22%以上で推奨値(31分/乾物kg)を確保できるが、それ以下では推奨値を下回る(表2)。
2. r-NDF摂取量の増加に伴い未消化子実排泄量は低減し、TMRのデンプン消化率が高まり、TMR中のイネWCSのTDN含量が増加する傾向がみられる(表3)。
3. 乾物摂取量および泌乳成績は、r-NDF含量の違いにより差は認められず、いずれのr-NDF含量においてもTDN要求量を充足することができる(表2)。
4. r-NDF含量を変えても、飼料中窒素の利用性に差は認められない(表4)。

[成果の活用面・留意点]
1. イネWCSをTMRで用いる際に未消化子実低減のための飼料設計として活用できる。
2. r-NDF含量を高めると繊維(NDF)の消化率が下がるので、高め過ぎないように留意するとともに、併給する乾草の種類も含めて、適正なr-NDF含量水準のデータの蓄積を図る必要がある。

[具体的データ]

[その他]

研究課題名:飼料イネに対応した省力的生産・調製・利用技術の確立
予算区分:国補(地域基幹農業技術体系化促進研究)
研究期間:2000〜2003年度
研究担当者:山本泰也、乾 清人、富田智明、田中浩二、西川周司、中西博司、前澤 卓


目次へ戻る