製麺適性の優れる小麦「きぬの波」の認定品種採用


[要約]
農林61号より栽培特性に優れ、アミロース含量がやや低く、麺(うどん)の粘弾性が改良された製麺適性が優れる小麦品種「きぬの波」を認定品種に採用する。

[キーワード]きぬの波、認定品種、やや低アミロース

[担当]茨城県農総セ農研・作物研究室
[連絡先]電話 029-239-7212
[区分]関東東海北陸農業・関東東海・水田畑作物(冬作物)
[分類]技術・普及

[背景・ねらい]
   本県の小麦主力品種「農林61号」はコムギ縞萎縮病に弱く、また倒伏しやすいなど栽培性が劣る。また、バンドウワセは製麺適性が劣るため実需者の評価が低い。そこで、栽培特性・製麺適性がともに優れた特性を持つ「きぬの波」を輪換畑(水田転作)栽培用の認定品種として採用し、本県輪換畑産小麦の評価向上と生産安定を図る。

[成果の内容・特徴]
「きぬの波」は群馬県農業試験場で「関東107号(低アミロース系統)」を母とし、「関東100号(バンドウワセ)」を父として育成された品種で、「農林61号」に比べて以下の特徴がある。
1) 出穂期・成熟期は1〜3日程度早い早生である(表1)。
2) ふ色は黄(白)の"白ふ"品種である。
3) 穂発芽性は同程度の"難"である。
4) アミロース含量はやや低い(表2)。
5) 短稈で耐倒伏性に優れ、千粒重は同程度であるが、多収である(表1)。
6) 外観品質は優れる(表1)。
7) 製粉歩留りは同程度であるが、製麺適性は色、粘弾性、滑らかさで優れている(表23)。

[成果の活用面・留意点]
1) "白ふ"品種であるため穂の外観は農林61号と異なるので、収穫時期の判定は穀粒水 分を測定し、穀粒の状態を確認してから収穫する。
2) 農林61号よりタンパク質含量が低いため、粗タンパク質含量があがりにくい圃場で は、堆肥の投入、追肥などの適切な管理を実施する。
3) 畑圃場ではタンパク質含量が目標値(10〜11%)を超え、小麦粉の色が悪くなるので 作付けしない。
4) フレッケンの発生が見られるが生育、収量等への影響はない。
5) うどんこ病に強くないため過繁茂とならないよう注意する。
6) 当面の適応地域は、県南県西の輪換畑とする。


[具体的データ]


[その他]
研究課題名:奨励品種決定調査
予算区分:県単
担当機関:1998〜2001年度
研究担当者:小山田一郎、日下勝博、泉沢直、須賀立夫、狩野幹夫

目次へ戻る