和牛肥育の稲わら代替ストローはトールフェスクよりライグラスが良い


[要約]
黒毛和種去勢牛肥育期の稲わら代替ストローとしてトールフェスクとライグラスを給与する。増体は稲わら給与区と比較してやや劣るが、肉質ではライグラス給与区は稲わら給与区と同等である。トールフェスク給与区は肉質がやや劣る。

[キーワード]黒毛和種、肥育、稲わら、ストロー、トールフェスク、ライグラス

[担当]愛知農総試・畜産研究部・牛グループ
[代表連絡先]電話:0561-62-0085
[区分]関東東海北陸農業・畜産草地(大家畜)
[分類]技術・参考

[背景・ねらい]
  和牛肥育の飼養体系では肥育期粗飼料は稲わらが一般的であるが、中国からの輸入制限と価格高騰のため、入手が困難となっている。そこで、ストロー系粗飼料を稲わらの代替飼料として試験する。稲わらの代替として、安価で入手が安易なトールフェスクまたはライグラス(イタリアン、ペレニアル)のストローを給与したフェスク区、ライグラス区を設定して増体および肉質に及ぼす影響について試験を実施する。

[成果の内容・特徴]
1. 15か月齢黒毛和種去勢牛14頭を稲わら給与区(以下イナワラ区)4頭、フェスク区4頭、ライグラス区6頭に分けて供試する。濃厚飼料は増体に応じて漸増して給与する。粗飼料は月齢に応じて1日当たり1〜3kg給与する。供試牛は27〜29月齢でと殺する。
2. 1日当たりの飼料摂取量はイナワラ区、ライグラス区、フェスク区の順で濃厚飼料、粗飼料とも有意に減少する(表1)。また、1日当たりの増体量はイナワラ区と比較して、ライグラス区、フェスク区の順で低くなる傾向にある(表2)。このように稲わら給与時と比較するとライグラスおよびフェスクの給与は濃厚飼料摂取量が減少し、増体に影響する可能性がある。
3. 肉質ではイナワラ区とライグラス区は差がないが、フェスク区が脂肪交雑等級と締まりおよびきめにおいて低い成績となる。ライグラス区とイナワラ区は肉色・脂肪色が格付、色査計検査とも同等である。フェスク区は色査計検査における筋間脂肪の黄色度を示すb値がイナワラ区より有意に高くなる。(表3)。このように肉質面への影響はライグラスは稲わらと同等であり、フェスクより稲わら代替ストローとして適している。
4. ルーメン内VFA組成比では酢酸組成比はフェスク区が、プロピオン酸組成比はライグラス区が、酪酸組成比はイナワラ区がそれぞれ他の2区と比較して有意に低くなる。酢酸/プロピオン酸比はライグラス区が他の2区と比較して有意に低くなる(表4)。
5. 各粗飼料の購入価格(2006年度の愛知県内の飼料販売業者3件の平均価格)は原物1kg当たり稲わらが61円、フェスクが44円、ライグラスが42円である。

[成果の活用面・留意点]
1. ライグラス及びフェスク給与はエンドファイト中毒に注意が必要である。
2. イタリアンライグラスストローと称して流通しているものの多くはペレニアルライグラスストローである。


[具体的データ]

表1 飼料摂取量
表2 増体成績
表3 枝肉成績
表4 ルーメン内VFA組成比

[その他]
研究課題名:肥育期におけるストロー系粗飼料給与試験
予算区分:県単
研究期間:2006〜2009年度
研究担当者:瀧澤秀明、森下忠

目次へ戻る