黒毛和種のウシ成長ホルモン遺伝子多型が子牛市場体重に及ぼす影響


[要約]
黒毛和種種雄牛のbGH遺伝子多型と黒毛和種の哺育能力や発育性の指標として、子牛市場体重bGHの遺伝子型により黒毛和種の哺育能力や発育性に差があることが示唆された。

[キーワード]黒毛和種、ウシ成長ホルモン遺伝子、直接遺伝効果、母性遺伝効果

[担当]岐阜県畜研・飛騨牛研究部
[代表連絡先]電話:0577-68-2226
[区分]関東東海北陸農業・畜産草地(大家畜)
[分類]研究・参考

[背景・ねらい]
  ウシ成長ホルモン(bGH)遺伝子は、乳牛のミルク生産性や肥育牛の枝肉形質に影響を与えていると報告されている。bGHは第5エキソンに多型が見られ、2ヵ所の塩基置換の組み合わせにより、A(2141C/2277C)、B(2141G/2277C)、C(2141G/2277T)の3タイプに分類される。黒毛和種の哺乳能力や子牛時の初期発育能力の改良に資するために、岐阜県有種雄牛を用いて、黒毛和種種雄牛のbGH遺伝子多型と黒毛和種の哺育能力や発育性の指標として、子牛市場体重の母性遺伝効果および直接遺伝効果の育種価推定値との関連について調査した。

[成果の内容・特徴]
1. 黒毛和種種雄牛のbGH遺伝子型頻度は、AB型18.0%、AC型4.0%、BB型36.0%、BC型30.0%、CC型12.0%であった。対立遺伝子頻度はA型0.11、B型0.6、C型0.29であった(表1)。
2. 黒毛和種種雄牛(48頭)の子牛市場体重における直接遺伝効果および母性遺伝効果の育種価推定値において、bGH遺伝子型間に有意差が認められた(表2)。
3. bGHの遺伝子型により黒毛和種の哺育能力や発育性に差があることが示唆された。

[成果の活用面・留意点]
1. 泌乳量に影響を与える生体内因子はbGHだけでなく、Pit-1やκ−カゼインが報告されており、bGH以外の遺伝子の効果や遺伝子間相互作用についても留意する必要がある。
2. 黒毛和種の泌乳能力を的確に反映する指標作りと泌乳能力に影響する遺伝子解析を継続する必要がある。


[具体的データ]

表1 岐阜県有種雄牛(48頭)のGH1遺伝子型
表2 子牛市場体重に関する直接遺伝効果の育種価推定値とGH1遺伝子型との関連
表3 子牛市場体重に関する母性遺伝効果の育種価推定値とGH1遺伝子型との関連

[その他]
研究課題名:DNA情報を利用した飛騨牛の育種改良手法の確立
予算区分:県単
研究期間:2004〜2008年度
研究担当者:小林 直彦、傍島 英雄、松橋 珠子、山田 英信(全和協岐阜支部)
発表論文等:小林ら(2007)岐阜県畜産研究所研究報告、7:1-6

目次へ戻る