DNAマーカーアシスト法による筋肉内脂肪含量QTLの導入


[要約]
ブタ第4染色体に検出された筋肉内脂肪含量QTLにおいて、金華豚型アリルはデュロック型アリルと比較し、筋肉内脂肪含量を増加させる効果がある。

[キーワード]ブタ、DNAマーカー、QTL、筋肉内脂肪

[担当]静岡中小研セ・高品質豚肉プロジェクト研究スタッフ
[代表連絡先]電話:0537-35-2291
[区分]関東東海北陸農業・畜産草地(中小家畜)
[分類]研究・参考

[背景・ねらい]
  金華豚とデュロック種のF2交雑家系を用いたこれまでの研究で、筋肉内脂肪含量のQTLがブタ第4染色体に検出された。このQTLは金華豚型アリルがデュロック種型アリルに対し、筋肉内脂肪含量を増加させる効果があることが推測された。そこで本試験ではこのQTLの効果を検証するため、マーカーアシスト導入法により金華豚由来のQTLをデュロック種へ導入し、金華豚由来のアリルを受継いだ個体が、そうでない個体と比較して筋肉内脂肪含量の増加が認められるかを調査する。また、筋肉内脂肪含量のQTLのアリル型とその他の肉質および産肉性との関係についても調査する。

[成果の内容・特徴]
1. 金華豚とデュロック種のF1に、デュロック種を戻し親とする3回の戻し交配を行なうと同時に、QTL領域のマイクロサテライトマーカー遺伝子型による選抜を行うことで、金華豚の筋肉内脂肪含量のQTL領域をデュロック種に導入する。戻し交配第3世代豚について、筋肉内脂肪含量のQTL領域が金華豚型アリルを受継いでいるものをJD型、そうでないもの(デュロック種型アリルのもの)をDD型とし、それぞれのアリル型の筋肉内脂肪含量およびその他の肉質や産肉形質の調査を行なった。
2. 戻し交配第3世代豚における筋肉内脂肪含量はJD型が3.6%、DD型が2.7%であり、金華豚由来のQTLアリルは筋肉内脂肪含量を有意に増加させる(P<0.05)(図1)。
3. 筋肉内脂肪含量以外の項目では、JD型はDD型と比較し背脂肪厚が有意に厚くなる(P<0.01)。また、大割肉片割合においてJD型はDD型と比較し、ロース・バラの割合が増加すると同時にカタの割合が減少する(P<0.01)(表1)。
4. ブタ第4染色体に検出された筋肉内脂肪含量のQTLは筋肉内脂肪含量のみに影響するものではなく、体脂肪全体の代謝に関連があると示唆される。

[成果の活用面・留意点]
1. ブタ第4染色体に検出された筋肉内脂肪含量のQTL領域に、脂質代謝に関与する遺伝子の存在が示唆される。
2. 金華豚のQTLを導入することでデュロック種の筋肉内脂肪含量を増加させることができる。
3. QTL効果の発現機序は不明であり、広く選抜に利用するには責任遺伝子の特定が必要である。


[具体的データ]

図1. アリル型と筋肉内脂肪含量の関係
表1.  各アリル型の産肉性および肉質

[その他]
研究課題名:高品質豚肉の作出とトレーサビリティの確立
予算区分:県単
研究期間:2005〜2007年度
研究担当者:井手華子、柴田昌利、堀内篤
発表論文等:井手ら(2007)静岡県中小家畜試験場研究報告、17:7-11

目次へ戻る