ウンシュウミカン強樹勢系統へのガンマ線照射によるわい性系統の獲得


[要約]
樹勢が強いS1152(「青島温州」珠心胚系統)にガンマ線を照射し、わい性傾向にあり果実品質は「青島温州」と同等である2系統を選抜する。わい性形質は接ぎ木二代目においても比較的安定している。

[キーワード]ウンシュウミカン、放射線育種、ガンマ線、わい性

[担当]静岡農林技研果樹研セ・新商材開発研
[代表連絡先]電話:054-334-4853
[区分]関東東海北陸農業・果樹
[分類]技術・参考

[背景・ねらい]
  「青島温州」の珠心胚実生から選抜したS1152は、樹勢が強く結実が安定しない。そこで、S1152の穂木にガンマ線を照射し、樹勢の落ち着いた系統を選抜する。

[成果の内容・特徴]
1. ガンマ線急照射により(線量200Gy 線量率5Gy/h)、生存率および生育量は低下した(表1)。照射した208個体から、生育量の少ない12個体を一次選抜、うち2個体(No.2および3)を二次選抜した。
2. 樹高は、No.2および3ともに「青島温州」より低く、樹冠容積は小さく、わい性傾向が認められる(図1)。糖およびクエン酸は、「青島温州」と同程度であり、累積収量は少ない(表2)。
3. No.2および3の二代目の生育は、S1152および「青島温州」よりわい性傾向にあり(表3)、わい性形質は比較的安定している。

[成果の活用面・留意点]
1. 照射当代はキメラの可能性があるため、二代目以降の形質の安定性をさらに確認したうえで普及に移す必要がある。


[具体的データ]

表1 ガンマ線照射当代の生育(1年生)
図1 S1152のガンマ線照射選抜系統の樹高および樹冠容積の推移
表2 選抜系統の果実形質および収量
表3 選抜系統の接ぎ木二代目の生育(2年生)

[その他]
研究課題名:多様な技術を利用した優良果樹品種の育成
予算区分:県単
研究期間:2002〜2007年度
研究担当者:寺岡毅、加々美裕、神尾章子

目次へ戻る