セイヨウナシ「ル レクチエ」の果実カラーチャートの開発


[要約]
果実画像を用いて開発した「ル レクチエ」専用の果実カラーチャートは、従来のニホンナシ地色カラーチャートに比べて測定精度が高く、追熟に伴う果皮色変化の評価に利用できる。

[キーワード]画像、ル レクチエ、追熟、果皮色、カラーチャート

[担当]新潟農総研園研セ・育種科、栽培・施設科
[代表連絡先]電話:0254-27-5555
[区分]関東東海北陸農業・果樹
[分類]技術・参考

[背景・ねらい]
  セイヨウナシ「ル レクチエ」の適熟果を需要期に出荷するために、果皮色の変化は追熟度合いを把握する一つの指標となる。従来は専用のカラーチャートがないため、ニホンナシ地色用カラーチャート(農林水産省果樹試験場)で代用されてきたが、果皮色の変化を十分に評価することができなかった。そこで、果皮色の判断基準となる専用果皮色カラーチャートを開発して、高品質果実供給を推進する。

[成果の内容・特徴]
1. 開発手法:チャートの果形は果実のデジタル画像から算出した標準的な形状を用いている(図1)。果皮色は撮影画像のHSL表色系による解析を基に、収穫後から追熟完了までの色特性値(H,S)の推移を12等分し、その果色評価値に最も近い画像を配置してある(図1)。
2. 測定方法:通常の蛍光灯光源下で測定果実全体の色を眺め、チャート上の最も色調が近い果実の番号を測定値とする。中間の色には0.5を与える(3と4の中間は3.5)。
3. 特徴:ニホンナシ地色用カラーチャートに比べて色調が適合しやすく(図3)、果皮色の変化をより細かく数値化することができる(図4)。

[成果の活用面・留意点]
1. 本カラーチャートは新潟大学農学部との共同開発である。
2. 撮影果実は新潟園研の果樹ほ場で栽培した2重袋を用いた有袋栽培果実であり、無袋や一重袋で栽培した果実への適用は未検討である。
3. 日焼け果やハードエンド、ブラックエンド等の生理障害果では色調が適合しない場合がある。
4. 本カラーチャートは新潟県果樹振興協会を通じて有償配布している(2,000円、数量限定)。


[具体的データ]

図1 「ル レクチエ」果実カラーチャート 図2 「ル レクチエ」果実の追熟に伴うHSL表色系による色特性値変化
図3 開発したカラーチャートの適合度(2006年)
図4 カラーチャートの違いによる測定値のばらつき(2006年)

[その他]
研究課題名:北陸の気象・重粘土壌条件下での高商品性省力果樹栽培技術の開発
予算区分:高度化事業
研究期間:2005〜2009年度
研究担当者:松本辰也、本永尚彦、元永佳孝(新潟大)

目次へ戻る