半促成トマトの接ぎ木栽培における土壌診断と栄養診断に基づく窒素減肥


[要約]
半促成トマトの接ぎ木栽培において土壌診断と葉柄汁液の栄養診断に基づいた施肥法における総施肥窒素量は、上物収量を低下させることなく、大幅に減少できる。

[キーワード]半促成トマト、汁液栄養診断、接ぎ木栽培、台木

[担当]千葉農総研・生産環境部・土壌環境研究室
[代表連絡先]電話:043-291-9990
[区分]関東東海北陸農業・関東東海・土壌肥料
[分類]技術・参考

[背景・ねらい]
  これまで、‘ハウス桃太郎’の自根栽培において、葉柄汁液中硝酸濃度に基づく施肥法を報告した(平成14年度研究成果情報)。しかし、現地におけるトマト栽培では、土壌病害虫を回避するために台木を利用する事例が多い。そこで、台木利用における栄養診断に基づく施肥法を検討したところ、接ぎ木栽培の施肥窒素量は、自根栽培より21〜25%減肥した(平成18年度研究成果情報)。ここでは、前作の土壌残存窒素含有量の異なるほ場(残存窒素:多、中、少)を設定し、接ぎ木栽培において栄養診断に基づく施肥窒素量と土壌残存窒素含有量との関係を明らかにする。

[成果の内容・特徴]
1. 施肥前の土壌硝酸態窒素含有量は、表層(0〜15cm)で残存多区が35mg/100g前後、標準施肥区及び残存中区で15mg/100g前後、残存少区で3mg/100g前後である。(図1)。土壌硝酸態窒素含有量の土壌分析に基づいた基肥窒素量は、残存多区で0.0kg/10a、残存中区及び残存少区で7.5kg/10aである。
2. 汁液の栄養診断に基づく追肥窒素量は、残存多区では無施用、残存中区では3.8kg/10a、残存少区では9.8kg/10aである。基肥と追肥を合わせた総施肥窒素量は、標準施肥区の23.3kg/10aに対して、残存多区で0.0kg/10a、残存中区で11.3kg/10a、残存少区で17.3kg/10aである(図2表1)。
3. 標準施肥区の総施肥窒素量に対する減肥率は、残存多区が100%、残存中区が51%、残存少区が26%である(表1)。
4. 収量は、残存各区で差はなく、標準施肥区と同等である(表1)。
5. トマト栽培跡地の土壌中硝酸態窒素含有量は、栽培ベッド部で標準施肥区に比べ残存各区で少ない。同様に、通路部では標準施肥区に比べて残存多区で多く、残存中区でやや少なく、残存少区では少ない(図3)。

[成果の活用面・留意点]
1. ハウストマトの半促成栽培の基肥窒素量は15kg/10aである(主要農作物等施肥基準:千葉県、p.163)。残存各区は、これまでの実証試験の結果に基いて、0.0kg/10a、または7.5kg/10aとした(山本ら(2005)、土肥誌76:825-831)。
2. 栄養診断に基づく施肥法は、これまでの成果に準じる(平成14年度研究成果情報)。
3. 追肥判定の硝酸濃度基準値は、これまでの成果に準じる(平成18年度研究成果情報)。


[具体的データ]

図1 施肥前の土壌中硝酸態窒素含有量
図2 接ぎ木栽培における施肥前の土壌残存窒素含有量の違いが葉柄汁液の硝酸濃度に及ぼす影響
表1 施肥前の土壌残存窒素含有量の違いが施肥窒素量と収量に及ぼす影響
図3 トマト栽培跡地の土壌中硝酸態窒素含有量

[その他]
研究課題名:トマト台木利用における栄養診断に基づく施肥法の開発
予算区分:県単
研究期間:2003〜2006年度
研究担当者:山本二美、松丸恒夫
発表論文等:山本ら(2005)土肥誌76:825-831、山本ら(2007)土肥誌78:391-394

目次へ戻る