ホソヘリカメムシ雄成虫の同種他個体に対する誘引性には個体間差がある


[要約]
ホソヘリカメムシ雄成虫のフェロモンの成分量および構成比には個体間差があり、必須成分のtetradecyl isobutyrateを保持せずに協力成分のみを保持する個体がいる。雄成虫の誘引数は、tetradecyl isobutyrateの保持量と正の相関がある。

[キーワード]ホソヘリカメムシ、フェロモン、tetradecyl isobutyrate、雄成虫、ダイズ

[担当]中央農研・総合的害虫管理研究チーム
[代表連絡先]電話:029-838-8939
[区分]共通基盤・病害虫(虫害)、関東東海北陸農業・関東東海・病害虫(虫害)
[分類]研究・参考

[背景・ねらい]
  移動能力が高く、農薬による防除が困難な害虫であるカメムシ類の発生予察・防除にフェロモンの利用が検討されている。ダイズ重要害虫であるホソヘリカメムシでは、雄成虫がフェロモンを放出し雌雄成虫や幼虫を誘引する。本フェロモンを防除等に利用するためには、誘引のメカニズムを明らかにすることが不可欠である。そこで、雄成虫の誘引性とフェロモン成分保持量を個体別に検討し、本種の誘引特性について明らかにする。

[成果の内容・特徴]
1. 雄成虫の誘引性は個体間で大きく異なり、日当りでは平均1個体程度であるが、3個体以上誘引するものや全く誘引しないものがいる(図2)。
2. 雄成虫のフェロモン成分保持量も個体間で大きく異なり、全ての成分を保持する個体、必須成分であるtetradecyl isobutyrateを保持せずに協力成分のみを保持する個体、フェロモン成分を全く保持していない個体がみられる(図1)。その結果、フェロモン成分の構成比も個体によって大きく異なる。
3. 雄成虫の日当りの平均誘引数は、必須成分であるtetradecyl isobutyrateと有意な正の相関が認められ、誘引性の差をもたらす要因の一つとしてtetradecyl isobutyrateの保持量の差が影響する(図2)。

[成果の活用面・留意点]
1. 雄成虫のフェロモンの成分およびその構成比が個体によって一定ではないという結果は、本種のフェロモンによる集団形成のメカニズムとその機能を明らかにする上で、重要な知見である。
2. 雄成虫のフェロモン成分の構成比と保持量が個体によって異なるという結果は、3成分から2成分(tetradecyl isobutyrate、(E )-2-hexenyl (E )-2-hexenoate)系に改善されたホソヘリカメムシ新規誘引剤が十分な誘引力を有することを支持するものである。


[具体的データ]

図1 ホソヘリカメムシ雄成虫の個体別フェロモン成分保持量
図2 ホソヘリカメムシ雄成虫におけるtetradecyl isobutyrate(14:iBu)の保持量と誘引数との関係

[その他]
研究課題名:土着天敵等を活用した虫害抑制技術の開発
課題ID:214-f
予算区分:委託プロ(生物機能)、基盤研究
研究期間:2004〜2008年度
研究担当者:水谷信夫、安田哲也、山口卓宏、守屋成一
発表論文等:Mizutani N. et al. (2007) Appl. Entomol. Zool. 42 (4): 629-636

目次へ戻る