中粗粒灰色低地土における土壌窒素肥沃度に対する田畑輪換の影響


[要約]
中粗粒灰色低地土では、ダイズの作付回数が増えるとアンモニア化成率が低下して風乾土湛水培養による土壌窒素無機化量が減少する。またこの土壌窒素無機化量はダイズの窒素吸収量と極めて高い正の相関関係が認められる。

[キーワード]中粗粒灰色低地土、田畑輪換、土壌窒素無機化量、地力の減耗、ダイズ

[担当]富山農技セ・農業試験場・土壌肥料課
[代表連絡先]電話:076-429-5248
[区分]関東東海北陸農業・北陸・生産環境(土壌肥料)
[分類]技術・参考

[背景・ねらい]
  富山県ではダイズ作付による田畑輪換の長期化によってダイズの生産力低下が問題となり、その一因として土壌窒素肥沃度の低下が考えられている。そこで土壌窒素肥沃度の減耗が顕在化しやすいと推測される中粗粒灰色低地土において、ダイズ作付回数と土壌窒素肥沃度の関係を明らかにする。

[成果の内容・特徴]
1. 湿潤土の湛水培養による土壌窒素無機化量の値は水稲が吸収する地力窒素量と密接な関係が認められているが、この値はダイズの作付回数が0〜1回のほ場でやや多いものの有意な差とは言えず、また作付回数が2回以上のほ場はいずれも同程度であり明確な差が認められない。またダイズの作付回数と土壌の全炭素・全窒素の間にも明確な関係は認められない(表1)。
2. 風乾土湛水培養による土壌窒素無機化量の全窒素に対する比率である、土壌のアンモニア化成率は、ダイズ作付が0〜1回のほ場に比べて作付が2回以上のほ場で有意に低くなり、ダイズの作付により分解の早い有機物が消耗されたと推察される(図1)。
3. 風乾土の湛水培養による土壌窒素無機化量とダイズの窒素吸収量との間には極めて高い正の相関関係が認められ、ダイズ生産力低下の要因はこの無機化量の減少が影響していると推察される(図2)。
4. 風乾土の湛水培養による土壌窒素無機化量はダイズの作付回数との間に高い負の相関関係が認められ、ダイズを栽培する毎に無機化量が低下していることが確認される(図3)。

[成果の活用面・留意点]
1. 腐植が少ない砂壌土のダイズ作付による田畑輪換圃場における今後の土壌管理対策の参考となる。
2. 中粗粒灰色低地土で、ダイズ作付による田畑輪換で低下した土壌窒素肥沃度を高めるには、堆肥や緑肥等の有機物の施用が必要となる。


[具体的データ]

表1 供試土壌の全窒素、全炭素、窒素無機化量
図1 ダイズの作付とアンモニア化成率(2006) 図2  土壌窒素とダイズの窒素吸収量*(2007)
図3 ダイズ作付回数と風乾土の窒素無機化量*(2006)

[その他]
研究課題名:中粗粒灰色低地土における田畑輪換圃場の土壌肥沃度の低下要因
                  の解明と緑肥、家畜ふん堆肥を活用した対策技術の開発
予算区分:受託(交付金プロジェクト研究)
研究期間:2007年度(2006〜2008年度)
研究担当者:廣川智子、小池 潤、稲原 誠

目次へ戻る