ブロイラーの抗菌剤無添加飼育において、飼料のメチオニン源を液体メチオニンの増量利用することで生産性が向上する


[要約]
抗菌剤無添加飼料における液体メチオニン(ジメチルヒドロキシアナログ)のわずかな増量利用は粉体メチオニンの代替え効果のみならず生産性および免疫活性を高められる可能性が示唆された。

[キーワード]ブロイラー、抗菌剤、液体メチオニン、生産性、免疫活性

[担当]山梨畜試・養鶏科
[代表連絡先]電話:055-273-6441
[区分]関東東海北陸農業・畜産草地(中小家畜)
[分類]研究・参考

[背景・ねらい]
今日のブロイラーの高い生産性の要因の一つとして、飼料中への抗菌剤の添加があるが、食品の安全性に対する消費者の意識の高まりから、鶏肉生産においても抗菌剤の使用を削減する必要性にせまられている。そこで、抗菌剤の飼料中への添加量を極力減らすために天然の免疫賦活化物質を利用して生産性を維持あるいは向上させるための技術開発が必要となっている。
 そこで、抗菌剤の有無およびメチオニン源を粉体と液体とした場合の生産性、産肉性および炎症応答に及ぼす影響について明らかにする。

[成果の内容・特徴]
1. 48日齢時の発育体重は抗菌剤区(1区)が最も優れていたが、抗菌剤を添加しなかった2〜4区においては、液体メチオニンを利用することで優れた傾向を示し、さらにその量を多くすることでより体重の増加が認められる(表2)。
2. 飼料要求率については、液体メチオニンを増量することで優れた傾向を示す(表2)。
3. 正肉歩留およびムネ肉割合については抗菌剤添加区に比較して抗菌剤無添加区で劣っていたが、液体メチオニンを増量することで改善される(表3)。
 肝臓割合、腹腔内脂肪蓄積率については区間に差は認められない(表3)。
4. 23日齢時のヒナの腹腔内にLPSを接種し、24時間後の血漿中セルロプラスミン濃度や α1酸性糖タンパク質含量を測定した結果、抗菌剤無添加の2〜4区で見た場合、液体メチオニンを利用することで減少し、抗菌剤添加と同様の値であった(図1)。

 以上のことから液体メチオニンを増量添加することで、発育性の改善が認められ、さらにストレス緩和作用があることが示された。

[成果の活用面・留意点]
1. 液体メチオニンは刺激臭があるのでマスク等の着用が好ましい。

[具体的データ]
表1 試験区分
表2  48日齢時 育成成績
表3  48日齢時
図1 セルロプラスミン及びα1酸性糖タンパク質濃度
[その他]
研究課題名:免疫賦活化物質等を利用した高品質ブロイラーの生産技術
予算区分:県単
研究期間:2005〜2008年度
研究担当者:松下浩一、奥田美杉、高橋和昭(東北大学)
発表論文等:Matsushita K. et al.(2007) Journal of Poultry Sci. 44(3):265-272

目次へ戻る