• 和田 有史 (わだ ゆうじ)
  • メールアドレス:yujiwd (後ろに @affrc.go.jp を追記してください)
  • 職名
  • 上級研究員

  • 略歴
  • 1974年3月、静岡県清水市に生まれる
  • 日本大学助手、(財)長寿科学振興財団リサーチレジデント、農研機構 食品総合研究所研究員、同年4月より主任研究員等を経て現職
  • 博士(心理学) 専門官能評価士

  • 専門分野
  • 心理学 (知覚・知覚発達・感性・社会心理学・消費者行動・コミュニケーション)

  • 研究課題
  • 人間の多感覚による食品知覚とその発達の解明
  • 食品安全に係わるコミュニケーション手法と評価方法の開発

  • 研究業績
  • 論文
    1. 森数馬・本田秀仁・永井成美・和田有史 . 食品の機能性に対する認知と栄養に関する知識の個人差の関係性について, 消費者行動研究, in press.
    2. 増田知尋・村越琢磨・木村敦・日野明寛・和田有史 (2016). 聴講者応答システムを利用した食の安全講義の効果測定, 日本官能評価学会誌, 20(1) 22-29.
    3. 和田有史 . 食と心の関わりを再考する ―認知科学的視点から―, 日本イースト工業会技術報告, in press.
    4. 和田有史 (2015). 人間の視覚情報処理と食, JATAFFジャーナル, 3(12) 24-28.
    5. 松原和也・杉山洋・村越琢磨・増田知尋・本田秀仁・和田有史 (2015). 高齢者の認知傾向とインターネットでの購買行動の関係, 映像情報メディア学会誌, 69(9) J271-J277.
    6. Hidehito Honda, Midori Ogawa, Takuma Murakoshi, Tomohiro Masuda, Ken Utsumi, Daisuke Nei, Yuji Wada (2015). Variation in risk judgment on radiation contamina-tion of food: Thinking trait and profession, Food Quality and Preference, doi:10.1016/j.foodqual.2015.07.014.
    7. Tomoko Imura, Tomohiro Masuda, Nobu Shirai, Yuji Wada (2015). Eleven-month-old infants infer differences in the hardness of object surfaces from observation of penetration events,Frontiers in Psychology, 6, 1005.
    8. Hidehito Honda, Midori Ogawa, Takuma Murakoshi, Tomohiro Masuda, Ken Utsumi, Sora Park, Atsushi Kimura, Daisuke Nei, Yuji Wada (2015). Effect of visual aids and individual differences of cognitive traits in judgment on food safety,Food Policy, 55, 33-40. (IF=2.331 Citations=1)
    9. Tomohiro Masuda, Kazuya Matsubara, Ken Utsumi, Yuji Wada (2015). Material perception of a kinetic illusory object with amplitude and frequency changes in oscillated inducer motion, Food Quality and Preference, 109(B), 201-208.
    10. 曲山幸生・七里与子・宮ノ下明大・今村太郎・古井聡・和田有史・増田知尋 (2015). 食品害虫サイト用に開発したアクセス解析プログラムとそのツール化, 食品総合研究所研究報告, 79, 57-66.
    11. Tomohiro Masuda, Kazuya Matsubara, Ken Utsumi, Yuji Wada (2015). Material perception of a kinetic illusory object with amplitude and frequency changes in oscillated inducer motion, Vision Research, 105(B), 201-208.
    12. Carlos Arce-Lopera, Tomohiro Masuda, Atsushi Kimura, Yuji Wada, Katsunori Okajima (2015). Model of vegetable freshness perception using luminance cues, Food Quality and Preference. 40(B), 279-286.
    13. Yuki Yamada, Kyoshiro Sasaki, Satomi Kunieda, Yuji Wada (2014). Scents boost preference for novel fruits, Appetite, 81, 102-107.
    14. 朴ソラ・増田知尋・村越琢磨・川﨑弥生・内海 建・木村 敦・小山慎一・日比野治雄・日野明寛・和田有史 (2014). イラストを用いた食品中の残留農薬量の理解度の検討, 日本健康教育学会誌, 22(2), 100-110.
    15. 曲山幸生・七里与子・宮ノ下明大・今村太郎・古井聡・和田有史・増田知尋・石山塁 (2014). 貯穀害虫の画像による自動判別, 食品総合研究所研究報告, 78, 57-64.
    16. Atsushi Kimura, Yukio Magariyama, Akihiro Miyanoshita, Taro Imamura, Kumiko Shichiri, Tomohiro Masuda, Yuji Wada (2014). Effect of risk information exposure on consumers' responses to foods with insect contamination, Journal of Food Science, 79 (Nr.2), S246-S250.
    17. Atsushi Kimura, Naoki Mukawa, Masahide Yuasa, Tomohiro Masuda, Mana Yamamoto, Takashi Oka, Yuji Wada (2014). Clerk agent promotes consumers' ethical purchase intention in unmanned purchase environment, Computers in Human Behavior, 33, 1-7.
    18. Tomohiro Masuda, Kazuki Sato, Takuma Murakoshi, Ken Utsumi , Atsushi Kimura, Nobu Shirai, So Kanazawa, Masami K. Yamaguchi, Yuji Wada (2013). Perception of elasticity in the kinetic illusory object with phase differences in inducer motion, PLOS ONE, 8(10), e78621.
    19. Atsushi Kimura, Yuji Wada, Tomohiro Masuda, Sho-ichi Goto, Daisuke Tsuzuki, Haruo Hibino, Dongsheng Cai, Ippeita Dan (2013). Memory color effect induced by familiarity of brand logos, PLOS ONE, 8(7), e68474.
    20. Takuma Murakoshi, Masako Hisa, Yuji Wada, Yoshihisa Osada (2013). Differential functioning of retrieval/comparison processing in detection of the presence and absence of change, PLOS ONE, 8(6), e68789.
    21. Kazuki Sato, Tomohiro Masuda, Yuji Wada, Nobu Shirai, So Kanazawa, Masami K Yamaguchi (2013). Infants' perception of curved illusory contour with motion, Infant Behavior and Development, 36, 557-563.
    22. Takuma Murakoshi, Tomohiro Masuda, Ken Utsumi, Kazuo Tsubota, Yuji Wada (2013). Glossiness and perishable food quality: visual freshness judgment of fish eyes based on luminance distribution, PLOS ONE, 8(3), e58994.
    23. Kaoru Kohyama, Tomohiro Masuda, Hiromi Shimada, Toshie Tanaka, Yuji Wada (2013). A simple mechanical index of storage quality of strawberry fruits, 食品総合研究所報告, 77, 1-11.
    24. 曲山幸生・七里与子・宮ノ下明大・今村太郎・古井聡・和田有史・増田知尋 (2013). 食品害虫サイトの長期間アクセス解析, 食品総合研究所報告, 77, 51-61.
    25. Tomohiro Masuda, Yuji Wada, Masako Okamoto, Yasushi Kyutoku, Yui Yamaguchi, Atsushi Kimura, Tatsu Kobayakawa, Takayuki Kawai, Ippeita Dan, Fumiyo Hayakawa (2013). Superiority of experts over novices in trueness and precision of concentration estimation of sodium chloride solutions, Chemical Senses, 38(3), 251-258.
    26. 村越琢磨・久雅子・増田知尋・和田有史・長田佳久 (2013). 単一特徴への注意が変化検出に与える効果, Vision, 25(1), 8-19.
    27. Carlos Arce-Lopera, Tomohiro Masuda, Atsushi Kimura, Yuji Wada, Katsunori Okajima (2013). Luminance Distribution as A Determinant for Visual Freshness Perception: Evidence from Image Analysis of a Cabbage Leaf, Food Quality and Preference, 27(2), 202-207.
    28. Hiroko Mochizuki-Kawai, Sanae Kishimoto, Yuji Wada, Tomohiro Masuda, Kazuo Ichimura (2012). Petal saturation affects visible flower senescence in cut lilies, Journal of the Japanese Society for Horticultural Science, 81(4), 350-356.
    29. Atsushi Kimura, Ippeita Dan, Nobuyuki Watanabe, Hiroshi Yamada, Yuji Wada (2012). Reaction time as an indicator of stimulus-response binding in affective judgment of visual stimuli, Japanese Psychological Research, 54(4), 335-347.
    30. Atsushi Kimura, Naoki Mukawa, Mana Yamamoto, Tomohiro Masuda, Masahide Yuasa, Sho-ichi Goto, Takashi Oka, Yuji Wada (2012). The influence of reputational concerns on purchase intention of fair-trade foods among young Japanese adults. Food Quality and Preference, 26(2) 204-210.
    31. Carlos Arce-Lopera, Tomohiro Masuda, Atsushi Kimura, Yuji Wada, Katsunori Okajima (2012). Luminance distribution modifies the perceived freshness of strawberries, i-Perception, 3(5), 338-355.
    32. Atsushi Kimura, Yuji Wada, Akio Asakawa, Tomohiro Masuda, Sho-ichi Goto,Ippeita Dan, Takashi Oka (2012). Dish influences implicit gender-basedfood stereotypes among young Japanese adults, Appetite 58(3), 940-945.
    33. Yuji Wada, Yuna Inada, Jiale Yang, Satomi Kunieda, Tomohiro Masuda, Atsushi Kimura, So Kanazawa, Masami K. Yamaguchi (2012). Infant visualpreference for fruit enhanced by congruent in-season odor, Appetite, 58(3), 1070-1075.
    34. 曲山幸生・七里与子・宮ノ下明大・今村太郎・和田有史・増田知尋, (2012). 食品害虫サイトの大幅改訂による訪問者のアクセス行動の変化, 食品総合研究所研究報告, 76, 59-66.
    35. Tomohiro Masuda, Atsushi Kimura, Sho-ichi Goto, Yuji Wada (2011). Hardness perceptions of the visual penetrating motion influenced by velocity change, Japanese Psychological Research, 53(4), 440-447.
    36. Tomohiro Masuda, Atsushi Kimura, Ippeita Dan, Yuji Wada (2011). Effects of environmental context on temporal perception bias in apparent motion, Vision Research, 51, 1728-1740.
    37. Masako Okamoto, Yuji Wada, Yui Yamaguchi, Yasushi Kyutoku, Lester Clowney, Archana Singh, Ippeita Dan, (2011). Process-specific prefrontal contributions to episodic encoding and retrieval of tastes: a functional NIRS study, NeuroImage,54(2), 1578-1588.
    38. Atsushi Kimura, Shigetaka Kuwazawa, Yuji Wada, Yasushi Kyutoku, Masako Okamoto, Yui Yamaguchi, Tomohiro Masuda, Ippeita Dan, (2011). Conjoint Analysis on the Purchase Intent for Traditional Fermented Soy Product (Natto) among Japanese Housewives, Journal of Food Science, 76(3), S217-S224.
    39. 曲山幸生・七里与子・宮ノ下明大・今村太郎・和田有史・増田知尋・木村敦, (2011). ウェブアンケートによる食品害虫サイトの利用状況調査, 食品総合研究所研究報告, 75 55-61.
    40. Tomohiro Masuda, Atsushi Kimura, Sho-ichi Goto, Yuji Wada, (2010). Hardness perception in visual motion : An experimental investigation in penetrating motion. Japanese Journal of Psychonomic Science, 29(1), 77-78.
    41. Atsushi Kimura, Yuji Wada, Akiko Kamada, Tomohiro Masuda, Masako Okamoto, Sho-ichi Goto, Daisuke Tsuzuki, Dongsheng Cai, Takashi Oka, Ippeita Dan, (2010). Interactive effects of carbon footprint information and its accessibility on value and subjective qualities of food products, Appetite, 55, 271-278
    42. Atsushi Kimura, Yuji Wada, Kentaro Ohshima, Yui Yamaguchi, Daisuke Tsuzuki, Takashi Oka, Ippeita Dan, (2010). Eating habits in childhood relate to preference for traditional diets among young Japanese, Food Quality and Preference, 21, 843-848.
    43. Takahiro Kawabe, Nobu Shirai, Yuji Wada, Kayo Miura, So Kanazawa, Masami K Yamaguchi (2010) The audiovisual tau effect in infancy, PLoS ONE, 5(3), e9530.
    44. Yuji Wada, Carlos Arce-Lopera, Tomohiro Masuda, Atsushi Kimura, Ippeita Dan, Shouichi Goto, Daisuke Tsuzuki, Katsunori Okajima, (2010). Influence of luminance distribution on the appetizingly fresh appearance of cabbage, Appetite, 54, 363-368.
    45. Atsushi Kimura, Yuji Wada, Jiale Yang, Yumiko Otsuka, Ippeita Dan, Tomohiro Masuda, So Kanazawa, Masami K Yamaguchi, (2010). Infants' recognition of objects using canonical color, Journal of Experimental Child Psychology, 105, 256-263.
    46. Atsushi Kimura, Yuji Wada, Shouichi Goto, Daisuke Tsuzuki, Dongsheng Cai, Takashi Oka, Ippeita Dan, (2009). Implicit gender-based food stereotypes: semantic priming experiments on young Japanese, Appetite, 52, 521-524.
    47. Masako Okamoto, Yuji Wada, Yui Yamaguchi, Atsushi Kimura, Haruka Dan, Tomohiro Masuda, Archana Sighn, Lester Clowney, Ippeita Dan, (2009). Influences of food-name labels on perceived tastes, Chemical Senses, 34(3) 187-194.
    48. Yuji Wada, Nobu Shirai, Yumiko Otsuka, Akira Midorikawa, So Kanazawa, Ippeita Dan, Masami K. Yamaguchi, (2009). Sound enhances detection of visual target during infancy: A study using illusory contours. Journal of Experimental Child Psychology, 102, 315-322.
    49. Yuji Wada, Daisuke Tsuzuki, Kaoru Kohyama, Ippeita Dan, (2008). Effect of illusory thermal sensation on hardness perception, Japanese Journal of Psychonomic Science, 27 (1), 117-118
    50. Atsushi Kimura, Yuji Wada, Daisuke Tsuzuki, Sho-ichi Goto, Dongsheng Cai, Ippeita Dan, (2008). Consumer valuation of packaged foods: Interactive effects of amount and accessibility of information, Appetite, 51, 628-634.
    51. Haruka Dan, Masako Okamoto, Yuji Wada, Ippeita Dan, Kaoru Kohyama, (2007). First bite for hardness judgment as haptic exploratory procedure, Physiology and Behavior, 92, 601-610.
    52. Yuji Wada, Daisuke Tsuzuki, Naoki Kobayashi, Fumiyo Hayakawa, Kaoru Kohyama, (2007). Visual illusion in mass estimation of cut food, Appetite, 49, 183-190.
    53. Keiko Omori, Norimichi Kitagawa, Yuji Wada, Kaoru Noguchi, (2007). Haptics can modulate the Hering and Wundt illusions, Japanese Psychological Research, 49 (1), 79-85.
    54. 増田知尋・和田有史・木村敦, (2007). 知覚された運動方向がkappa効果に及ぼす影響, 立教大学心理学研究, 49, 27-32.
    55. Keiko Omori, Yuji Wada, Kaoru Noguchi, Yukio Itsukushima, (2006). The effect of haptic information on vision -Using geometrical patterns with and without visual illusion-, The Japanese Journal of Psychonomic Science, 25, 107-108.
    56. 木村敦・和田有史・野口薫, (2006). 感情効果の類似が形と色の調和的関係に及ぼす影響, デザイン学研究, 52 (6), 1-8.
    57. 和田有史・増田知尋, (2005). 時間知覚における多感覚統合, 日本大学心理学研究, 26, 12-27.
    58. Yuji Wada, Norimichi Kitagawa, Kaoru Noguchi, (2003). Audio-visual integration in temporal perception, International Journal of Psychophysiology, 50, 117-124.
    59. 和田有史・野口薫, (2001). 時間知覚における無記点の規定要因, 日本大学心理学研究, 22, 32-39.
    60. 吉村浩一・和田有史, (2003). 安倍三郎の時間知覚研究とその今日的意義 -"S効果"の発見を中心に-, 明星大学研究紀要―人文学部―, 39, 107-118.
    61. 和田有史・山田寛・大山正, (2000). 形態認知の研究 (6)-形態記憶における図形の有意味性の影響-, 基礎心理学研究, 19, 47-48.

  • 総説・解説等
    1. 和田有史 (2014). 視覚による食品の認識 -典型色と鮮度を中心に-, 明日の食品産業, 12月号, 36-41.
    2. 和田有史 (2014). 視覚と食, 食品総合研究所ニュース, 31, 9-13.
    3. 和田有史 (2013). 食認知への心理学的アプローチ, ソフト・ドリンク技術資料, 169, 19-34.
    4. 和田有史 (2012). 実験心理学で探る食の感性 -多感覚知覚と社会的文脈-, Food and Food Ingredients Journal of Japan, 217 (2), 177-183.
    5. 和田有史 (2012). 食品を感じる複合感覚の成り立ち, 日本官能評価学会誌, 16 (1), 25-27.
    6. 和田有史 (2012). ひろがる食の感性 味わいから情報理解まで, 心理学ワールド, 56, 9-12.
    7. 和田有史 (2011). 食の知覚と消費者行動に関する心理学的研究の最前線, 農林水産術研究ジャーナル, 34(5), 11-15.
    8. 和田有史 (2011). おいしさを生み出す心のしくみ, 食品と開発, 46(3), 10-13
    9. 和田有史 (2011). 食品の色と質感の知覚心理学, 食品と容器, 52(1), 34-38.
    10. 和田有史 (2010). 実験心理学で探る食品の認識 -視覚から偏見まで-, 使ってみようこの技術 -新技術研究会講演集-, 97-102.
    11. 木村敦・和田有史・岡隆 (2010). 食味に及ぼす社会心理学的要因, 日本官能評価学会誌, 14 (2), 95-99.
    12. 和田有史 (2010). 心理学で探る食の感性の成り立ち, YL, 5, 16-19.
    13. 和田有史 (2010). 色による外界の認識の初期発達, 日本色彩学会誌, 34 (2), 168-173.
    14. 和田有史・熊田孝恒 (2010). ヒューマンエラーと食, Fooma技術ジャーナル, 6(2), 43-49.
    15. 和田有史 (2009). 食品の認知における視覚の役割, 食品と容器, 50(3), 174-179.
    16. 和田有史 (2008). 五感を統合する力, 発達, 116, 23-29.
    17. 和田有史・續木大介・山口拓人・木村敦・山田寛・野口薫・大山正 (2003). SD法を用いた視覚研究 知覚属性と感情効果の研究を例として, Vision, 15, 179-188.

  • 技術報告等
    1. 松原和也・杉山洋・村越琢磨・増田知尋・本田秀仁・和田有史 (2014). 高齢者の認知傾向とインターネットでの購買行動の関係, 映情学技報, Vol. 38, No. 25, Pp. 65-70.
    2. 佐々木恭志郎・山田祐樹・國枝里美・和田有史 (2014). 意識にのぼらない嗅覚情報は未知なる果実の好意度を上昇させる 日本バーチャルリアリティ学会研究報告, 19, 103-108.
    3. 作田由衣子・稲田祐奈・小川紗貴子・和田有史・國枝里美・金沢創・山口真美 (2012). 乳児は視覚と嗅覚の連合を形成するか -未知の匂いを用いた連合学習による検討-電子情報通信学会技術研究報告, 112(283), HIP2012-49, 7-12.
    4. 木村敦・武川直樹・湯浅将英・山本真菜・増田知尋・岡隆・和田有史 (2012). 店員エージェントの存在がフェアトレード商品の購買意欲に及ぼす影響, 電子情報通信学会技術研究報告, HCG2012-I-3, 53-58.
    5. 和田有史・辻敬一郎・増田知尋・新井哲也 (2009). 心理学研究室のワークショップ 竹井機器工業株式会社の歩み, 科学研究費補助金(基盤研究B:課題番号19330162)「実験心理学における古典的実験機器のアーカイブ化とその活用」研究成果報告書, 43-66.
    6. 和田有史 (2009). 心理学古典機器が除却されるとき -ある私立大学の場合-, 科学研究費補助金(基盤研究B:課題番号19330162)「実験心理学における古典的実験機器のアーカイブ化とその活用」研究成果報告書, 119-122.
    7. 和田有史・白井述・大塚由美子・金沢創・山口真美 (2009). 乳児期における音による視覚探索の促進, 電子情報通信学会技術研究報告, IEICE-109/IEICE-HIP-345, 115-118
    8. 和田有史・早川文代・神山かおる (2009). 食品の形態によるみかけの重さの錯覚, 平成20年度食品試験研究成果情報, 21, 14-15.
    9. 和田有史 (2008). 乳児の脳・行動・意識の解明に向けて, ベビーサイエンス, Vol. 7, Pp. 51-52.
    10. 山口真美・金沢創・和田有史 (2007). 乳児を対象とした心理物理実験の方法について-視聴覚統合実験を参考に-, 日本音響学会聴覚研究会資料, 37(8), H-2007-125 , 719-724
    11. 和田有史・續木大介・小林奈央樹・早川文代・神山かおる (2006). 食品の視覚による重量推定における錯覚, 電子情報通信学会技術研究報告, HIP2006-80, 63-68.
    12. 大森馨子・和田有史・野口薫・厳島行雄 (2005). 触覚情報が視覚に及ぼす影響 -錯視図形と線図形における検討-, 電子情報通信学会技術研究報告, HIP2005-76,Vol. 105,No. 358, Pp. 143-147.
    13. 和田有史・増田知尋・木村敦・野口薫 (2005). 事象知覚における時間的錯覚-kappa効果における知覚される運動方向の影響-, 電子情報通信学会技術研究報告, HIP2005-35 (2005-7), 89-92.
    14. 大森馨子・和田有史・野口薫 (2003). 触り方によって錯視は変化するのか? -へリング錯視図形とヴント錯視図形を用いて-, 電子情報通信学会技術研究報告, HIP2002-73, Vol. 102, No. 735, 61-66.
    15. 石原 治・佐々木心彩・遠藤 忠・和田有史 (2003). 高齢者の記憶の測定課題, 平成14年度 厚生労働科学研究費補助金 長寿科学総合事業による報告書, 121-138.
    16. 増田知尋・和田有史・野口薫 (2002). ランダムドット拡散パターンの知覚 -接近か,拡大か?-, 電子情報通信学会技術研究報告, HCS2001-38, Vol. 101, No. 610, 43-48.
    17. 和田有史・北川智利・野口薫 (2002). 時間知覚における視聴覚間非対称効果II-仮現運動の速度と聴覚刺激呈示頻度判断の相互作用-, 電子情報通信学会技術研究報告, HCS2001-39, Vol. 101, No. 610, 37-42.
    18. 和田有史・野口薫 (2000). "物理的な力の表象"は時間知覚に影響するか? S効果における重みづけモデルの検証, 電子情報通信技術研究報告, HIP99-70, Vol. 99, No. 582, 33-38.

  • 著書(編著)
    1. 日下部裕子・和田有史 (2011). 味わいの認知科学 舌の先から脳の向こうまで, 頸草書房.

  • 著書(分担執筆)
    1. 和田有史・早川文代・小早川達 (2015). 味覚の熟練度を測る, 熊田孝恒 (編), 商品開発のための心理学, 勁草書房, Pp. 107-130.
    2. 和田有史 (2013). 多感覚統合, 認知心理学会 (編), 認知心理学ハンドブック, 有斐閣, Pp. 30-33.
    3. 和田有史 (2013). 時間知覚, 最新 心理学事典, 藤永保 (監), 内田伸子・繁枡算男・杉山憲司 (責任編集), 平凡社, Pp. 259-261.
    4. 和田有史 (2013). 視野, 最新 心理学事典, 藤永保 (監), 内田伸子・繁枡算男・杉山憲司 (責任編集), 平凡社, Pp. 308-310.
    5. 和田有史・河合崇行・山口真美 (2013). 食に関わる知覚と嗜好の発達, 根ヶ山光一・河原紀子・外山紀子(編), こどもと食, 東京大学出版会, Pp. 21-38.
    6. 和田有史・白井述 (2013). 嗜好の発達, 日本発達心理学会 (編), 発達心理学事典, 丸善出版.
    7. 和田有史 (2013). 食の認識 -心理学の視点から, 河田照雄 (編), 人と食と自然シリーズ3 脂肪の功罪と健康, 建帛社, Pp. 49-68.
    8. 和田有史・日下部裕子 (2012). 食の認知, 池田まさみ (編), 認知心理学演習 日常生活と認知行動, オーム社, Pp. 95-120.
    9. 増田知尋・木村敦・和田有史 (2011). 視覚による食の認知, 日下部裕子・和田有史 (編), 味わいの認知科学 舌の先から脳の向こうまで, 頸草書房, Pp. 117-136.
    10. 木村敦・和田有史 (2011). 食と消費者行動, 日下部裕子・和田有史 (編), 味わいの認知科学 舌の先から脳の向こうまで, 頸草書房, Pp. 191-213.
    11. Atsushi Kimura, Yuji Wada, Ippeita Dan (2011). Chapter 140 Gender-based food stereotypes among young Japanese, Preedy, V. R. Martin, C. R., Watson, R. R. (Eds.) Handbook of Behavior, Diet and Nutrition, New York: Springer Publishing Company, Pp. 2201-2216.
    12. 和田有史 (2011). 11章 多感覚相互作用:五感による世界の認識, 北岡明佳(編), いちばんはじめに読む心理学の本⑤ 知覚心理学 -心の入り口を科学する-, ミネルヴァ書房, Pp. 179‐200.
    13. Atsushi Kimura, Yuji Wada, Takashi Oka (2010). Stereotypes toward food and eating behavior, Simon, E. L. (Ed.), Psychology of Stereotypes, Hauppauge, NY: Nova Science Publishers, Pp. 279-292.
    14. 和田有史・木村敦 (2010). 第2章 多感覚統合と感性, 日本認知心理学会(監), 三浦佳世 (編), 現代の認知心理学1 知覚と感性, 北大路書房, 京都, Pp. 28-55.
    15. 河合崇行・和田有史 (2010). 2.6. 味覚・嗅覚, 舘暲・佐藤誠・廣瀬通孝(監), 日本バーチャルリアリティ学会(編), バーチャルリアリティ学, 工業調査会, 東京, Pp. 52-59.
    16. 和田有史 (2009). 感覚各論 2.6 複合的感覚, 官能評価学会(編), 官能評価士テキスト, 建帛社, 東京, Pp. 40-43.
    17. 和田有史 (2009). 第10章 官能評価の実際 6 複合的感覚, 官能評価学会(編), 官能評価士テキスト, 建帛社, 東京, Pp. 208-210.
    18. 和田有史 (2009). 食品の見た目の効果, 大越ひろ・神宮英夫(編), 食の官能評価入門, 光生館, Pp. 98-101.
    19. 橋彌和秀・和田有史 (2008). 視聴覚統合の発達, 山口真美・金沢創(編), 知覚・認知の発達心理学入門 実験で探る乳児の認識世界, 北大路書房, 京都, Pp. 83-97.
    20. 和田有史 (2007). 感覚間相互作用の時間的側面, 大山正・今井省吾・和氣典二・菊地正(編),感覚・知覚心理学ハンドブック・Part 2, 誠信書房, 東京, Pp. 7-11.
    21. 和田有史・北川智利 (2007). 複数感覚情報統合のモデル, 大山正・今井省吾・和氣典二・菊地正(編), 感覚・知覚心理学ハンドブック・Part 2, 誠信書房, 東京, Pp. 14-15.
    22. 和田有史・増田知尋 (2007). 知覚心理学の初歩, 野口薫(編), 美と感性の心理学 -ゲシュタルト知覚の新しい地平-,日本大学文理学部叢書, 東京, Pp. 1-17.
    23. 野口薫・和田有史・増田知尋・續木大介・吉野大輔 (2007). 形の知覚体制化 "形をみる", 野口薫(編), 美と感性の心理学 - ゲシュタルト知覚の新しい地平-, 日本大学文理学部叢書, 東京, Pp. 41-67.
    24. 増田知尋・吉田宏之・和田有史 (2007). 運動の知覚体制化 "動きをみる", 野口薫(編), 美と感性の心理学 -ゲシュタルト知覚の新しい地平-, 日本大学文理学部叢書, 東京, Pp. 93-125.
    25. 和田有史・北川智利・大森馨子 (2007). 多感覚情報の知覚体制化 "五感で感じる", 野口薫(編), 美と感性の心理学 -ゲシュタルト知覚の新しい地平-, 日本大学文理学部叢書, 東京, Pp. 127-163.
    26. Yuji Wada, Tomohiro Masuda (2007). Introduction to the Psychology of Perception, Kaoru Noguchi (Ed) The Psychology of Beauty and Kansei: A New Horizon for Gestalt Perception, Pp. 213-229.
    27. Kaoru Noguchi, Yuji Wada, Tomohiro Masuda, Daisuke Tsuzuki, Daisuke Yoshino (2007). Perceptual organization of form: "Seeing shape", Kaoru Noguchi (Ed) The Psychology of Beauty and Kansei: A New Horizon for Gestalt Perception, Pp. 253-278.
    28. Tomohiro Masuda, Hiroyuki Yoshida, Yuji Wada (2007). Perceptual organization of motion: "Seeing motion", Kaoru Noguchi (Ed) The Psychology of Beauty and Kansei: A New Horizon for Gestalt Perception, Pp. 305-335.
    29. Yuji Wada, Norimichi Kitagawa, Keiko Omori (2007). Perceptual organization of multisesory information: "Experience with five senses", Kaoru Noguchi (Ed) The Psychology of Beauty and Kansei: A New Horizon for Gestalt Perception, Pp. 337-373.
    30. 和田有史 (2005). 環境の知覚・認知, 原千恵子(編), 心理学A to Z 基礎から臨床まで, 学苑社, 東京, Pp. 24-37.

  • 翻訳
    1. 和田有史 (2008). 視覚のエイジング, Fujita, A., Yamamoto, K. (Supervisors of translation); Birren, J. E. Schaie, K. W., Abeles, R. P. Gatz, M., Salthouse, T. A. (Eds.), Handbook of the psychology of aging 6th edition, 北大路書房, 京都, Pp. 95-116.

  • 講演など
    1. 和田有史 (2014). 味覚と嗅覚のメカニズム, 京都医療センター臨床研究センター予防医学研究室学術研究発表会2014.
    2. 和田有史 (2014). 食と心の関係を再考する, 食未来エクステンション講座.
    3. 和田有史 (2014). 認知特性から探る消費者の情報理解,日本認知心理学会 第2回 社会連携シンポジウム 「認知心理学と企業における研究・開発―その2」.
    4. 和田有史 (2014). ニコニコ学会β 「研究100連発」 イン サイエンスアゴラ,サイエンスアゴラ2014.
    5. 和田有史 (2014). 心理物理学で探る食味・食行動に係わる諸要因,第7回 香りと味に関する産学フォーラム.
    6. 和田有史 (2014). 食(おいしさ)の視知覚と消費者行動,食品開発展2014 記念セミナー.
    7. 和田有史 (2014). 人間の認知特性と情報理解,明治大学農学部生命倫理学.
    8. 和田有史 (2014). SD法と感情空間,日本官能評価学会第47回企業部会.
    9. 和田有史 (2014). 食の感性における潜在要因,ワークショップ「錯誤と感性」.
    10. 和田有史 (2013). 研究100連発, 第5回ニコニコ学会βシンポジウム.
    11. 和田有史 ・本田秀仁 (2013). リスク情報の理解と認知特性の関係, 臨床研究センター予防医学研究室学術研究発表会2013~糖尿病予防と糖尿病教育~
    12. 和田有史 (2013). 味わいを左右する心理ファクター, 味わい研究会(サイエンスフォーラム).
    13. 和田有史 (2013). 食と心の関わりを再考する -認知科学的視点から-, 平成25年度技術懇談会(日本イースト工業会).
    14. 和田有史 (2013). 食と錯覚, 公開シンポジウム・基礎心理学の展開シリーズ「錯視の科学」(日本心理学会).
    15. 和田有史 (2013). 五感で味わう -人間の認識のメカニズムを探る-, 講演会(桐朋学園・新学術研究領域「質感認知の脳神経メカニズムと高度質感情報処理技術の融合的研究」).
    16. 和田有史 (2013). おいしさを生み出す心のメカニズム, 第60回日本栄養改善学会学術総会.
    17. 和田有史 (2013). 人間の認知特性と情報理解, 明治大学"生命倫理学".
    18. 和田有史 (2013). ブランドロゴの認知度と記憶色効果について, 日本官能評価学会第36回企業部会.
    19. 和田有史 (2013). 食の認知心理学的研究, 第4回多感覚研究会 (チュートリアル講演).
    20. 和田有史 (2012). 人間の認識における多感覚統合とその発達, 京都医療センター臨床研究センター 学術研究発表会2012
    21. 和田有史 (2012). 指定討論, 日本基礎心理学会第31回大会シンポジウム" 情動・共感覚・オノマトペ:感覚間インタラクション研究の展開", 日本基礎心理学会第31回大会プログラム, 10.
    22. 和田有史 (2012). 人間の認知特性と情報理解, 2012年度 第10 回MerQurius ユーザコンファレンス
    23. 和田有史 (2012). 食とこころのかかわりを再構築する -心理学の視点から-京都医療センター臨床研究センター 夏季セミナー2012
    24. 和田有史 (2012). 実験で探る食の感性, 横浜国立大学環境情報学府"情報メディアコロキウム".
    25. 和田有史 (2012). 食における質感視知覚とその発達, 東北心理学会第66回大会新潟心理学会第49回大会・大会企画シンポジウム"食を豊かにする多感覚知覚", 東北心理学会第66回大会新潟心理学会第49回大会合同大会プログラム, 9.
    26. 和田有史 (2012). 食品の質感視知覚, 第23回日本官能評価学会企業部会.
    27. 和田有史 (2011). 食の視知覚, 日本基礎心理学会第30回大会シンポジウム"基礎心理学の現在と将来:脳研究・応用研究・技術研究の前線から見えてくる若手研究者のキャリアパス", 日本基礎心理学会第30回大会プログラム, 16-17.
    28. 和田有史 (2011). 食品を感じる複合感覚の成り立ち, 日本官能評価学会2011年度大会シンポジウム「複合感覚を考える」, 日本官能評価学会2011年度大会発表論文集, 14-15.
    29. 和田有史 (2011). 食行動と食品脂肪, 京都健康フォーラム2011「健康に対する脂肪の功罪」.
    30. 和田有史 (2011). 食品の認識に対する実験心理学的アプローチ, 第48回食品研究所長会 (財団法人食品産業センター).
    31. 和田有史 (2011). 食品に関する視知覚の実験心理学的検討 -典型色と鮮度知覚を例として- 生理学研究所研究会 "視知覚の理解へ向けて -生理、心理物理、計算論による探求-".
    32. 和田有史 (2010). 実験心理学で探る食の感性, 日本人間工学会関東支部大会第40回大会感性・官能部会企画シンポジウム"今こそ食について考える".
    33. 和田有史 (2010). おいしさを生み出す心のしくみ, フード・フォーラムつくば・秋の例会.
    34. 和田有史 (2010). 実験心理学で探る食品の認識 -視覚から偏見まで-, 食品新技術研究会第9回例会.
    35. 和田有史 (2009). 食の視知覚, 社団法人日本心理学会 味嗅覚と行動に関する研究会, 2008年度第2回研究会.
    36. 和田有史 (2009). 食の実験心理学, 第5回関西若手実験心理学研究会.
    37. 和田有史 (2009). The other side of Food perception, 第16回 社団法人日本心理学会 食発達研究会.
    38. 和田有史 (2008). おいしさの心理学:食品は五感で味わう, おいしさ-食の感性、現状と展望-.
    39. 山口真美・金沢創・和田有史 (2007). 乳児を対象とした心理物理実験の方法について -視聴覚統合実験を参考に-, 日本音響学会, 聴覚研究会.
    40. 和田有史 (2003). SD法を用いた視覚研究 かたちの知覚属性と感情効果の研究, 日本視覚学会2003年夏季大会 (チュートリアル講演).

  • 学会におけるワークショップなど
    1. 光藤崇子・黒田剛士・佐々木恭志郎・蓮尾絵美・和田有史 (2014). 視覚、聴 覚、触覚間で時間は共通して流れているか?:時間知覚研究の展望と課題, 日本 心理学会第78回大会.
    2. 入戸野宏・永井聖剛・熊田孝恒・藤崎和香・須藤智・和田有史・植田一博 (2014). 実学としての実験心理学5 ―工学・産業・社会へのアプローチの最前線 ―, 日本心理学会第78回大会.
    3. 玉城絵美・平田豊・長谷川良平・熊田孝恒・神宮英夫・伊丸岡俊秀・和田有史 (2013). シンポジウム2 工学的技術と基礎心理学の融合と発展, 日本基礎心理学会第32回大会.
    4. 國枝里美・和田有史・白井述・熊田孝恒・多田充徳 (2013). シンポジウム「商品開発につながる認知・身体-赤ちゃんから高齢者まで」, 日本官能評価学会2013年度大会 (企画者/総合司会).
    5. 鳴海拓志・河合隆史・和田有史・簗瀬洋平・小泉直也・金ジョンヒョン (2013). パネルディスカッション「クロスモーダル設計の体系化に向けて」, 第一回クロスモーダルデザインワークショップ.
    6. 和田有史・篠原一光・西崎友規子・杉山東子・萩原一平・ 行場次朗 (2013). 社会連携シンポジウム:認知心理学は産業・社会にどう貢献するか, 日本認知心理学会第11回大会 (企画者/司会者).
    7. 和田有史・熊田孝恒・永井聖剛・市原茂・原澤賢充・芳賀繁・神宮英夫(2012). 心理学における基礎技術の教育について考える, 日本心理学会第76回大会 (ワークショップ・企画代表者/司会者).
    8. 潮村公弘・小林知博・藤井勉・和田有史・大久保重孝 (2011). IAT(Implicit Association Test)の課題と将来性(5) -行動指標とIAT測度との関係性-, 日本心理学会第75回大会 (ワークショップ・話題提供者).
    9. 熊田孝恒・和田有史・永井聖剛・望月寛子・神宮英夫・原田悦子 (2011). 技術心理学:実学としての実験心理学3 -産業へアプローチの最先端-, 日本心理学会第75回大会 (ワークショップ・企画/司会者).
    10. 日比野治雄・熊田孝恒・和田有史・永井聖剛・小田浩一・崔庭瑞・庄野徹・八木昭宏 (2010). 技術心理学:実学としての実験心理学2-広告・デザインへのアプローチ, 日本心理学会第74回大会 (ワークショップ・企画/話題提供者).
    11. 和田有史・熊田孝恒・永井聖剛・日比野治雄・寺澤孝文・須藤智・西崎友規子・辻敬一郎 (2009). 実学としての実験心理学 -産業・商業・日常生活への貢献を目指して-, 日本心理学会第73回大会 (ワークショップ・企画/話題提供者).
    12. 和田有史・神宮英夫・市原茂・檀一平太・木村敦・日比野治雄・小早川達・三浦佳世 (2008). 食の感性への多角的アプローチ, 日本心理学会第72回大会 (ワークショップ・企画/話題提供者).
    13. 北川智利・和田有史・金山範明・鈴木結花・Ho Hsin-ni・安藤英由樹・渡邊淳司・一川誠 (2008).「触」経験と多感覚統合, 日本心理学会第72回大会 (ワークショップ・話題提供者).
    14. 和田有史・吉田宏之・増田知尋・木村敦・高島翠 (2006). ゲシュタルト心理学の遺産, 第34回Young perceptionists' seminar.
    15. 石坂裕子・和田有史・山口由依・大中悠起子・三浦佳世 (2006). 感性の心理学 視覚表現を用いた実験心理学的アプローチ, 日本心理学会第71回大会 (ワークショップ・司会).
    16. Norimichi Kitagawa・ Yuji Wada (2004). Flexible weighting of auditory and visual information in temporal perception, The 18th International Congress on Acoustics, (invited symposia).

  • 講習会など
    1. 和田有史 (2013). 味わいを左右する心理ファクター, 味わい研究会(サイエンスフォーラム).
    2. 和田有史 (2012). 食と心の認知科学, 応用脳科学アカデミーアドバンスコース「脳と感覚器官」.
    3. 和田有史 (2011). ~体験デモで理解する~ 食の認知心理学, Tech Design, 講習会.
    4. 和田有史 (2011). 食と心の認知科学, 応用脳科学アカデミーアドバンスコース「脳と感覚器官」.
    5. 和田有史 (2011). 見た目・思い込み・錯覚とおいしさ, ISS産業科学システムズ セミナー.
    6. 和田有史 (2010). 心理学で食の認識を科学する, 荒川区学校給食研究会.

  • 学会発表など
    1. 徳永弘子・木村敦・武川直樹・玉木智英・和田有史 (2015). 飲料容器への接触行為がコミュニケーションの印象に及ぼす影響, 電子情報通信学会技術研究報告, HCS2014-106, 187-192.
    2. 和田有史・増田知尋・松原和也・森数馬 (2015). 魚眼を対象とした鮮度知覚, 日本基礎心理学会2014年度第2回フォーラム.
    3. 松原和也・増田知尋・風見由香利・早川文代・葛西智・池羽田晶文・吉村正俊・和田有史 (2015). エキスパートによるりんご褐変果の評価, 日本視覚学会2015年冬季大会.
    4. 増田知尋・松原和也・森数馬・和田有史 (2015). 生鮮食品画像の輝度分布情報を用いた鮮度判断モデルの検討, 日本視覚学会2015年冬季大会.
    5. 木村敦,玉木智英,徳永弘子,武川直樹,和田有史 (2014). グラスの高級感が飲食物摂取量とコミュニケーションに及ぼす効果, 日本官能評価学会2014年度大会.
    6. 牛嶋豪,木村敦,佐藤奈緒子,熊田純也,和田有史 (2014). 食品中の放射性物質に対する消費者の情報入手意欲と態度との関連, 日本官能評価学会2014年度大会.
    7. Kazuma Mori, Yuji Wada , Makoto Iwanaga (2014). Empathic trait predicts the psychophysiological response of emotional tears, The 17th World Congress of Psychophysiology.
    8. 増田知尋・和田有史 (2014). 誘導図形の振り子運動の振幅及び周期の変化が主観的な面の"かたさ" 判断に及ぼす影響, 日本心理学会第77回大会.
    9. 本田秀仁・小川緑・村越琢磨・増田知尋・和田有史 (2014). 放射線の食品汚染に関するリスク判断の個人差 CRTで予測する, 日本心理学会第77回大会.
    10. 森数馬・和田有史・岩永誠 (2014). 共感特性が心理生理反応を伴った涙感を予測する, 日本心理学会第77回大会.
    11. 松原和也・杉山洋・村越琢磨・増田知尋・本田秀仁・和田有史 (2014). 高齢者の認知傾向とインターネットでの購買行動の関係, 映情学技報, vol. 38, no. 25, pp. 65-70.
    12. 作田由衣子・稲田祐奈・和田有史・國枝里美・金沢創・山口真美 (2014). 乳児は匂いのついた玩具を好むか, 日本赤ちゃん学会第14回学術集会.
    13. 佐々木恭志郎・山田祐樹・國枝里美・和田有史 (2014). 意識にのぼらない嗅覚情報は未知なる果実の好意度を上昇させる 日本バーチャルリアリティ学会研究報告, 19, 103-108.
    14. 増田知尋・和田有史 (2014). 動的な主観的な面の素材感に誘導図形の振り子運動の時間的変化が及ぼす影響, 日本視覚学会2014年冬季大会.
    15. 松原和也・増田知尋・本田秀仁・和田有史 (2014). 両眼立体視がキャベツの鮮度知覚に与える影響, 日本視覚学会2014年冬季大会.
    16. 山田祐樹・佐々木恭志郎・國枝里美・和田有史 (2013). 香らないのに好きになる -未知の果実への好意度を上昇させる閾下嗅覚手がかり-, 日本基礎心理学会第32回大会.
    17. 稲田祐奈・和田有史・國枝里美・金沢創・山口真美 (2013). 4-5 歳児の匂い同定における可食性の効果, 日本基礎心理学会第32回大会.
    18. 増田知尋・和田有史 (2013). 誘導図形の振り子運動の周期変化が主観的な面の素材感に及ぼす影響, 日本基礎心理学会第32回大会.
    19. 羅せん・増田知尋・松原和也・和田有史・池羽田晶文 (2013). NIR Imaging for Predicting Freshness of Cabbage, 第29回近赤外フォーラム, 29, 123.
    20. 和田有史・小川緑・村越琢磨・増田知尋・本田秀仁・木村敦 (2013). 表示のわかりやすさと認知特性の関係を測定する, 日本官能評価学会2013年度大会 (東京農業大学, 2013年11月9日, 発表論文集pp.20-21.)
    21. 玉木智英・木村敦・武川直樹・和田有史 (2013). グラスの光背効果が飲食物の印象と摂取量に及ぼす効果 日本官能評価学会2013年度大会 (東京農業大学, 2013年11月9日, 発表番号: ポスター発表20, 発表論文集pp.68-69.)
    22. 木村敦・小川緑・村越琢磨・和田有史 (2013). 食品中の放射性物質に対する消費者態度に関する調査, 日本心理学会第77回大会.
    23. Katsunori Okajima, Carlos Arce-Lopera, Tomohiro Masuda, Atsushi Kimura, Yuji Wada (2013). Luminance distribution asymmetry modifies vegetable freshness perception, 10th Pangborn Sensory Science Symposium.
    24. Yuji Wada, Takuma Murakoshi, Tomohiro Masuda, Ken Utsumi (2013). Visual freshness judgment of fish eyes based on luminance distribution, 10th Pangborn Sensory Science Symposium.
    25. 増田知尋・佐藤夏月・村越琢磨・木村敦・白井述・金沢創・山口真美・和田有史 (2013). 動的な主観的輪郭図形の知覚された形状及び素材感に関する検討, 日本視覚学会2013年冬季大会プログラム, 3.
    26. 佐々木寛紀・木村敦・酒造正樹・武川直樹・和田有史 (2012). 新奇食物受容における摂取行動と会話行動の計測, 第13回人間情報学会講演会.
    27. 木村敦・武川直樹・湯浅将英・山本真菜・増田知尋・岡隆・和田有史 (2012). 店員エージェントの存在がフェアトレード商品の購買意欲に及ぼす影響, 電子情報通信学会技術研究報告, HCG2012-I-3, 53-58.
    28. 作田由衣子・稲田祐奈・小川紗貴子・和田有史・國枝里美・金沢創・山口真美 (2012). 乳児は視覚と嗅覚の連合を形成するか -未知の匂いを用いた連合学習による検討-電子情報通信学会技術研究報告, 112(283), HIP2012-49, 7-12.
    29. 木村敦・酒造正樹・武川直樹・佐々木寛紀・和田有史 (2012). 共食が新奇食物摂取に及ぼす影響の心理・工学的解析, 日本官能評価学会2012 年度大会.
    30. 稲田祐奈・作田由衣子・小川紗貴子・和田有史・國枝里美・金沢創・山口真美 (2012). 乳児における視覚と嗅覚の連合の形成, 日本基礎心理学会第31回大会プログラム, 15.
    31. 増田知尋・佐藤夏月・村越琢磨・木村敦・白井述・金沢創・山口真美・和田有史 (2012). 動的な主観的輪郭と実輪郭における知覚された形状の類似性に関するMDSを用いた検討, 日本基礎心理学会第31回大会プログラム, 22.
    32. 佐藤夏月・増田知尋・和田有史・白井述・金沢創・山口真美 (2012). 乳児における動的な主観的輪郭知覚の位相差による影響, 日本基礎心理学会第31回大会プログラム, 23.
    33. 村越琢磨・増田知尋・長田佳久・和田有史 (2012). 特徴情報が変化の検索・比較処理に及ぼす効果の検討, 日本基礎心理学会第31回大会プログラム, 26.
    34. Midori Ogawa, Yuji Wada, Saho Ayabe-Kanamura (2012). Odor-induced enhancement of taste:Focusing on sensitivity for saltiness, The 46th Annual Meeting of Japanese Association for the study of Taste and Smell.
    35. 増田知尋・佐藤夏月・村越琢磨・木村敦・白井述・金沢創・山口真美・和田有史 (2012). MDSによる動的な主観的輪郭と実輪郭の類似性の検討, 日本心理学会第76回大会, 日本心理学会第76回大会発表要旨集, 560.
    36. 朴ソラ・増田知尋・村越琢磨・木村敦, 小山慎一・日比野治雄・和田有史 (2012). 残留農薬情報表示デザインに関する心理学的検討, 日本デザイン学会第59回春季研究発表大会.
    37. 稲田祐奈・小川紗貴子・作田由衣子・和田有史・楊 嘉楽・國枝里美・金沢 創・山口真美 (2012). 乳児における視覚と嗅覚の連合の形成とその持続, 日本赤ちゃん学会第12回学術集会 (6/2,3)
    38. Carlos Arce-Lopera, Katsunori Okajima, Yuji Wada, Tomohiro Masuda (2012). Luminance Information Suffices to Model Vegetable Freshness Perception,VSS(Vision Science Society), abstracts, 220. (2012, May, 14)
    39. 伊村知子・増田知尋・和田有史・岡嶋克典 (2012). チンパンジーにおける食物のテクスチャ知覚, 日本動物心理学会第72回大会. (5/13)
    40. Atsushi Kimura, Naoki Mukawa, Masahide Yuasa, Mana Yamamoto, Takashi Oka, Tomohiro Masuda, Yuji Wada (2012). Clerk agent promotes ethical purchasing behavior in unmanned purchase environment. Computer Human Interface 2012, WIP119, CHI Extended Abstracts 2012, pp. 1589-1594 (in Austion, Texas, USA) (May 8th, 2012).
    41. 増田知尋・村越琢磨・木村敦・和田有史 (2012). ネオンカラー拡散をともなう主観的輪郭図形の素材感に視覚的な運動が及ぼす影響, 日本視覚学会2012年冬季大会プログラム, 11.
    42. 山本真菜・木村敦・武川直樹・湯浅将英・増田知尋・岡隆・和田有史 (2011). 他者手がかりが消費者のフェアトレード食品購買意思に及ぼす影響, 電子情報通信学会ヒューマンコミュニケーショングループ(HCG)シンポジウム2011.
    43. 稲田祐奈・和田有史・楊嘉楽・國枝里美・増田知尋・木村敦・金沢創・山口真美 (2011). 乳児における視覚に対する嗅覚の影響, 日本基礎心理学会第30回大会プログラム, 62.
    44. 増田知尋・村越琢磨・木村敦・和田有史 (2011). ネオンカラー拡散をともなう主観的輪郭図形の非剛体運動, 日本基礎心理学会第30回大会プログラム, 104.
    45. 村越琢磨・増田知尋・和田有史 (2011). 視覚情報による食品鮮度判断の個体差の検討, 日本基礎心理学会第30回大会プログラム, 113.
    46. 村越琢磨・増田知尋・和田有史 (2011). 食品鮮度判断に対する輝度分布変数の効果, 日本官能評価学会2011年度大会発表論文集, 20-21.
    47. 増田知尋・村越琢磨・木村敦・和田有史 (2011). 主観的輪郭図形の材質判断に視覚的な運動が及ぼす影響, 日本官能評価学会2011年度大会発表論文集, 18-19.
    48. Yuji Wada, Yuna Inada, Jiale Yang, Satomi Kunieda, Tomohiro Masuda, Atsushi Kimura, So Kanazawa, Masami K. Yamaguchi (2011). Infant’s visual preference to strawberry enhanced by in-season odor, 12th International Multisensory Research Forum, P78.
    49. 増田知尋・木村敦・和田有史 (2011). Kappa効果における運動対象に加わる力の表象の影響, 日本心理学会第75回大会, 日本心理学会第75回大会発表要旨集, 560.
    50. 望月寛子・岸本早苗・和田有史・増田知尋・市村一雄 (2011). 黄色ユリ花弁の老化に伴う花色変化と観賞価値, 園芸学会平成23年度秋季大会, 園芸学研究, 10, 別冊2, 273.
    51. Carlos ArceLopera, Tomohiro Masuda, Atsushi Kimura, Yuji Wada, Katsunori Okajima (2011). Luminance distribution influences vegetables freshness perception, 9th Pangborn sensory science symposium, P1.3.01.
    52. 稲田祐奈・和田有史・楊嘉楽・國枝里美・増田知尋・木村敦・金沢創・山口真美 (2011). 乳児における視覚と嗅覚の連合, 日本赤ちゃん学会第11回学術集会, プログラム・要旨集, 50.
    53. 和田有史・Carlos Arce-Lopera・増田知尋・木村 敦・岡嶋克典 (2010). 鮮度をみる -輝度分布が鮮度視知覚に及ぼす影響-, 日本官能評価学会2010年度大会, 日本官能評価学会誌, 15(1), 41.
    54. 増田知尋・木村 敦・後藤祥一・和田有史 (2010). 貫入運動における視覚的な“かたさ”の知覚, 日本官能評価学会2010年度大会, 日本官能評価学会誌, 15 (1), 42.
    55. 鎌田 賢・朴 ソラ・増田知尋・木村 敦・武川直樹・國枝里美・和田有史 (2010). 口腔内の大きさ知覚 -指先での触覚と視覚との比較-, 日本官能評価学会2010年度大会, 日本官能評価学会誌, 15 (1), 54.
    56. 増田知尋・木村敦・和田有史 (2010). 貫入運動中の加速度変化が視覚によるかたさ判断に及ぼす影響, 日本心理学会第74回大会, 日本心理学会第74回大会発表要旨集, 523.
    57. 木村敦・和田有史・増田知尋・檀一平太・岡隆 (2010). 食器が日本人青年の食品ジェンダー・ステレオタイプに及ぼす効果, 日本心理学会第74回大会, 日本心理学会第74回大会発表要旨集, 246.
    58. 神山かおる・和田有史・湯山惠・小松俊夫 (2010). イチゴ保存中の力学特性変化に及ぼすアリルイソチオシアネート製剤(ワサピュア®)の影響, 園芸学会平成22年度秋季大会, 園芸学研究, 9, 別冊2, 315.
    59. 木村敦・和田有史・山本真菜・岡隆 (2010). 遺伝子組換え食品に対するステレオタイプと購買意思との関係, 日本社会心理学会第51回大会, 発表論文集, 320-321.
    60. 増田知尋・木村 敦・和田有史 (2010). Kappa効果における運動方向と重力方向の影響,日本基礎心理学会第29回大会基礎心理学研究, 29 (2), 74.
    61. Yuji Wada, Nobu Shirai, Yumiko Otsuka, So Kanazawa, Masami K Yamaguchi (2009). Visual freezing effect by sound in infants, 10th International Multisensory Research Forum, 293.
    62. Carlos Arce Lopera, Tomohiro Masuda, Yuji Wada, Ippeita Dan, Atsushi Kimura, Katsunori Okajima (2009). Visual cues on food freshness perception: How luminance influences the freshness perception of vegetables, European Conference on Visual Perception 2009, Perception 38 Suppl., 96.
    63. Yuji Wada, Carlos Arce Lopera, Tomohiro Masuda, Ippeita Dan, Atsushi Kimura, Katsunori Okajima (2009). Effect of the luminance distribution on the visual freshness of cabbages, 37th meeting of U.S.-Japan Cooperative Program in Natural Resources 2009.
    64. Carlos Arce Lopera, Tomohiro Masuda, Yuji Wada, Ippeita Dan, Atsushi Kimura, Katsunori Okajima (2009). Luminance distribution effects on the perceived freshness of strawberries, 日本色彩学会視覚情報基礎研究会2009年度第3回研究発表会, 論文集34-37.
    65. 木村敦・和田有史・増田知尋・後藤祥一・續木大介・檀一平太 (2009). ロゴマークの熟知度が色の見えに及ぼす効果, 日本基礎心理学会第28回大会, 基礎心理学研究, 28 (2), 262.
    66. 増田知尋・木村敦・後藤祥一・和田有史 (2009). 視覚的運動による "やわらかさ" の知覚 ―貫入運動における検討, 日本基礎心理学会第28回大会, 基礎心理学研究, 28 (2), 276.
    67. 増田知尋・和田有史・岡本雅子・久徳康史・木村敦・河合崇行・檀一平太・早川文代 (2009). 混合味の強度評定における熟練者の優位性, 日本官能評価学会2009年度大会, 日本官能評価学会誌, 14 (1), 55.
    68. 和田有史・増田知尋・木村敦・曲山幸男・宮ノ下明大・今村太郎・高橋謙太朗・日野明寛 (2009). インタラクティブクイズを用いたリスク・コミュニケーションの効果測定の試み, 日本官能評価学会2009年度大会, 日本官能評価学会誌, 14 (1), 67.
    69. 増田知尋・木村敦・檀一平太・和田有史 (2009). 変形中の加速度変化が事象の知覚に与える影響, 日本心理学会第73回大会発表論文集, 553.
    70. 木村敦・和田有史・鎌田晶子・増田知尋・岡本雅子・續木大介・岡隆・檀一平太 (2009). 情報検索方法がカーボンフットプリント記載食品の評価に及ぼす影響, 日本心理学会第73回大会, 185.
    71. 木村敦・和田有史・大島健太郎・檀一平太・岡隆 (2009). 青年期以前の家庭での食習慣と大学生の伝統食嗜好との関係, 日本社会心理学会50回大会発表論文集, 1042-1043.
    72. 増田知尋・木村敦・後藤祥一・和田有史 (2009). 伸縮運動中の加速度変化による運動印象の変化, 日本視覚学会2009年夏季大会, Vision, 21(3), 205-206.
    73. Carlos Arce-Lopera・増田知尋・木村敦・續木大介・後藤祥一・檀一平太・和田有史・岡嶋克典 (2009). Effects of luminance and color information on the perceived freshness of vegetables, 日本視覚学会2009年冬季大会 , Vision, 21 (1), 67-68.
    74. Yuji Wada, Tomohiro Masuda, Daisuke Tsuzuki, Kaoru Kohyama, Ippeita Dan (2008). Tactile illusion induced by referred thermal sensation, 9th Mutisensory Research Forum, 259.
    75. 和田有史・Arce-Lopera Carlos・増田知尋・木村敦・續木大介・後藤祥一・檀一平太・岡嶋克典 (2008). 視覚による鮮度知覚に光学特性が及ぼす影響, 日本基礎心理学会第27回大会. 基礎心理学研究, 27 (2),193.
    76. 増田知尋・木村敦・後藤祥一・檀一平太・和田有史 (2008). 運動知覚における加速度変化の影響, 日本基礎心理学会第27回大会, 基礎心理学研究, 27 (2),194-195.
    77. 和田有史・白井述・大塚由美子・檀一平太・金沢創・山口真美 (2008). 乳児期の多感覚知覚の発達, 日本官能評価学会2008年度大会日本官能評価学会誌, 13 (1), 55.
    78. 増田知尋・和田有史・岡本雅子・山口由衣・木村敦・河合崇行・檀一平太・早川文代 (2008). NaCl溶液の強度評定における熟練者の優位性 -評定値の確度と精度- , 日本官能評価学会2008年度大会, 日本官能評価学会誌, 13 (1), 56.
    79. Arce-Lopera Carlos・増田知尋・木村敦・Archana K Singh・後藤祥一・續木大介・檀一平太・和田有史・岡嶋克典 (2008). 食材の鮮度知覚に光学画像特性が及ぼす影響, Optics & Photonics Japan 2008, 4aB2.
    80. 檀一平太・岡本雅子・和田有史・山口由衣・續木大介・Lester Clowney (2008). 味の記銘と再認における前頭領域の活動:fNIRS研究, 日本味と匂学会第42回大会, 演題一覧, P001.
    81. 岡本雅子・和田有史・山口由衣・木村敦・檀一平太 (2008). 味知覚における言語情報の影響, 日本味と匂学会第42回大会, 演題一覧, P072.
    82. アルセロペラカルロス・増田知尋・木村敦・後藤祥一・續木大介・檀一平太・和田有史・岡嶋克典 (2008). 野菜の鮮度知覚に画像特性が及ぼす影響, 日本視覚学会2008 年夏季大会, Vision, 20 (3), 168.
    83. 木村敦・和田有史・續木大介・後藤祥一・檀一平太 (2008). 食品ブランドの認知度と記憶色, 日本色彩学会第39回全国大会要旨集, P25 .
    84. Masako Okamoto, Yuji Wada, Daisuke Tsuzuki, Archana Singh, Ippeita Dan (2007). Ventrolateral prefrontal response to taste stimuli, Neuro2007.
    85. Yui Yamaguchi, Ippeita Dan, Yuji Wada, Ken Shiina (2007). Ground is stronger than figure: the perceptual lightness in figure-ground scission patterns, European Conference on Visual Perception 2007, Perception 36 ECVP Abstract Supplement, 84.
    86. Nobu Shirai, Takahiro Kawabe, Yuji Wada, So Kanazawa, Masami K. Yamaguchi, Kayo Miura (2007). Auditory temporal intervals distort infant perception of visual spatial intervals, 8th International Multisensory Research Forum, 119.
    87. Yuji Wada, Nobu Shirai, Yumiko Otsuka, Ippeita Dan, Kaoru Kohyama, Akira Midorikawa, So Kanazawa, Masami K. Yamaguchi (2007). Sound enhances visual detection of illusory contour in infants, 8th International Multisensory Research Forum, 73 .
    88. 和田有史・續木大介・神山かおる・檀一平太 (2007). 硬さの知覚に主観的な温度が及ぼす影響, 日本基礎心理学会第26回大会, 基礎心理学研究, 26 (2),216.
    89. 山口由衣・和田有史・檀一平太 (2007). 食に関するイメージと非言語情報, 日本官能評価学会2007年度大会, 日本官能評価学会誌, 12 (1), 49.
    90. 岡本雅子・檀はるか・アルチャナ シン・早川文代・和田有史・檀一平太 (2007). 味再認中のパネルの脳活動:fNIRS研究, 日本官能評価学会2007年度大会, 日本官能評価学会誌, 12(1), 46.
    91. 木村敦・和田有史・續木大介・檀一平太 (2007). 視覚的テクスチャーが果物の鮮度知覚に及ぼす影響, 日本官能評価学会2007年度大会, 日本官能評価学会誌, 12 (1), 43.
    92. 和田有史・續木大介・神山かおる・檀一平太 (2007). 主観的温度による硬さの錯覚, 日本官能評価学会2007年度大会, 日本官能評価学会誌, 12(1), 42.
    93. 岡本雅子・和田有史・續木大介・シン アチャナ・クロウニー レスター・檀一平太 (2007). 味覚刺激に対する下前頭回の活性:fNIRS研究, 日本味と匂学会第41回大会, 演題一覧, P021.
    94. 山口由衣・和田有史・檀一平太 (2007). 仮現運動を用いた図形の類似と知覚的属性, 日本心理学会第71回大会発表論文集, 503.
    95. 神山かおる・和田有史 (2007). 刻み食は何故食べやすいと感じるのか, 第13回日本摂食・嚥下リハビリテーション学会学術大会プログラム, 68.
    96. 和田有史・白井述・大塚由美子・檀一平太・緑川晶・金沢創・山口真美 (2007). 乳児における音による主観的輪郭の探索の促進, 日本視覚学会2007年夏季大会.
    97. Keiko Omori, Yuji Wada, Yukio Itsukushima, Kaoru Noguchi (2006). The effect of haptic information on vision -using geometrical patterns with and without visual illusion-, 26th International Congress of Applied Psychology, P-1607.
    98. 岡本雅子・松浪万理・檀はるか・木幡知子・和田有史・山口由衣・神山かおる・檀一平太 (2006). fNIRSによる味記銘中の前頭活動計測, 認知神経科学, 8(2), 第11回認知神経科学会学術集会抄録, 142.
    99. 和田有史・續木大介・早川文代・神山かおる (2006). 食品の形態によるみかけの重さの錯覚, 日本心理学会第70回大会発表要旨集, 526.
    100. 木村敦・渡邊伸行・和田有史・山田寛・野口薫・大山正 (2006). 形, 色, 顔面表情における感情次元の安定性: 反応時間を指標として, 日本基礎心理学会大5回大会, 基礎心理学研究, 25(2), 139.
    101. 和田有史・續木大介・小林奈央樹・早川文代・神山かおる (2006). 食品の形態による重量推定の錯覚, 日本官能評価学会2006年大会日本官能評価学会誌, 11(1), 48.
    102. 山口由衣・和田有史・檀一平太 (2006). 手描き図形を用いた印象伝達, 日本官能評価学会2006年大会, 日本官能評価学会誌, 11 (1), 53.
    103. Keiko Omori, Yuji Wada, Noguchi Kaoru (2005). The effect of haptic information on visual illusion when visual and haptic stimuli were presented in the same spatial orientation, Abstracts of International Multisensory Research Forum 6th Annual Meeting, 51.
    104. Yuji Wada, Tomohiro Masuda, Kaoru Noguchi (2005). Temporal illusion called “kappa effect” in event perception, 28th European Conference on Visual Perception, 221.
    105. Tomohiro Masuda, Yuji Wada, Kaoru Noguchi (2005). The role of represented direction of gravity force in time perception: Which is more important, physical or phenomenal direction?, 28th European Conference on Visual Perception, 221.
    106. 増田知尋・和田有史・野口薫 (2005). 時間知覚における重力表象の検討-物理的表象か現象的表象か-, 日本心理学会第69回大会発表要旨集, 566.
    107. 和田有史・増田知尋・野口薫 (2005). Kappa効果における知覚される事象の影響, 日本基礎心理学会第24回大会, 基礎心理学研究, 24, 236.
    108. 大森馨子・和田有史・野口薫・厳島行雄 (2005). 触覚情報が視覚に及ぼす影響-錯視図形における触覚情報の効果との比較検討-, 日本基礎心理学会第24回大会, 基礎心理学研究, 24 (2), 219-220.
    109. Yuji Wada, Keisuke Saito, Keiko Omori, Keiko Okawa, Norimichi Kitagawa, Kaoru Noguchi (2004). The effect of information reliability on audio-visual interaction in temporal perception, International Multisensory Research Forum 5th Annual Meeting, 47.
    110. Keiko Omori, Yuji Wada, Kaoru Noguchi (2004). The effect of haptic information on visual illusion, International Multisensory Research Forum 5th Annual Meeting, 16.
    111. 増田知尋・和田有史・野口薫 (2004). 反復呈示が運動印象に与える影響, Vision, 16, 日本視覚学会2004年夏季大会抄録集, 198.
    112. 和田有史・齋藤慶典・大森馨子・大川敬子・北川智利・野口薫 (2004). 視聴覚による時間知覚における視覚刺激提示位置の影響, Vision, 16, 日本視覚学会2004年夏季大会抄録集, 205.
    113. Atsushi Kimura, Yuji Wada, Kaoru Noguchi (2004). The relationship in affective meaning between form and color, Proceedings of the 28th International Congress of Psychology, 129.
    114. Keiko Omori, Yuji Wada, Noguchi Kaoru (2004). Visuo-Haptic interaction in visual illusion, Proceedings of the 28th International Congress of Psychology, 70.
    115. Kaoru Noguchi, Atsushi Kimura, Yuji Wada (2004). Perception and Aesthetic Preference for Configurations with Multi-Color Combinations, Proceedings of 18th congress of International Association of Empirical Aesthetics 606-610.
    116. 増田知尋・和田有史・野口薫 (2004). 速度の違いが運動印象に及ぼす影響-水平方向に運動する光点群を用いて-, 日本心理学会第68回大会発表論文集, 549.
    117. 大森馨子・和田有史・野口薫 (2004). 湾曲錯視における触覚情報の効果-視覚と触覚による空間定位の一致・不一致について-, 日本基礎心理学会第23回大会, 基礎心理学研究, 23 (2), 230.
    118. 木村敦・和田有史・野口薫 (2004). 形と色の対応性についての実験的検討(2) 一対比較法による検討, 日本基礎心理学会第23回大会, 基礎心理学研究, 23 (2), 221.
    119. 増田知尋・和田有史・野口薫 (2004). 反復呈示の有無による印象の変化, 日本基礎心理学会第23回大会, 基礎心理学研究, 23 (2), 227.
    120. Yuji Wada, Keiko Okawa, Norimichi Kitagawa, Kaoru Noguchi (2003). Audio-Visual interaction in judging direction of change of stimulus frequency, Abstracts of International Multisensory Research Forum 4th Annual Meeting, 11.
    121. Keiko Omori, Yuji Wada, Kaoru Noguchi (2003). Does the way of touching influence visual illusion? –In case of Hering and Wundt figures-, Abstracts of International Multisensory Research Forum 4th Annual Meeting, 27-28.
    122. 石原治・佐々木心彩・遠藤忠・和田有史・内藤佳津雄・長嶋紀一 (2003). 高齢者の記憶の測定課題, 日本認知心理学会第1回大会プログラム, 70-71.
    123. 増田知尋・和田有史・野口薫 (2003). 光点数と移動速度の変化が運動印象に及ぼす影響, 日本心理学会第67回大会発表論文集, 576.
    124. 大川敬子・吉田宏之・和田有史・野口薫 (2003). 視聴覚情報の相互関連―単語を用いたマガーク効果の検討―, 日本心理学会第67回大会発表論文集, 561.
    125. 大森馨子・和田有史・野口薫 (2003). 形の知覚における視覚と触覚の相互作用―湾曲錯視図形を例として―, 日本心理学会第67回大会発表論文集, 567.
    126. 大川敬子・吉田宏之・和田有史・野口薫 (2003). 単語を用いた”読唇課題”におけるマガーク効果の検討, 日本基礎心理学会第22回大会, 基礎心理学研究, 22 (2), 235.
    127. 大森馨子・和田有史・野口薫 (2003). 幾何学的錯視図形における視覚・触覚間相互作用-目と手の動きの一致・不一致が錯視に及ぼす影響-,日本基礎心理学会第22回大会, 基礎心理学研究, 22 (2), 235.
    128. Yuji Wada, Norimichi Kitagawa, Kaoru Noguchi (2002). A change in flicker rate sometimes drives perceived auditory flutter rate –Cross-modal asymmetrical effects in temporal perception-, Abstracts of International Multisensory Research Forum 3rd Annual Meeting, 135.
    129. Yuji Wada, Daisuke Tsuzuki, Hiroshi Yamada, Kaoru Noguchi, Tadasu Oyama (2002). Perceptual attributes determining affective meanings of abstract form drawings, Proceedings of 17th congress of International Association of Empirical Aesthetics, 131-134.
    130. Kaoru Noguchi, Yuji Wada, Daisuke Yoshino, Ingo Rentschler (2002). Aesthetic preference in illusory figures, Aesthetic preference in illusory figures, Proceedings of 17th congress of International Association of Empirical Aesthetics, 117-120.
    131. Tomohiro Masuda, Yuji Wada, Norimichi Kitagawa, Kaoru Noguchi (2002). Perception of dot spreading pattern- Whether auditory loudness change affected impression of “looming” or “expansion”?- , Proceedings of 17th congress of International Association of Empirical Aesthetics, 371-374.
    132. Tomohiro Masuda, Yuji Wada, Norimichi Kitagawa, Kaoru Noguchi (2002). The cross-modality interaction between appearance of random-dot pattern and perceived loudness of auditory stimuli, Perception 31 supplements, Abstracts of 25th European Conference on Visual Perception, 127.
    133. Yuji Wada, Tomohiro Masuda, Norimichi Kitagawa, Kaoru Noguchi (2002). Cross-modal interaction in event perception and temporal perception, Perception 31 supplements, Abstracts of 25th European Conference on Visual Perception, 128.
    134. 和田有史・増田知尋・野口薫 (2002). ランダムドット・パターンの拡散速度の勾配が時間知覚に及ぼす影響, 日本心理学会第66回大会発表論文集, 422.
    135. 大川敬子・和田有史・野口薫 (2002). 輝度が視覚的注意に及ぼす効果, 日本心理学会第66回大会発表論文集, 428.
    136. 増田知尋・和田有史・北川智利・野口薫 (2002). 接近・拡大運動判断におけるloudness変化の影響, 日本心理学会第66回大会発表論文集, 423.
    137. 木村敦・和田有史・野口薫 (2002). 形態・色彩の心理的属性と感情効果についての検討, 日本心理学会第66回大会発表論文集, 453.
    138. 和田有史・増田知尋・野口薫 (2002). 盛永の偏位の矛盾と低空間周波数フィルター仮説との関連, 日本基礎心理学会第21回大会, 基礎心理学研究, 21 (2), 158.
    139. 山口拓人・渡邊伸行・和田有史・山田寛 (2002). 線画表情の時系列的特徴点変異が表情判断に及ぼす影響, 日本基礎心理学会第21回大会, 基礎心理学研究, 21 (2), 157.
    140. 大森馨子・和田有史・野口薫 (2002). かたちの知覚における視覚と触覚の関係, 日本基礎心理学会第21回大会, 基礎心理学研究, 21 (2), 174.
    141. 大川敬子・和田有史・野口薫 (2002). 刺激呈示頻度の弁別課題における視聴覚間相互作用, 日本基礎心理学会第21回大会, 基礎心理学研究, 21 (2), 178.
    142. 増田知尋・和田有史・野口薫 (2002). ドット・パターンを用いた回転・伸縮運動の知覚-パターンの横方向への光学的拡大の場合-, 日本基礎心理学会第21回大会, 基礎心理学研究, 21 (2), 177.
    143. 木村敦・和田有史・野口薫 (2002). 形態と色彩の対応性についての実験的検討, 日本基礎心理学会第21回大会, 基礎心理学研究, 21 (2), 174.
    144. 和田有史・北川智利・野口薫 (2001). 時間知覚における視聴覚間非対称効果, 日本基礎心理学会第20回大会, 基礎心理学研究, 20 (2), 224.
    145. 野口薫・和田有史 (2001). 奥行き方向における運動検出の知覚的方略I, 日本基礎心理学会第20回大会, 基礎心理学研究, 20 (2), 227.
    146. 増田知尋・和田有史・野口薫 (2001). 誘導運動の速度知覚と美的判断, 日本基礎心理学会第20回大会, 基礎心理学研究, 20(1), 226.
    147. 和田有史・嶌田久美・野口薫 (2001). 時程分割が時間の再生と評価におよぼす影響-無記点によるスイッチングモデルの検討-, 日本心理学会第65回大会発表論文集, 133.
    148. 野口薫・和田有史 (2001). 奥行き方向における運動検出の知覚的方略II, 日本心理学会第65回大会発表論文集, 168.
    149. 和田有史・續木大介・野口薫 (2000). Kappa効果は力の表象と呈示時程の加重平均で説明できるか?-ニューラルネットワーク・シミュレーションによる検討-, 日本心理学会第64回大会発表論文集, 549.
    150. 吉野大輔・和田有史・野口薫 (2000). 主観的輪郭・透明視図形の現れ方と美的判断, 基礎心理学研究, 19, 第19回大会発表要旨, 134.
    151. 續木大介・和田有史・山田寛・大山正 (2000). 形態認知の研究 (7) -かたちの感情効果に関する物理次元の検討-日本基礎心理学会第19回大会, 基礎心理学研究, 19 (2), 134.
    152. 和田有史・浅井正昭 (1999). 時間再生課題における無記時程の再検討, 日本心理学会第63回大会発表論文集, 352.
    153. 厳島行雄・和田有史・岡部康成 (1999). 符号化方略と偽りの記憶, 日本心理学会第63回大会発表論文集, 618.
    154. 和田有史・山田寛・大山正 (1999). 形態認知の研究(6)-形態記憶における図形の有意味性の影響-, 日本基礎心理学会第18回大会, 基礎心理学研究, 18 (2), 209.
    155. 和田有史・浅井正昭 (1998). 非時間情報とカウンティング方略が時程の再生におよぼす影響, 日本心理学会第62回大会発表論文集, 628.
    156. 大山正・山田寛・和田有史 (1998). 形態認知の研究 (5) -形態記憶の規定要因-, 日本基礎心理学会第17回大会, 基礎心理学研究, 17 (2), 148-149.
    157. 和田有史 (1997). 時間知覚における意図的な時間分割の効果, 日本心理学会第61回大会発表論文集, 639.
    158. 臼井喜彦・和田有史・渡邊はま・鈴木美香・時田学・山岡淳 (1996). 香りが精神作業中の脳波におよぼす影響, 日本応用心理学会第63回大会発表論文集, 86.

  • 研究会等での発表
    1. 増田知尋・松原和也・和田有史 (2014). 動的な主観的輪郭図形の素材感判断に誘導図形の振り子運動の時間的変化が及ぼす影響, YPS・若手会ジョイントセミナー.
    2. 森数馬・和田有史・岩永誠 (2014). 機械学習を用いた音楽特徴量による時系列の心理生理反応の予測, YPS・若手会ジョイントセミナー.
    3. 森数馬・和田有史・岩永誠 (2014).潜在的意味解析を用いた歌詞内容と涙感の関連性の検討, 第 3 回早稲田大学心理学コース研究発表会.
    4. 増田知尋・和田有史 (2014). 誘導図形の振り子運動の周期変化による主観的な面の素材感変化, 第47回知覚コロキウム.
    5. 作田由衣子・稲田祐奈・和田有史・國枝里美・金沢創・山口真美 (2014). 乳児は匂いの付いた玩具を好むか?:自由探索実験による検討, 第47回知覚コロキウム.
    6. 村越琢磨・増田知尋・小川緑・和田有史 (2013). 分析的思考傾向が食品リスク情報理解を促進する, 第46回知覚コロキウム.
    7. 増田知尋・村越琢磨・木村敦・和田有史 (2013). 貫入運動における視覚による“かたさ”判断と素材感について, 第46回知覚コロキウム.
    8. 稲田祐奈・作田由衣子・和田有史・國枝里美・金沢創・山口真美 (2013). 乳児における視覚と嗅覚の連合の形成, 第4回多感覚研究会.
    9. 和田有史 (2012). 食品の質感視知覚, 第42回千葉視覚研究会.
    10. 増田知尋・村越琢磨・木村敦・和田有史 (2012). 視覚的運動による素材感知覚の検討, 第45回知覚コロキウム.
    11. 稲田祐奈・和田有史・楊嘉楽・國枝里美・増田知尋・木村敦・金沢創・山口真美 (2012). 乳児における視覚と嗅覚の連合の形成とその持続, 第45回知覚コロキウム.
    12. 朴ソラ・増田知尋・村越琢磨・木村敦・小山慎一・日比野治雄・和田有史 (2012). 残留農薬に関する情報デザインの検討. 第6回技術心理学研究会.
    13. 稲田祐奈・和田有史・楊嘉楽・國枝里美・増田知尋・木村敦・金沢創・山口真美 (2012). 乳児における視覚に対する嗅覚の影響, 第3回多感覚研究会.
    14. 伊村知子・和田有史・増田知尋 (2012). チンパンジーにおける食物のテクスチャ知覚, 第3回多感覚研究会.
    15. 木村敦・増田知尋・和田有史 (2012). ブランドロゴの記憶色, 第37回千葉視覚研究会.
    16. 村越琢磨・増田知尋・和田有史 (2011). 魚の鮮度判断に対する輝度分布変数の効果, 第6回技術心理学研究会.
    17. 和田有史・増田知尋・村越琢磨 (2011). 質感視知覚研究を応用した食品視覚品質の数値化に向けて, 第5回技術心理学研究会.
    18. 鎌田賢・朴ソラ・増田知尋・木村敦・武川直樹・國枝里美・和田有史 (2010). 口腔内における物体の大きさ知覚 -指先での触覚、口腔内の触覚、視覚の比較, 第2回多感覚研究会.
    19. 木村敦・増田知尋・和田有史 (2010). 食に関わる消費者心理・行動の計測, 社団法人日本心理学会技術心理学支援・促進研究会第2回研究会.
    20. 和田有史・増田知尋・木村敦・早川文代 (2010). 味覚の熟練度を測る -真度と精度を用いて, 社団法人日本心理学会技術心理学支援・促進研究会第2回研究会.
    21. 和田有史・増田知尋・岡本雅子・久徳康史・木村敦・河合崇行・檀一平太・早川文代・小早川達 (2010). 味溶液の強度のエキスパート知覚, 第43回知覚コロキウム.
    22. 増田知尋・木村敦・後藤祥一・和田有史 (2010). 視覚的運動による材質のかたさの知覚, 第43回知覚コロキウム.
    23. 和田有史 (2009). The other side of Food perception, 第16回 社団法人日本心理学会 食発達研究会.
    24. 和田有史・神山かおる・檀一平太・續木大介 (2009). 温度錯覚が硬さの知覚に影響を与える, 第一回多感覚研究会.
    25. 増田知尋・木村敦・後藤祥一・檀一平太・和田有史 (2009). 伸縮運動の加速度変化が運動印象に及ぼす影響, 第42回知覚コロキウム.
    26. 和田有史・Arce-Lopera Carlos・増田知尋・木村敦・續木大介・後藤祥一・檀一平太・岡嶋克典 (2009). 光学的変化が鮮度視知覚に及ぼす影響-キャベツとイチゴの場合-, 第42回知覚コロキウム.
    27. 和田有史 (2009). 食の実験心理学, 第5回 関西若手実験心理学研究会.
    28. 和田有史・木村敦・續木大介・檀一平太・岡嶋克典 (2008). 野菜の鮮度知覚と表面反射光の関係, 第41回知覚コロキウム.
    29. 和田有史・神山かおる (2007). 温度感覚と硬さ知覚の相互作用, 第40回知覚コロキウム
    30. 和田有史, 岡本雅子, 檀はるか, 檀一平太, 神山かおる (2006). 温度感覚と触覚の相互作用, 第39回知覚コロキアム.
    31. 和田有史・野口薫 (2004). かたちと意味, 第32回Young Perceptionists’ Seminar.
    32. 和田有史 (2004). 時間知覚における多感覚相互作用 (2004年8月), 多摩知覚研究会.
    33. 和田有史 (2003). 感覚間情報統合におけるModality AppropriatenessとFlexible Weighting, 第31回Young Perceptionists’ Seminar.
    34. 和田有史・北川智利・野口薫 (2002). 時間知覚における視聴覚間相互作用 -モダリティ適切性仮説 VS 情報信頼性仮説-, 第35回知覚コロキウム.
    35. 和田有史 (2002). 時間知覚と事象知覚 -Kappa (S) 効果を中心として-, 多摩知覚研究会.
    36. 和田有史 (2002). 時間的知覚判断における視聴覚間相互作用, 第21回知覚研究会.
    37. 北川智利・和田有史 (2002). Multisensory研究のこのごろ The 3rd Annual Meeting of IMRFの報告, 第21回知覚研究会.
    38. 和田有史 (2001). 時空間文脈が時間知覚に及ぼす影響 –実験心理学からのアプローチ-, 人間工学会感性情報・官能評価部会2001年第3回例会.
    39. 和田有史・野口薫 (2000). “物理的な力の表象”は時間知覚に影響するか? S効果における重みづけモデルの検証, 第33回知覚コロキウム.
    40. 和田有史・野口薫 (2000). ヒトは坂を転がるボールをどう知覚するのか?-事象知覚の出力としての時間再生-, 第14回知覚研究会・第5回日本アニメーション学会心理研究部会合同研究会.
    41. 和田有史 (1999). 時間再生の認知過程に関する実験的研究, 第2回知覚研究会.

  • 記事など
    1. 和田有史 (2015). 特集「味覚と食」五感すべてがかかわる-味わいの世界, 東芝オンラインマガジン「ゑれきてる」.
    2. 熊田孝恒・和田有史・武田裕司 (2013). 特集「基礎心理学の実用、応用展開」の企画にあたって, 基礎心理学研究, 32(1), 1.
    3. 和田有史 (2013). 食品総合研究所での心理学研究, 基礎心理学研究, 32(1), 156-158.
    4. 和田有史 (2013). 梅干とかレモンをみたら、どうして食べてないのに、酸っぱくなるの?, 日本の学童ほいく, 455, 37.

  • 受賞暦
    1. 日本官能評価学会優秀発表賞 (2015)
    2. 第6回錯視コンテスト入賞 (2014)
    3. 日本官能評価学会優秀発表賞 (2014)
    4. 日本視覚学会鵜飼論文賞 (2014)
    5. 日本官能評価学会優秀発表賞 (2012)
    6. 第3回錯視コンテスト入賞 (2011)
    7. 日本官能評価学会口頭発表優秀賞 (2011)
    8. 日本官能評価学会口頭発表優秀賞 (2010)
    9. 日本基礎心理学会優秀発表賞(2007)
    10. 日本基礎心理学会優秀発表賞(2005)
    11. 日本基礎心理学会優秀発表賞(1999)

  • 主な所属学会・役職
  • 2014年12月-現在: 日本基礎心理学会 理事
  • 2013年12月-現在: 日本基礎心理学会 若手研究者特別委員会 委員長
  • 2013年 4月-現在: 電子情報通信学会 ヒューマン情報処理研究会 専門委員
  • 2013年 1月-現在: Appetite (食の行動科学の国際学術雑誌) Advisory Editor
  • 2012年 3月-2014年12月: 日本基礎心理学会  基礎心理学研究 編集委員
  • 2011年10月-2012年 3月: 農林水産省6次産業化 促進技術対策事業 専門部会委員
  • 2011年 4月-現在: 日本官能評価学会 常任理事
  • 2011年 4月-現在: 電子情報通信学会 食メディア研究会 専門委員
  • 2010年 2月-2012年12月: 日本官能評価学会 日本官能評価学会誌 編集委員
  • 2009年 4月-2013年 3月: 電子情報通信学会 ヒューマン情報処理研究会 幹事補佐
  • 2008年12月-2013年 1月: Appetite (食の行動科学の国際学術雑誌) Executive Editor

  • 競争的資金の獲得状況
    1. 科学研究費補助金 (新学術領域研究(研究領域提案型)):新奇食品に対する感性的質感認知の解明 -食用昆虫を例として-: (代表) 2016-17年度.
    2. 農林水産省 委託研究費:国産農産物の輸出先における嗜好性の予測技術の開発: 2014-17年度.
    3. 科学研究費補助金 基盤研究 (A) 嗅覚による味覚変化の時間特性の解明:実験心理学・脳機能計測・動物行動学の統合研究 (代表) 2014-16年度.
    4. 科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究 デジタルカメラ画像を用いた簡易的な食品品質分析法の開発 (代表) 2014-16年度.
    5. 科学研究費補助金 新学術領域研究(研究領域提案型)公募研究 食品における多次元的質感視知覚の解明 (代表) 2013-14年度.
    6. 科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究 感性指標と分光分析法融合した食品鮮度評価法の開発 (分担) 2012-13年度.
    7. 厚生労働科研費 食品の安心・安全確保推進研究事業 心理学と情報工学を利用した食品リスク情報コミュニケーションツールとその評価手法の開発 (代表) 2012-13年度.
    8. 科学研究費補助金 若手研究(B) 口腔内の多感覚による大きさ知覚 (代表) 2011-12年度.
    9. 科学研究費補助金 基盤研究(B) 医と食における安全・安心を目指す情報ユニバーサルデザインの創成 (分担)  2010-12年度.
    10. 科学研究費補助金 基盤研究(B) 食品リスク情報への消費者態度に関する実験社会心理学的研究 (分担)  2009-11年度.
    11. 厚生労働科研費 食品の安心・安全確保推進研究事業 特定集団を含めたリスクコミュニケーションの媒体(教材)とプログラム開発と普及に関する研究 (分担) 2009-11年度.
    12. 厚生労働科研費 食品の安心・安全確保推進研究事業 対象別の適切な食品安全情報の教材と食品安全ナビゲイター人材養成プログラムの開発に関する研究 (分担)  2008-10年度.
    13. 科学研究費補助金 若手研究(B) 食品認知における錯視現象 (代表) 2008-09年度.
    14. 生物系特定産業技術研究支援センター 新技術・新分野創出のための基礎研究推進事業 脳機能モニタリングを活用した高度食味プロファイリングシステムの構築 (分担)  2007-09年度.
    15. 科学研究費補助金 基盤研究(B)  操作感の解明:実験心理学・脳機能画像解析・情報科学の融合研究 (分担)  2006-09年度.
    16. 科学研究費補助金 基盤研究(B) 実験心理学における古典的実験機器のアーカイブ化とその活用 (分担)  2006-08年度.
    17. 科学研究費補助金 基盤研究(C) 色-形の知覚と美的判断-実験現象学と実験美学の統合をめざして- (分担)  2003-04年度.

  • トップへ




  • 元メンバー
  •   松田 佐保
  •   井上 紗奈
  •   森 数馬
  •   内海 建
  • 木村 敦
  •   小室 さゆみ
  •   本田 秀仁
  •   村越 琢磨
  •   小川 緑
  •   朴 ソラ
  •   小栗 菊栄
  •   續木 大介
  •   鎌田 賢
  •   桑名 輝
  •   村田 佳代子
  •   中村 由美子
  •   後藤 祥一
  •   高橋 謙太朗
  • トップへ