【豆知識】
縮小 標準 拡大
食品害虫サイト
サイトについて(トップページ)

調べる

この虫何?
図鑑
形態で探す
名前で探す
食品で探す
写真一覧から探す
防除方法・殺虫方法
健康被害

詳しく知りたい方へ

用語集
論文
論文以外の文献
リンク

その他

ニュースとコラム
クイズ
よくある質問

Video集
アクセスランキング



コラム

2015.3.4 宮ノ下明大
コクゾウムシの方言について

最近『昆虫名方言事典』を買いました。早速、コクゾウムシを調べると、日本各地から20種類以上の方言が記録されていました(表)。方言には、人間の目線でコクゾウムシの特徴が表現されています。その特徴に注目しながら、私なりに解説したいと思います。

日本各地にみられるコクゾウムシの方言


玄米から脱出したコクゾウムシ成虫細長い角のようだが実は口つのむしに見える?
①角(つの):かく、つのたかむし、つのむし
成虫の形態で目立つのは、ゾウの鼻のように見える口です(先端の顎でお米をかじります)。これは角ではありません。しかし、昆虫学の知識がなければ、カブトムシと同じような角に見えると思います。コクゾウムシが発生した状態を、「米びつの中に小さなカブトムシがいる」と表現した例を知っています。

②色:くろむし(黒虫)
成虫の体色を、そのまま表現したと思われます。コクゾウムシは茶褐色や黒褐色をしていますが、羽化したばかりの成虫は、赤褐色でまるで別の種類に見えます。それが4日程で黒くなるのです。

コクゾウムシ成虫は3mm程度ゴマに見える?
③大きさと色:ごまむし(胡麻虫)
小さくて黒いゴマのような虫ということでしょう。その体長は3~5mmですから、ゴマと同じか少し大きいです。 米粒内で発育するコクゾウムシは、米の大きさ以上には大きくなれない物理的な制約があります。この制約がなくなると、少し大きな成虫になります。たとえば、ドングリで発育したコクゾウムシは、コメに比べると大きくなります。


④食害穀物:こめつき、こめむし、よなむし(米虫)、せんごくむし(千石虫)、むぎむし
コメやムギの害虫ですから、これらは害虫の呼び名として自然だと思います。「せんごくむし」は、千石虫と書きます。米を千石を積める大型の和船を千石船といい、江戸時代この船にはコクゾウムシが多くいて、被害を受けたことに由来するそうです。

⑤食痕:ほり(堀)
「ほり」は、魚が産卵するために川底につくる小さな窪みを意味します。成虫のコメ粒への食痕は、確かに窪みに見えます。「米に堀をつくる虫」の意味なのでしょう。


コクゾウムシ幼虫は米粒内部を食べる幼虫の脚は退化している、ウジに見える?
⑥幼虫のかたち:おながじ(尾長蛆)
これまでの方言は、成虫の特徴に注目したものでした。幼虫に対して方言があるとは私には驚きでした。幼虫はコメの穀粒内で発育し、通常は人目に触れることはないからです。 「おながじ」は、尾長蛆と書きます。尾が長いウジのことで、ハエやアブの幼虫の方言でもあります。この方言が転用されたのでしょう。コクゾウムシの幼虫は、脚が退化しているので、ウジに見えなくはありません。現代でも昆虫の白い幼虫は、種類に関係なくウジと呼ばれますので、蛆という表現も不思議ではないのです。

⑦不明:うぞ、げじげじ、さんきち(三吉)、ずみ、つみ、よのじ
残念ながらこれら方言の由来はわかりません。


これだけ多様な方言をもつ貯穀害虫は、他には見あたりません。コクゾウムシは、とても身近で重要な害虫だった証拠でもあります。


 
参考文献
  • 阿部光典(2013)『昆虫名方言事典』、サイエンティスト社、197頁


 
関連情報