【豆知識】
縮小 標準 拡大
食品害虫サイト
サイトについて(トップページ)

調べる

この虫何?
図鑑
形態で探す
名前で探す
食品で探す
写真一覧から探す
防除方法・殺虫方法
健康被害

詳しく知りたい方へ

用語集
論文
論文以外の文献
リンク

その他

ニュースとコラム
クイズ
よくある質問

Video集
アクセスランキング



コラム

2015.10.30 宮ノ下明大
ノシメマダラメイガの冬の過ごし方

冬は虫の気配が薄れる季節です。主に冬に活動する昆虫もいますが、多くは休眠(越冬)して寒い時期を動かずに過ごしているからです。
2009年9月26日、自宅マンションに1匹のノシメマダラメイガの成虫が飛び込んできました。私は成虫を捕らえ、玄米入りの容器に移して、研究室の机の上で観察を始めました。


コーヒーが美味しいなあ

成虫が死亡して22日後に、玄米を調べると77匹の幼虫が見つかりました。捕らえた成虫は雌で、玄米に産卵したのです。幼虫を新しい玄米に移し、冬に向けてそのまま観察を続けました。11月19日から12月末までに19匹の成虫が羽化しました(ピークは11/24~28)。次に成虫が羽化したのは、約3ヶ月後の翌年の4月9日で、6月上旬までに45匹が羽化しました(ピークは5/14~18)(宮ノ下・今村,2010)。

2009年9月26日に採集した成虫の次世代の羽化経過(室内環境)


休眠中の幼虫は玄米に潜り、体の周りに薄い繭を作って、全く動くことはありませんでした。
9月下旬の成虫の産んだ卵からかえった幼虫は、休眠せず年内に成虫になるものと、休眠して翌年に成虫になるものがいること、そして、家屋内でも幼虫は休眠して翌年羽化することがわかりました。


玄米の隙間に潜って繭の中で休眠
室内で25℃の長日条件(例えば16時間明期、8時間暗期)で飼育すると、ノシメマダラメイガ休眠せずに成虫になります。過去の研究によれば、幼虫が短日条件(明期13時間以下)と低温(20℃以下)を経験すると休眠が促進されます。休眠するのは、蛹になる前の幼虫(終齢幼虫)です。低温(10~20℃)を長時間経験すると、休眠が解除されます。



今回の場合は、室内環境で、昼間は24~26℃ですが10月に入ると短日条件、暖房を停止した夜間は20℃以下となり、終齢まで発育した幼虫は休眠したのでしょう。一部の幼虫は休眠せずに成虫になったと思われます。12月以降、夜間に長時間の低温を経験した結果、翌年に幼虫の休眠が解除され,成虫が羽化しました。もし、野外環境なら気温が低いため発育が遅れ、年内に成虫になれる個体はほとんどいないと思われます。


冬は寝て過ごします



実際に屋外に性フェロモントラップを設置すると、関東地方では少数ですが11月までは成虫が捕獲されます(宮ノ下・佐野,2014)。このときの成虫が卵を産んだとしても、孵った幼虫は低温に耐えられず死んでしまうでしょう。



 
参考文献


 
関連情報