【豆知識】

貯穀害虫・天敵図鑑

オビヒメカツオブシムシ

和名

オビヒメカツオブシムシ [カツオブシムシ科]

英名

学名

Attagenus fasciatus (Thunberg) [Dermestidae]

分布

世界共通種。日本では沖縄のみ。

形態

【幼虫】茶褐色で長毛を密生する。
【成虫】背面は黒褐色で、黄赤色の横帯がある。体長3-5mm。

加害する食品

乾燥食品。

生態

成虫・幼虫ともに乾燥食品を加害する。

防除方法

工場、倉庫の清掃をよくし、こぼれた食品をそのまま放置しない。

画像

オビヒメカツオブシムシ
オビヒメカツオブシムシ
【上にもどる↑】 

関連情報

【上にもどる↑】 

更新日:2019年02月19日