【豆知識】

貯穀害虫・天敵図鑑

ワタミヒゲナガゾウムシ

和名

ワタミヒゲナガゾウムシ [ヒゲナガゾウムシ科]

英名

coffee bean weevil

学名

Araecerus coffeae (Fabricius) [Anthribidae]

分布

日本を含むほぼ世界共通種。

形態

【幼虫】白いウジ状。
【成虫】体は灰褐色から黒褐色の微毛をまだら状に密生する。体長2.5-4.5mm。

加害する食品

世界的には綿の実やコーヒーの大害虫。日本では乾燥芋、乾燥油粕等に加害する。

生態

乾燥芋の場合、成虫が芋に直接産卵し、孵化した幼虫はその中で発育、蛹化の後、成虫になって芋から脱出してくる。

防除方法

乾燥食品は密閉容器に保管し、こぼれた食品は掃除機などで吸い取っておく。

備考

別名:綿実鬚長象虫。

画像

写真募集中

【上にもどる↑】 

関連情報

【上にもどる↑】 

更新日:2019年02月19日