【豆知識】

貯穀害虫・天敵図鑑

コナナガシンクイムシ

和名

コナナガシンクイムシ [ナガシンクイムシ科]

英名

lesser grain borer

学名

Rhyzopertha dominica (Fabricius) [Bostrichidae]

分布

日本を含む世界共通種。

形態

【幼虫】
【成虫】筒状で、茶褐色。体長2-3mm。

加害する食品

米、麦等のイネ科穀物。コクゾウムシ類と並ぶ大害虫。

生態

穀物の表面に産みつけられた卵から孵化した幼虫が穀物内に食入し、穀物内で成虫まで生育する。成虫も強烈な大アゴで穀物を破壊する。

防除方法

清掃をよくし、こぼれた米粒などを放置しない。

備考

別名:粉長蠧虫、ながしんくい。

画像

コナナガシンクイムシ
コナナガシンクイムシ
【上にもどる↑】 

関連情報

【上にもどる↑】 

更新日:2018年7月27日