【豆知識】

貯穀害虫・天敵図鑑

スジコナマダラメイガ

和名

スジコナマダラメイガ [メイガ科]

英名

Mediterranean flour moth

学名

Ephestia kuehniella Zeller [Pyralidae]

分布

日本を含む世界各国。冷涼な気候を好む。

形態

【幼虫】老齢幼虫の体長は18mm内外。頭部は褐色、胴部は赤みを帯びた乳白色。
【成虫】体長10-15mm。翅を広げると21mm内外。前翅は灰色で、基部側がジグザグの濃い色の帯状紋がある。

加害する食品

主に穀物の粉。

生態

製粉、精米、精麦、飼料工場などで普遍的に見られる。パイプラインのつなぎ目や機械の裏と言った粉ゴミのたまりやすいところで発生する。

防除方法

こまめに清掃し、餌となる食品の粉などを出来るだけ取り除く。

備考

Anagasta属として扱われる場合もある。スジコナマダラメイガ(条粉斑螟蛾)はスジがあり粉につくマダラメイガの意。

画像

スジコナマダラメイガ
スジコナマダラメイガ
【上にもどる↑】 

関連情報

【上にもどる↑】 

更新日:2018年7月27日