【豆知識】

貯穀害虫・天敵図鑑

フタオビツヤゴミムシダマシ

和名

フタオビツヤゴミムシダマシ [ゴミムシダマシ科]

英名

waste grain beetle, twobanded fungus beetle

学名

Alphitophagus bifasciatus (Say) [Tenebrionidae]

分布

日本を含む世界共通種

形態

【幼虫】円筒形で細長い。
【成虫】体長2.5-3mm。黒褐色の翅鞘上に横帯状の黄斑を2本有する。

加害する食品

穀類の粉

生態

製粉工場の床面の変質粉の中に多い。

防除方法

工場、倉庫の清掃をよくし、こぼれた粉粒などをそのまま放置しない。工場、倉庫内の板や袋の下などに生息していることが多いので、そうしたものを長期間放置しない。

画像

フタオビツヤゴミムシダマシ
フタオビツヤゴミムシダマシ
【上にもどる↑】 

関連情報

【上にもどる↑】 

更新日:2019年02月19日