【豆知識】

貯穀害虫・天敵図鑑

ケブカサシガメ

和名

ケブカサシガメ [サシガメ科]

英名

学名

Peregrinator biannulipes (Montrouzier & Signoret) [Reduviidae]

分布

沖縄を含む熱帯、亜熱帯圏。

形態

【幼虫】薄い茶褐色で長毛を密生し、体に穀類の滓等を付着させる。
【成虫】背面は黒褐色で、幼虫と同じく体に穀類の滓等を付着させる。体長6-7mm。

捕食対象

ゴミムシダマシ類やガ類の幼虫を食する天敵。

生態

成虫・幼虫ともに動作は俊敏で、背中に背負った穀類の滓によってカモフラージュされている。

備考

天敵:捕食性カメムシ

画像

ケブカサシガメ
ケブカサシガメ
【上にもどる↑】 

関連情報

【上にもどる↑】 

更新日:2019年02月01日