【豆知識】

貯穀害虫・天敵図鑑

カシミールコクヌストモドキ

和名

カシミールコクヌストモドキ [ゴミムシダマシ科]

英名

Kashmir flour beetle

学名

Tribolium freemani Hinton [Tenebrionidae]

分布

インド(カシミール地方)、中国、日本

形態

【幼虫】円筒形で細長い。
【成虫】体長5mm前後。コクヌストモドキ、ヒラタコクヌストモドキに比べて大型。成虫は茶褐色で光沢を有する。

加害する食品

穀類の粉

生態

日本では蚕糸工場などで局所的に発見されている。

防除方法

倉庫の清掃をよくし、こぼれた粉粒などをそのまま放置しない。

備考

1890年代にカシミールで採集されたただ1頭の雌によって記載されたものの追加記録の情報はなかったが、80年あまりを経て1978年に日本で再発見された。

画像

カシミールコクヌストモドキ
カシミールコクヌストモドキ
左:カシミールコクヌストモドキ、右:コクヌストモドキ
左:カシミールコクヌストモドキ
右:コクヌストモドキ
【上にもどる↑】 

関連情報

【上にもどる↑】 

更新日:2019年02月01日