家畜衛生研修会(病性鑑定病理部門):1988年

1988 1 石津協蔵 山口 新生子牛の大脳の奇形
1988 2 渡辺一博 山形 新生子牛のグラム陰性菌による化膿性髄膜脳炎
1988 3 大石弘司 動薬検 犬のジステンパ−脳炎
1988 4 横山亮一 宮城 豚の脳幹部における対称性脱髄
1988 5 伊藤英雄 三重 子牛の脳幹部における神経細胞の虎斑融解
1988 6 向井寿輔 福井 牛の大脳皮質壊死症
1988 7 滑川祐司 茨城 豚の脊髄の軟化巣
1988 8 田林宏一 岡山 子豚の小脳白質における小空胞形成
1988 9 海治修二郎 高知 子牛の大脳皮質神経細胞の乏血性変性と包膜下に顕著な出血を伴ったネフロ−ゼ
1988 10 青木 稔 神奈川 豚の好酸性核内封入体を伴う腎髄質における小壊死
1988 11 内田正起 愛知 肉牛にみられた慢性化膿性腎周囲脂肪織炎
1988 12 多久和 正 島根 牛の細動脈硬化症
1988 13 太田俊明 長野 子牛の好酸性細胞質封入体を伴った合胞体形成性気管支肺炎(牛RSウイルス肺炎)
1988 14 恒吉 守 宮崎 子牛の肺における線維増生を伴った肝蛭子虫による虫道病変
1988 15 糸井 浩 群馬 子豚における核内封入体のみられた間質性肺炎
1988 16 宇野健治 滋賀 子牛における胸線の病的退縮とアスペルギルスによる肉芽腫性肺炎
1988 17 荻野博明 新潟 牛の流産胎児における肝臓の多発性巣状壊死と胸腺炎
1988 18 古賀俊伸 動検 牛の肝臓の巣状壊死とグリソン鞘における好酸球浸潤
1988 19 加藤昌克 北海道 牛の肝臓における動脈全層炎と多発性巣状壊死
1988 20 小前博文 石川 豚における巨細胞およびトキソプラズマ虫体を伴う肝臓の多発性巣状壊死
1988 21 佐々木英知 青森 ガチョウ ガチョウの肝臓の多発性巣状壊死
1988 22 富下義文 福岡 牛の肝線維症
1988 23 千葉好夫 沖縄 牛の化膿性第三胃炎および第四胃粘膜の不全壊死
1988 24 牧野田勝志 鹿児島 牛における石灰沈着を伴った食道筋層の変性・壊死
1988 25 野間 進 兵庫 牛の食道における膿瘍形成と軽度の筋線維の硝子様変性
1988 26 岩渕 功 千葉 子牛の血栓栓塞性化膿性空腸炎
1988 27 清宮幸男 岩手 牛の接合菌症
1988 28 渡辺史郎 広島 子牛の原虫寄生を伴ったカタル性大腸炎
1988 29 新城建一 東京 子牛の肉芽増生を伴った化膿性臍静脈炎
1988 30 柴田昌利 静岡 子牛にみられた表皮およびその付属器官の萎縮
1988 31 山崎仁之 富山 牛の大腿骨における骨端軟骨異形成
1988 32 矢野雅之 栃木 牛の胎児性脂肪腫
1988 33 鴻巣 泰 埼玉 牛の漿液様物を認めた脂肪腫
1988 34 松田 勇 奈良 牛の大網にみられた転移性腺癌
1988 35 須田 敏 福島 牛の第一胃における好酸球浸潤を伴う偽上皮腫様過形成
1988 36 大西克彦 徳島 牛の膠芽腫
1988 37 林 正紘 大阪 鶏の卵管靭帯における平滑筋腫