家畜衛生研修会(病性鑑定病理部門):2006年

2006 1 和田千雅 愛知 牛の側頭骨岩様部の炎症性骨膜性増殖を伴った化膿性肉芽腫性中耳炎
2006 2 岡田綾子 鳥取 鶏の大腿骨骨端軟骨における肥厚帯の肥厚
2006 3 加地雅也 熊本 鶏の腓腹筋腱,腱鞘におけるマクロファージ浸潤
2006 4 高橋真紀 岩手 牛の潰瘍形成を伴う鼻鏡の層状び爛
2006 5 矢野敦史 香川 鶏の頬部皮下にみられたPasteurella gallinarum およびEnterococcus faecium による化膿性肉芽腫
2006 6 津波 修 沖縄 牛の壊死性血管炎がみられた大脳皮質壊死
2006 7 庄山剛史 三重 豚の大腸菌による化膿性側脳室炎・髄膜炎
2006 8 亀山 衛 兵庫 イノブタ イノブタの大脳における脳水腫および血管周囲の好酸性滴状物を伴う血管のフィブリノイド変性
2006 9 及川俊徳 宮城 神経細胞体内にポリグルコサン小体を多数認めた牛の間脳
2006 10 油井 武 埼玉 豚の小動脈平滑筋細胞の壊死を伴う視床に限局した壊死
2006 11 野口浩和 和歌山 牛の小脳ヘルニア
2006 12 平井伸明 岡山 牛の腰髄における急性壊死性灰白質脊髄炎
2006 13 中村 博 東京 ドバト ハトのTetrameres fissispina の寄生による漿液カタル性腺胃炎
2006 14 水野恵子 岐阜 牛の牛ウイルス性下痢ウイルス(BVDV)によるパイエル板部粘膜に主座する陰窩ヘルニアと血管変性の顕著なカタル性壊死性回腸炎
2006 15 中谷英嗣 山口 牛の血管内皮細胞にアデノウイルス性核内封入体を伴う出血性壊死性腸炎
2006 16 芳川恵一 長野 子牛の毒素原性大腸菌による血栓形成を伴う線維素性膿性カタル性腸炎
2006 17 小川秀治 秋田 豚のLawsonia intracellularis による増殖性腸炎
2006 18 松尾綾子 神奈川 鶏の空腸および回腸のコクシジウムによるカタル性腸炎
2006 19 水戸部俊治 山形 豚の大型らせん菌を認めた粘液カタル性壊死性結腸炎
2006 20 赤上正貴 茨城 ハクチョウ オオハクチョウにみられた鳥類住血吸虫による大腸の閉塞性静脈内膜炎
2006 21 後藤介俊 鹿児島 豚サーコウイルス2型(PCV2)による豚のび漫性の肝細胞の壊死・消失
2006 22 石本明宏 滋賀 鶏の肝臓に見られたClostridium 感染による多発性巣状壊死
2006 23 松本浩二 静岡 鶏の肝臓にみられた重度び漫性リンパ球様細胞浸潤
2006 24 関口美香 大阪 アヒル アヒルの肝臓のアミロイド沈着
2006 25 池永直浩 山梨 牛ウイルス性下痢ウイルス(BVDV)遺伝子が検出された子牛のリンパ球性膵炎
2006 26 大西克彦 徳島 牛の間質性腎炎と尿円柱(シュウ酸塩結晶を含む)を伴う腎異形成
2006 27 小島浩一 栃木 豚の好酸球浸潤を伴う腎間質の顕著な膠原線維増生
2006 28 樋口明宏 群馬 ハクチョウ ハクチョウの腎尿細管上皮細胞における鉛封入体形成
2006 29 川畑正寿 青森 馬鼻肺炎ウイルス1型による上皮細胞に好酸性核内封入体を伴う漿液性肺炎
2006 30 藤田敦子 広島 Arcanobacterium pyogenes による牛流産胎子の膿性カタル性肺炎
2006 31 安藤通花 愛媛 牛のバチルス様細菌による膿性カタル性気管支肺炎
2006 32 鎌田博志 宮崎 Nocardia farcinica による牛死産胎子の壊死性肉芽腫性肺炎
2006 33 西村麻紀 京都 牛の腐敗甘藷中毒を疑う急性間質性肺炎
2006 34 中田昌和 石川 Eisenmenger症候群の牛にみられた二次性の肺高血圧症
2006 35 相田洋介 千葉 豚流産胎子のオーエスキー病ウイルスによる核内封入体を伴う肺の多発性巣状壊死
2006 36 稲垣達也 富山 豚サーコウイルス2型(PCV2)による豚の間質性肺炎
2006 37 佐藤 亘 大分 一部に膿性カタル性気管支肺炎を伴う豚の間質性肺炎
2006 38 東 智子 島根 牛の胸腔内における異所性肺様組織
2006 39 大津尚子 福岡 牛の器質化を伴うHistophilus somni による心臓の多発性膿瘍
2006 40 武田佳絵 福井 牛の心筋の梗塞性の急性壊死
2006 41 稲見健司 福島 牛の心筋の線維化
2006 42 山口雅紀 北海道 エゾシカ エゾシカの出血および線維芽細胞の増殖を伴う心筋壊死
2006 43 村山修吾 新潟 牛のArcanobacterium pyogenes およびPrevotella melaninogenica による下垂体膿瘍
2006 44 酒井賀彦 高知 山羊 山羊のび漫性実質性甲状腺腫