リフトバレー熱蚊のコントロールが重要

  • 鹿
  • めん羊・山羊
  • その他・家きん
  • 蜜蜂
  • その他・家畜

家畜
伝染病

牛、水牛、鹿、めん羊、山羊

特徴

リフトバレー熱リフトバレー熱は、急性のウイルス性感染症で、わが国では牛、水牛、めん羊、山羊、鹿の法定伝染病に指定されている。また、家畜だけでなく人にも感染する人獣共通感染症である。本病は主にアフリカで散発的に発生が報告されており、わが国では発生がない。ヤブカ属とイエカ属の蚊によって媒介され、ウイルスを保有する蚊に刺されたり、感染動物の体液に接触したりすることで伝播する。

家畜では羊の感受性が比較的高く、羊の成獣では死亡率70%、子羊では死亡率100%に達することもある。また牛においても、幼若な個体ほど感受性が高い。成獣では、発熱、リンパ節炎、鼻汁、目やに、血便を伴う下痢、嘔吐などの臨床症状がみられるほか、妊娠動物に感染すると流産がおこる。人では、インフルエンザ様の症状を示すが一般的に症状は軽いとされる。流産の多発や幼獣の死亡率上昇に加えて農場関係者におけるインフルエンザ様症状の発現があった場合には、本病を疑う必要がある。


対策

有効な治療法はなく、流行地域では家畜に対する予防ワクチンの接種が行われることもある。生活圏や農場周辺の滞留水を排除するなどして、蚊の繁殖を防ぐ取り組みが公衆衛生上の観点からも重要である。現時点では本病の日本への侵入リスクはそれほど高くないと考えられるが、今後、気候変動により高温多雨な地域が拡大した場合、海外からの本病の侵入も否定できない。

[写真:リフトバレー熱によるめん羊の流産
出典: Food and Agriculture Organization of the United Nations, 2003, Davies et al., FAO Animal Health Manual No.17 “Recognizing Rift Valley Fever”, http://www.fao.org/docrep/006/y4611e/y4611e00.HTM. (許可を得て転載) ]

(動物衛生研究部門 村井清和)

参考情報

・家畜の監視伝染病 リフトバレー熱


情報公開日:2016年9月14日

© Copyrights 2014 National Institute of Animal Health All Rights Reserved.