アナプラズマ病輸入牛の飼育時に注意

  • 鹿
  • めん羊・山羊
  • その他・家きん
  • 蜜蜂
  • その他・家畜

家畜
伝染病

牛、水牛、鹿

特徴

アナプラズマ病赤血球内に寄生する細菌、アナプラズマ・マージナーレの感染によって起こる家畜の法定伝染病である。オウシマダニの吸血によって媒介されるため、このダニが分布する東南アジア、オーストラリア、中近東、アフリカ、中南米諸国や米国に発生がある。現在わが国には発生がない。

一方、国内にはアナプラズマ・セントラーレが広く分布している。アナプラズマ・セントラーレは牛に感染しても通常は病原性を示さないので、家畜伝染病予防法の監視伝染病病原体に指定されていない。アナプラズマ・セントラーレの媒介者は明らかではない。

アナプラズマ・マージナーレに感染した牛は2~5週間で発熱、貧血、黄疸を起こし、重症の場合は死亡する。回復した場合でも菌を生涯にわたり保有する。

沖縄県ではかつて本病が常在していたが、オウシマダニの撲滅により発生が終息した。2007、2008年に高齢牛各1頭の発病が認められたが、これらはオウシマダニ撲滅以前にアナプラズマ・マージナーレが感染していた牛に菌の再増殖が起こり、発病に至った事例である。


対策

動物検疫所において輸入牛の検疫が実施されている。しかしながら、輸入直前に感染した牛や、過去に感染して菌を保有している牛は、体内の菌がわずかなため感染を摘発できず、農家到着後に発病する場合がある。この30年間に、検疫を通過した感染輸入牛が農家到着後に発病した事例が3件、11頭認められている。牛を輸入した場合は飼育期間中、特に放牧開始や妊娠などストレスがかかる時期に注意が必要である。

発病牛は法律に基づき処分する。

媒介ダニが国内にいないため、現時点では発病牛から周囲に蔓延する危険性はほぼない。オウシマダニの再侵入予防に注意が必要である。

[写真:赤血球内のアナプラズマ・マージナーレ(紫色の小点)]

(動物衛生研究所 中村義男)

参考情報

・家畜の監視伝染病 アナプラズマ病


情報公開日:2015年11月11日

© Copyrights 2014 National Institute of Animal Health All Rights Reserved.