豚コレラ管理徹底し侵入防止

  • 鹿
  • めん羊・山羊
  • その他・家きん
  • 蜜蜂
  • その他・家畜

家畜
伝染病

豚、いのしし

特徴

豚コレラ豚コレラは、豚コレラウイルスの感染による豚といのししの法定伝染病で、高い致死率と強い伝染力が特徴である。日本では2007年に清浄化されているが、アジアや世界の多くの国で発生がある。

感染動物との直接接触、その鼻汁や排せつ物の飛沫(ひまつ)・付着物との間接接触により感染が成立し、急性から慢性まで多様な症状を示す。

感染豚は、41度以上の発熱と食欲不振や、うずくまりといった症状に加えて、発熱時には血液中にウイルスが出現し白血球減少症を起こす。

急性では運動失調、後躯(こうく)まひなどの神経症状や耳介、尾、下腹部等に紫斑が見られるようになり、数日から2週間で死亡する。慢性では、初期症状を示した後、いったんは回復するが再び発熱、食欲不振を示し、最終的には削痩し、1カ月から数カ月の経過で死亡する。

死亡豚では出血病変が特徴的に観察され、リンパ節の出血や腎臓表面や、ぼうこう粘膜の点状出血が高率に出現し、時には脾臓(ひぞう)の出血性梗塞が起こる。


対策

日本での豚コレラ対策の基本は侵入防止と早期発見・早期摘発だ。海外からの侵入防止や農場での飼養衛生管理基準の順守が大切だ。

農場で異常豚が発見されれば、直ちに家畜保健衛生所に通報する。防疫措置は「防疫指針」に従って実施され、清浄性確認のためのサーベイランス(監視)も行われている。

[写真:豚コレラウイルスに感染した豚の腎臓に見られた点状の出血]

(動物衛生研究所 大橋誠一)

参考情報

・家畜の監視伝染病 豚コレラ
・疾病情報 豚コレラ


情報公開日:「家畜疾病図鑑」『日本農業新聞』 2013年8月21日、14面に掲載。

© Copyrights 2014 National Institute of Animal Health All Rights Reserved.