鳥アスペルギルス症ほこり吸入を避ける

  • 鹿
  • めん羊・山羊
  • その他・家きん
  • 蜜蜂
  • その他・家畜

その他

鶏、その他家きん

特徴

鳥アスペルギルス症鳥アスペルギルス症は、アスペルギルス属の真菌(かび)によって起こる病気。かびが体内で増える「感染型」と、大量の胞子を吸い込んで急性の呼吸器症状を示す「アレルギー型」の二つがある。

感染型は呼吸器症状を示し慢性経過をとることが多く、肺や気管、気嚢(きのう)の病巣に加えて消化器系、角膜、皮膚、脳など全身に感染病変が認められる。アスペルギルスの胞子は土壌、空気、乾草、飼料など至るところに存在しているが、健康な鳥が少量の胞子を吸い込んでも発症することは少ない。発症には不適切な飼育管理や鳥の免疫力低下が影響することが多い。

鳥類の中では猛禽(もうきん)やペンギンがかかりやすいとされるが、鶏、あひる、だちょうなど家禽を含めた多くの鳥類で発生している。


対策

本病の治療は極めて困難で、「胞子の吸入防止」と「免疫力を低下させないこと」をポイントとした予防が大切である。特に、かびの胞子は静電気でほこりに付着し、そのほこりを吸入することで病気が発生しやすい。かびの発生を抑える環境管理に加えて十分な換気をし、鳥の近くでほこりが舞い立つ作業を行わないように心掛ける。

鳥の健康維持のための飼養管理、過密飼育、飼料保管にも注意が必要。同病が疑われる死体は袋に入れて口を固く縛り、胞子を拡散させないようにする。

[写真:アスペルギルスの顕微鏡写真。特徴的なネギ坊主状の形態が見られる(1ミクロンは1,000分の1ミリ)]

(動物衛生研究所 花房泰子)


情報公開日:「家畜疾病図鑑」『日本農業新聞』 2013年12月25日、16面に掲載。

© Copyrights 2014 National Institute of Animal Health All Rights Reserved.