牛ウイルス性下痢・粘膜病持続感染牛から拡大

  • 鹿
  • めん羊・山羊
  • その他・家きん
  • 蜜蜂
  • その他・家畜

届出
伝染病

牛、水牛

特徴

牛ウイルス性下痢・粘膜病牛ウイルス性下痢ウイルスを病原体とする牛と水牛の届け出伝染病だ。通常は軽度の発熱や下痢などにとどまるが、妊娠牛ではウイルスの胎子感染によって流産や死産、奇形子牛の分娩(ぶんべん)が起こる。

受精後約3カ月未満の胎子が感染すると、一見正常な子牛として誕生してもウイルスを生涯持ち続ける持続感染牛となる。持続感染牛は虚弱や発育不良で見つけられることもあるが、全く症状を示さず、尿などの排せつ物に大量のウイルスを排出し続け、長期間にわたり農場を汚染することも多い。

持続感染牛は消化管の粘膜が侵されて、食欲減退や持続性下痢を起こす粘膜病を発症して死に至ることもある。ウイルスは口や鼻から感染し、血液を介して全身に広がる。世界各地に存在し、日本でも古くからあるが、農場によって清浄度が異なる。


対策

通常の感染では免疫を獲得した後、ウイルスが消失して回復するが、持続感染牛の治療法はない。

農場にウイルスを持ち込まないために、車両の消毒や、牛の導入時の検査による持続感染牛の摘発に努める。妊娠牛を導入する際にはその産子も検査する必要がある。特徴の異なる数種類の予防ワクチンが販売されている。

[写真:粘膜病を発症し、痩せ細った持続感染牛]

(動物衛生研究所 亀山健一郎)

参考情報

・家畜の監視伝染病 牛ウイルス性下痢・粘膜病


情報公開日:「家畜疾病図鑑」『日本農業新聞』 2011年6月22日、14面に掲載。

© Copyrights 2014 National Institute of Animal Health All Rights Reserved.